« 男・松本整、引退(泣) | トップページ | 将棋のタイトル »

2004.06.19

羽生時代は終わったのか?

 すこし短く書くようにしなければ。(^^;
 説明はキーワードにわければいいんだよね。(^^;

 6月の大きなニュースのひとつに、森内俊之竜王・王将が羽生善治名人・王座から名人位を奪還して、ついに3冠になったというのがあった。

 ま、森内くんは自身初の3冠、しかも名竜あわせもったわけだし、羽生くんはついに王座の1冠だけになったんだから、大きなニュースではある。でも、これに対するマスコミの反応がよくわかんない。将棋にいちばん友好的な(と、私が思う)毎日新聞にしてから、「ニュースそうだったのか:3強並立、将棋戦国時代」という記事で「羽生時代が終わった」みたいな書き方をしている。さらには、ほかでは「あの最強の羽生がなぜ負けるのか?」みたいなあつかいもとても多い。

 たしかに、羽生王座はかつて7冠を達成した唯一の棋士だし、強いのは当然なんだけど、いまさら「羽生時代」とか「最強棋士」とかいわれても、ぜんぜん実感がないのだ。

 なぜか?

 答え。羽生時代って、大昔の話だから。

 そこで、ほかの「○○時代」、大山時代や中原時代なんかとくらべた場合、羽生時代っていうのがいつからいつまでだったのか、考えてみた。(つづく)

|

« 男・松本整、引退(泣) | トップページ | 将棋のタイトル »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/836801

この記事へのトラックバック一覧です: 羽生時代は終わったのか?:

« 男・松本整、引退(泣) | トップページ | 将棋のタイトル »