« オリジナルロゴのつくりかた | トップページ | 韓国人Jリーガー第1号 »

2004.07.21

「サポート情報」はさらにかんたん

 なんか、こーいう話はPCを自作するくらいの人なら、知っててとーぜんな情報かもしれないけど、検索すると意外にヒットしないから、もうすこし説明しておく。

 オリジナルのロゴができたら、次はサポート情報。この部分である。

pro03.jpg

 こっちはロゴよりさらにかんたんだ。書式もファイル名も決まっていて、そこにあてはめるだけだから。ロゴは場合によってデザイン・センスが気になるかもしれないが、こっちはほぼ自動的である。

 ファイルはテキスト形式で、ファイル名は「oeminfo.ini」とする。Win 添付のメモ帳などで新規作成すればいい。書式は次のとおり。

 -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

[General]
Manufacturer=flimmer Blitz Werkstatt
Model=Model fB3200A-400D 震 電

 -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 このうち、

[General]
Manufacturer=
Model=

 これが定型書式で、Manufacturer と Model のイコール以降に好きなことが書ける。長くなれば2行に振りわけられる(と思った)。気をつける点は、[General]をかならず先頭行の最初に持ってくることだけ。半角スペースひとつあるだけでも、機能しなくなるので注意。

 さらに、 Model の次の行に以下の文書を入れると、上図のように、下側に「サポート情報(S)」のボタンが生じる。

 -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

[Support Information]
Line1="  "
Line2="Model fB3200A-400D SHINDEN"
Line3=""
Line4="xxxxx xxxxx xxx kuki-xxxxx xxxx xx-1,"
Line5="Kuki-Shi,Saitama 346-xxxx,Japan"
Line6=""
Line7="閃電工房謹製"
Line8="fB3200A-400D 震電"
Line9=""
Line10="サポート xxxxxxxxxxxxxxx@yahoo.co.jp"

 -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 ここも、あいだに半角スペースひとつでもはいると機能しなくなるのは同じ。なので、

Model=
[Support Information]

 と、記述する必要がある。Line1以下の記述もこのとおりにして、=""の""内に必要事項を書いていけばいい。途中で空白行を入れたい場合は、Line3=""のようにする。行が2ケタにわたる場合は、Line10= のように記述。

 さて、こうやって好きなことを書いたら、oeminfo.iniを保存して、これをoemlogo.bmpと同じフォルダにコピーすれば完了。ここまでやると、自分がショップブランドを持ったような気分になれるから不思議だ。(^^)

|

« オリジナルロゴのつくりかた | トップページ | 韓国人Jリーガー第1号 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/1005449

この記事へのトラックバック一覧です: 「サポート情報」はさらにかんたん:

« オリジナルロゴのつくりかた | トップページ | 韓国人Jリーガー第1号 »