« ginoran | トップページ | HDDが逝った? »

2004.06.17

ginoranとの出会い

 出会いといっても、たいしたことはないんだけど。

 私はふだん、仕事中にSPEEDチャンネルをほぼつけっぱなしにしている。CSの競輪専門チャンネルだ。大きい開催がないときはFIでもFIIでもかけておく。レースはふつう30~40分に1本だから、気分転換にちょうどいいのだ。

 FI、FII開催の場合、見るのはたいていなじみ選手の多い南関か関東なのだが、去年5月のある日(ほかがやっていないので)大津びわこをかけていたところ、いきなりものすごくかわいい子が歌っているシーンが流れだした……それがginoranだった。

 あとで知ったのだが、『O-HA-YO』を気に入った大津びわこの関係者が、ginoranを4月からイメージアーティストとして起用したとのこと。だけど、当時はginoranっていう名前しかわかんない。検索かけても、新聞記事がふたつと所属プロくらいしかひっかからないし、アマゾンでもCD売ってないし。

 それから半年はすごかったな。ginoranを聞きたいがために、ほかでGIIIが開催されてても、大津びわこの放送があるときはこっちを優先してたんだから。(^_^; もちろん、いまはシングル2枚とも入手できたけど、とにかくginoranを見よう、聞こうと思ったら、大津びわこ競輪だけがたよりだったのである(爆)。

 というわけで、今月2ndシングルが発売されたのも、じつは競輪と関係があるかもしれなかったりする。

 ふつう、イメージキャラクターというのは半年とか1年で変わるものだと思うが、ginoranはいまもつづけているのですね~。どうもスタッフの大半にものすごく気に入られているみたいで。専門解説者のコーヤンこと尾池孝介氏も、何度かライブに行ったっていってたし。ま、あれだけ素直で性格がよければ当然か。

 で、6月の大津びわこといえば、宮杯ことGI高松宮記念杯。今年は5日から8日までの開催。この4日間、特設ステージで毎日ginoranのミニライブがあったのだ。そこで、この時期にあわせて新曲を出せば、当然売上にもいい影響が出るのではないか……私みたいに速攻で2枚買っちゃう人間もいるわけだし……そういう作戦もあったんじゃないかと思うのである。

 なお、このときのミニライブについては、ginoranのオフィシャル・サイトで本人の書いているコメントがおもしろい。そーかー、おっさんとかけあいやるのか~。もしかして、おっさんに人気があるのかもね。私も充分におっさんだし。

|

« ginoran | トップページ | HDDが逝った? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/836774

この記事へのトラックバック一覧です: ginoranとの出会い:

« ginoran | トップページ | HDDが逝った? »