« GATACONレポート4 | トップページ | たまには、ろーだんネタを »

2004.10.15

GATACONレポート5

 午前10時、クロージング。ここでいろんな表彰もまとめて発表される。

 温泉卓球大会の優勝者は、なんと夢枕獏さん! この結果は意外だった人が多かったらしい。私は前夜、偶然に卓球場を通りかかって、獏さんの勇姿を見てしまったんだが、うまいのよ、ほんとに。優勝のコメント「私はだれの挑戦でもうける!」はお約束。(^^)

 とーこちゃんもねぎらいの言葉となんか賞品をもらったけど、私にとってのサプライズは最後に待っていた。今回いちばん目玉のプレゼントは、獏さんのエッセイの生原稿5枚。それも朱字(あか)のはいってないやつだったんだが、ひょんなことから、それを私がもらっちゃったのだ。うっひゃ~!(^^)

 これまで、ずいぶんスタッフとかやったけど、いいことはあまりなかった。というより、悪い思い出ばかりだったからなー。(^_^;)

 編集者というのは2種類に大別できる。重箱のすみをつつくような性格で、校正とかが得意なタイプと、鷹揚な性格で、大局観に長けたタイプだ。私は前者の典型で、どんな場合でもつねに最悪の状況を考えて行動する。この性格をコンベンションのスタッフにあてはめると……ま、楽しめないタイプってことになるわけ。

 だから、今回も文句をたらたらいいながらスタッフやってたのだが、最後にこういうプレゼントがあったとは。

 あとで獏さんに聞いたら、この原稿はファクスで先方(朝日新聞)に送ったものなので、生原稿なのに朱字がはいっていないのだそうだ。これはだいじにとっとかなくちゃだわ。

 ちなみに、こーいう原稿。持っているのはキラー・カーン。違~う。(T^T)

g29-pz.jpg

 こうしてGATACON29in湯河原は嵐とともにはじまり、嵐のように終わった。関係者のみなさま、ごくろうさまでした。

 最後に……このレポートを書き終えた翌々日の10月13日、GATACONともゆかりの深いSF界の長老、矢野徹さんが逝去された。『タイムスリップ・ガタコン』のなかで若き日の元気なお姿を拝見したばかりだったので、関係者のショックも大きかったのだが、実行委員長のこの言葉で笑顔をとりもどした人も多かったはず。

「ガタコンで元気な姿をみんなに見てもらえてよかった」

 ほんとだ。よっちゃん。ほんとに心にのこる、いいガタコンやってくれたよ。ありがとう。(^^)/

|

« GATACONレポート4 | トップページ | たまには、ろーだんネタを »

コメント

獏さんの原稿、朝日じゃなくて、毎日だと言ってませんでしたっけ?
それはさておき「重箱のすみをつつくような性格」って……あ~~~っ、耳が痛い。それは、お義兄さんのカバーのバックアップお疲れ様でしょう。

投稿: いとい | 2004.10.15 21:22

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/1669667

この記事へのトラックバック一覧です: GATACONレポート5:

« GATACONレポート4 | トップページ | たまには、ろーだんネタを »