« Re2:291、295巻あとがきより | トップページ | SS1のフライト・レポート »

2004.06.24

キャッツよ、虎へ!

 きのうの『科特隊、宇宙へ!』から『GUTSよ、宙へ!』(ガッツよ、そらへ!)を思いだし、それを頭んなかでシャッフルしていくうち、なぜかこーいうタイトルになってしまった。これじゃISSHさんの世界だ。ISSHさんスマソ。

 チェリオのブログをのぞいたら、SS1の写真が大量に貼ってあったので、私も負けじと(違)、けさはストックしてあるやつから、ホワイト・ナイトがはじめてSS1を抱いてフライトしたときの写真を2点。下の風力発電システムとのコラボが、ルータンのお気に入りみたいだ。

Carry10.jpg

Carry11.jpg

 この角度から見ると、ホワイト・ナイトとSS1の機首・本体が同一設計だとよくわかる。これは予算削減のためだそうだ。江藤さんから教えてもらった情報。

 さて、きのう、読売から1週間遅れで掲載紙が送られてきた。取材が掲載前日の夜だったんで、てっきり埋め草だと思っていたら、4段ぬきのメイン記事じゃないの。しかも、これまで発行部数を公表しなかった早川から、ついに実部数を聞きだして。西田さん、よくやった。あと、同封してあった絵はがきもナイス。そのまま大企業のカラーに染まらずに仕事をつつければ、きっといいジャーナリストになるよ。がんばれ、西田。(^^)

|

« Re2:291、295巻あとがきより | トップページ | SS1のフライト・レポート »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/836895

この記事へのトラックバック一覧です: キャッツよ、虎へ!:

« Re2:291、295巻あとがきより | トップページ | SS1のフライト・レポート »