« ウルトラQdf終了 | トップページ | 皇居ウォーキング »

2004.10.02

ウルトラマンネクサス、スタート!

『ウルトラマンネクサス』の初回を見た。それと、公式サイトの情報も参考にして、第一印象を……

 まず、見た印象。イケメン系俳優多数登場の予感。ネクサスに変身する人間も複数とのことで、『仮面ライダー・アギト』以降の「イケメン数打ちゃあたる」路線を継承しているらしい。ヒロインは佐藤康恵はじめ3人。これについては後述。

 ネクサス自体は、かっこ悪い。ウルトラマンのデザイン理念を理解していないといっちゃおう。

 怪獣(異生獣スペースビーストというらしい)はバージェスモンスターに似ている。というか、きょう出たうちの1体はアノマロカリスそのもの。ま、たしかに怪獣みたいではあるけど、アノマロカリスおたくの反感買うかも。(^^ゞ

 公式サイトによると、特徴は次の5つだそうだ。

1.ウルトラマンに変身できる人間がシリーズ中に数人登場する
2.変身できる人間は、防衛機関に所属していない
3.ウルトラマン自身も銀から赤へモードチェンジして戦う
4.ウルトラマン、防衛機関、異生獣「スペースビースト」の存在を一般の人は知らない
5.光の超人「ウルトラマン」に対して、その影「黒いウルトラマン」も出現する

 1は新機軸かも。2はなんつーか……モロボシ・ダンも東光太郎も最初は隊員じゃなかったけど、こんどはずーっと隊員じゃないってことかな? キャストを見てると、隊員にも変身しそうなのがいるけど。

 3は『ティガ』以来の既定路線。5も『ガイア』のアグルという先例があるから、これも既定路線になるんじゃないかな。

 問題は4。サイトの情報では、ネクサスは時空の歪みに特殊空間「メタフィールド」を形成して、巨大化したビーストをそこにひっぱりこんで戦うという。それで一般人は知らないわけだけど、これってヒーローの矮小化にならない? この手法自体は『宇宙刑事ギャバン』からの伝統的「低予算対策」の常道だから、これでもいいのかな? ただ、ウルトラマンでこれやっちゃって、だいじょうぶかなとも思う。

 ただ、バトルフィールドで戦う設定になると、ミニチュア・ワークはないと思ったほうがよさそう。きょうもずいぶんCG多用してたし。巨大化した異生獣は着ぐるみらしいけど。ネクサスでいちばん残念なのは、この点になるかも。

 反対に、期待できるなのが、女優陣のひとり、五藤圭子。この人の個人サイトのトップを見ただけで、ファンになっちゃった。(^_^;)

 いやあ、いいキャラしてる。円谷プロ芸能部の所属らしいが、個人サイトの日記を読みはじめたら、とまらなくなりそう。(^^;;; マンガできたえたらしい(?)文才もたっぷりある。この人を見るだけでも、ネクサスを録画しとく価値がありそうだ。

 それにしても、円谷、なんで自分のサイトに芸能部の所属タレントとか紹介していないんだろう? 芸能部とは、アイドル誌時代、いっしょに仕事をしたことがあって、内情はいろいろ聞いたけど。蜷川香子ちゃん、元気かな?(^^ゞ 蜷川にニーナってニックネームをつけたのは、私です。(^^)v

 おまけ。ニーナがらみで検索してたら、こんなん見つけちゃった~。びっくり~。(^^;;; 

|

« ウルトラQdf終了 | トップページ | 皇居ウォーキング »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/1571711

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラマンネクサス、スタート!:

« ウルトラQdf終了 | トップページ | 皇居ウォーキング »