« ユーキャンの折り込みチラシ | トップページ | 【PR】ガタコン29 in湯河原 »

2004.07.27

魅惑の伊豆食いだおれ旅行2

 下田~松崎町のコースはとくに好きで、2年ぶり3回め、下田だけだと4回めだ。昼ごろ下田について、昼を食べてすこし散歩。その後、バスで松崎に向かい、松崎プリンスホテルに泊まって、夕飯と翌朝はホテル近くの民芸茶房と、ここまで決まってる。

 下田での昼は、たいてい寿司。以前はガイドブックに載っている有名店をまわったのだが、そーいう店はたいていナンダカナンなので、今回は町をしばらくぶらぶらしたあと、思いきって駅前の回転寿司を選択。これが大当たりだった。

 おととしかな、仙台に食いだおれにいったとき、どうもいい店にあたらず(ガイドブックでナンダカナンのパターン)、やけくそで駅ビル地下の回転寿司にはいってみたところ、すんごくうまかったので、今回2匹めのドジョウを狙ったというしだい。この店も地魚や貝類がじつにうんまい。あと、アラのみそ汁たった180円というのも感動的にうまかった。これからしばらく、海ぞいの町に行ったら、回転寿司にはいってみなくちゃ。

 昼を食べたら、ロープウェイで寝姿山に登る。これもいつものコース。真夏でも風が爽快なのと、景色がいいのとで、下田にきたら欠かせないスポットだ。もう何度もきているから、さくさくと進んでいくと、地元民と思われたのか、風景をビデオ撮影している学生らしい兄ちゃんに、いちばんいいビュースポットはどこかとたずねられる。でもって、答えちゃうんだよね。「ここをこう上がっていったところがいちばんの絶景だよ」とかって。なかばジモティ。(^_^;)

 そーいえば、この寝姿山、おととし行ったときは「埼玉県知事・土屋義男」がどうとかいう碑が建っていたんだが、スキャンダルとつづく辞任が影響したのか、今回はなくなっていた。あるほうが不自然だったんで、このほうがすっきりしていい。

 山を下りたら、いよいよ松崎に向かう。ここはなんというか、うちのふたりにとって、故郷みたいな町になっているのだ。(つづく)

 

|

« ユーキャンの折り込みチラシ | トップページ | 【PR】ガタコン29 in湯河原 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/1044222

この記事へのトラックバック一覧です: 魅惑の伊豆食いだおれ旅行2:

« ユーキャンの折り込みチラシ | トップページ | 【PR】ガタコン29 in湯河原 »