« 散歩のち工事 | トップページ | CRTディスプレイが売れた(^^ゞ »

2004.09.24

散歩のち工事2

 家に帰ってひと休みしたあと、PCラックの工事にかかった。

 まず、固定してあるラックを可動式にもどして、全体をひっぱりださないとならない。天井と接触した転倒防止金具をはずして、全体を慎重に動かしていく。ここまででももう汗だく。防止金具は2個でいいところ、念のため3個くっつけてあるし、CRTディスプレイを載せたままでは、総重量が60kgをこえている。このラック、使うには便利だが、メンテとなるときついのだ。(;_;)

 つづいて、ラック横のキャビネットをずらすと、ラック裏にはいれるアクセス空間とでもいうべきものができる。裏にまわる機会も多いので、こう設計してある。ここからディスプレイの電源やアースをはずして、とりだし。次に、PC本体2機もとりだし、スキャナなどをどけて、作業スペースを確保した。

 あとはしばらくドライバーを持って棚板その他のパーツと格闘。1時間ほどで、ななめになっていたディスプレイ用棚板が水平にもどった。ただし、前に書いたように、左右両側の棚板はネジ穴の関係で、そのままでは両方水平にはセットできない。そこで……まず、ディスプレイを置く右の棚板を水平に固定して、左の棚板はラック外側のネジだけとめ、ラック内側、つまり右の棚板と接するほうはハンマーなどを使って強引にねじこんだ。つづいて、左右の棚板を上下から金具でつなぎ、これにより左側の安定をはかる。

 先日つくって固定金具は、このためのものだった。ただし、つなぐといっても、力がかかる場所とか、目だたない場所とか、固定個所を慎重に選ばないと、役にたたない。それどころか、へたな場所に穴でも開けたら、棚板自体が使えなくなってしまう。

 そこで、試行錯誤をかさねながら、下側2カ所、上側1カ所の計3カ所で固定することにした。たとえば、下側の固定個所はこんな感じ。

rack12.jpg

 ちょっと曲がっているように見えるのは、写真の撮り方が悪いせい。(^_^;) ちなみに、この金具の真上はマウスを置く場所になっているので、左側でいちばん力がくわわるはずである。上側から見ると、こんな感じになって、左右とも水平化工事はぶじ終了。

rack11.jpg

 奥のほうにちいさい接続金具が見えている。上側はこの1カ所で固定しただけだが、もともとここはメガネケースなんかを置くだけのスペースなので、重量がかかる可能性はない。

 最後に、PC、新ディスプレイ、周辺機器などを定位置にセットし、ラックをもとの場所に押しこんで、転倒防止金具を締めて、完了。所要時間は2時間ほど。なんだかウォーキングより汗かいた。(^_^;)

 17inch液晶ディスプレイはさすがにでかい! いままでと大差ない1280×1024pixなのに、CRTにくらべて2~3割は表示面が大きくなった感じだ。

 ただ、初期設定で使うと明るさ、コントラストともきつすぎて、長時間の使用には耐えられない。発色もCRTとではかなり違う。そこで、また試行錯誤をかさねながら微調整をくりかえしたのだが、これにかなり時間がかかってしまった。途中でオールスター競輪の決勝をはさんで(^^) いじくりまわし、なんとか満足できるようになったのは6時近く。ふう。ウォーキングより疲れた。でも、ディスプレイまわりはずいぶんすっきりしたし、あとは液晶に慣れるだけだな。

|

« 散歩のち工事 | トップページ | CRTディスプレイが売れた(^^ゞ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/1509132

この記事へのトラックバック一覧です: 散歩のち工事2:

« 散歩のち工事 | トップページ | CRTディスプレイが売れた(^^ゞ »