« 武田、完全優勝! | トップページ | SP2で速度低下 »

2004.09.04

SP2おせっかい対策(笑)

 朝6時から、SP2の導入にかかった。もちろん、DLが混雑してない時間をねらってのもの。

 それでも、システム構成検証とDLにだいたい20分、インストールに15分のあわせて35分くらいかかる。ま、80MB以上だったから、妥当なところか? ちなみに、最初の表示では75MBとなっているのに、実際にDLがはじまると84MBだったか、そのくらいになった。ナンダカナン。

 インストール後、再起動すると、なるほど、セキュリティセンターのダイアログが開く。で、ファイアウォールはZoneAlarmにするので、こっちのはコンパネから[Windowsファイアウォール]を開いて停止する。自動更新も停止。アンチウィルスソフトもいらないっと。なんだ。セキュリティセンターはいらないや。というわけで、すべて停止。

 ところが、こうすると、タスクトレイにセキュリティセンターの「緊急警告」とやらが常駐してしまう。これはじゃま。でもって、こいつをはずすのがひと苦労なのだ。

 まず、セキュリティセンターを開いて、自動更新は「無効」に、ファイアウォールとウィルス対策は「推奨される対策案」(すごい日本語)をクリック、「自分でウィルス対策ソフトウェア(ファイアウォール)をインストールし、管理します」にチェックを入れて「OK」する。次に、ヘルプの一覧内にある「セキュリティセンターからの警告の方法を変更する」を開いて、すべてのチェックをはずす。これでタスクトレイのアイコンがやっと消えた。

 なんか、XPを最初にインストールしたとき感じた「おせっかい」「大きなお世話」が、また復活した感じだ。バルーン表示をはじめ、おせっかい機能をぜんぶ排除するのに、どれだけかかったか。(T^T) このセキュリティセンターも、まったくセキュリティ対策をほどこしていない初心者ならともかく、ふつうのユーザーにはじゃまな機能でしかない。これがSP2の目玉っていわれてもな~。

 そうそう。SP2を導入すると、コンパネに[セキュリティセンター][自動更新][Windowsセキュリティセンター]のアイコンが登録されてしまう。これを表示させたくない場合は、TwerkUIの「コントロールパネル エクステンション」で、「wscui.cpl」「wuaucpl,cpl」「firewall.cpl」のチェックをはずせばいい。また、「ワイヤレスネットワーク セットアップウィザード」というアイコンも生成されるが、これは「netsetup.cpl」のチェックをはずす。

|

« 武田、完全優勝! | トップページ | SP2で速度低下 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/1354987

この記事へのトラックバック一覧です: SP2おせっかい対策(笑):

» 受信メールの保存フォルダ。 [blog@Revolution ]
Windowsを再インストールする必要があって、その前にメールのバックアップをと... [続きを読む]

受信: 2005.05.29 22:53

« 武田、完全優勝! | トップページ | SP2で速度低下 »