« SS1、ほんとに成功(^^) | トップページ | ウルトラマンネクサス、スタート! »

2004.10.01

ウルトラQdf終了

 きっかり26話で終わった。といっても、まだ最終話のレキューム人の巻は見ていないんで、自分としては完結してないんだが。それでももう総括しちゃっていいかなと。

 えーと、象徴的なことがふたつ。第一。巨大怪獣がほとんど出なかった。というより、異形の生物そのものがすくない。第二。ミニチュア・ワークが皆無だった。ミニチュアのないドラマは、特撮ドラマとはいえない。

 どちらも、要は予算がすくないから。ぎりぎりの予算でつくろうとしたら、金のかかる造形モノはあきらめるしかない。その点、円谷という会社は「いくら低予算でも、それなりのものがつくれる」という自負と実績があるから、すっぱりとわりきってやってた。カネゴンヌとか、ガラゴンとか、ここぞというところに予算をつっこんで。

 ただ、低予算では、B級の傑作はできても、しょせん元祖『ウルQ』の濃密さはのぞみようがない。また、元祖のほうは通常の10倍くらいの制作費でつくっていたんだよね。ま、すぐ予算がつきたらしいけど。だから、このふたつを比較すること自体がナンセンスだ。

 そこで、dfだけにかぎって考えると、あれ?結局、印象的なのは元祖のリメイク、オマージュばっかりだ。つまり、制作側は比較してくれといっているんだろうか? ここにこの作品のジレンマがある。で、ジレンマを解消できないまま、終わってしまった。残念ながら、そーいう評価しかできない。

 個人的に、いちばん残念だったのが、太田愛が実力を発揮しきれなかった点。正直、4本ともじみで印象が薄い。役者の力量でなんとか見られたという感じで。オビコが見たかったよ~。そこまでいかなくても、デバンが見たかったよ~。

 じつのところ、太田愛とエンクミにしか期待してなかったので、反対にカネゴンヌなんかは儲けもんって感じだった。でも、カネゴンヌ以外では、ガラゴン2作と『李里依とリリー』くらいか……って、またしても元祖のリメイクとオマージュに話がもどっちゃうんだよね、結局。(^^;;;

 ま、そーいうシリーズということで。ぜんぶ録画したけど、もう一度見たいっていうのは、あんまりないな~。さて、次はあしたからの『ウルトラマンネクサス』に期待しましょう。

|

« SS1、ほんとに成功(^^) | トップページ | ウルトラマンネクサス、スタート! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/1564878

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラQdf終了:

« SS1、ほんとに成功(^^) | トップページ | ウルトラマンネクサス、スタート! »