« スケールド・コンポジッツ | トップページ | 皇居ウォーキング4 »

2004.10.05

皇居ウォーキング3

 千鳥ヶ淵公園にはいって20m先、すぐ右手のベンチに、3にゃんはまだ寝ていたのであった!(^^)

 時間は午後2時20~25分くらい。ひととおり、写真を撮る人も撮影意欲を満たしたらしく、いない。それをいいことに、さっきより近づいて、記念撮影。(^^)

cat11.jpg

 例によってわかりにくいが、惑星直列3にゃんは微動だにしていないのであった。

cat12.jpg

 今回、まんなかのちびはこんな感じ。いちおう、1時間15分前の写真とくらべると、影のでき方なんかで経時変化がわかると思うけど……わかるかな? わかんねえだろうな(by 松鶴家千とせ)。

 余談だが、小学生時代、いちばん仲がよかった男は千とせ師匠に弟子入りして、「松鶴家ひとり」という芸名で高座にあがっていた。ふたりが20~22歳くらいのとき、おたがい深夜に帰る生活で(私は水商売)、何度か夜の町で会っては、近況とかたがいのぜんぜんバラ色じゃない将来のことなんか、話しあったりしたんだけど……いまはなにしてるのかな、高木? いまは昔。

 おお、師匠はブログまでやってんのか。その名も「タイポグラフィ」。うー、くすぐられるね。痛いね。きゅっ。

 すっかり脱線しちゃった。すまそ。

cat13.jpg

 これ、いちばん奥側で寝ているちび。どうも真ん中ちびと兄弟か姉妹らしい毛なみ。人間に動じないのはこっちも同じ。

cat14.jpg

 で、例によって、いちばん近い側で寝ているのがこのネコ。毛なみからして、ちびの親じゃないと思うが、このせまい空間をしきっているのはこのおねーさんだ。写真撮影には(どうしても逆光になるので)失敗したが、じつはこの対面にはでっかいチャトラが寝ている。そのチャトラとの距離感をうまくたもっているのが、このおねーさんだった。

 こうやって、ふたたび写真を撮っているうち、ネコのTシャツを着た同世代のご婦人がベンチのすぐ隣りにすわった。(つづく)

|

« スケールド・コンポジッツ | トップページ | 皇居ウォーキング4 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/1599597

この記事へのトラックバック一覧です: 皇居ウォーキング3:

« スケールド・コンポジッツ | トップページ | 皇居ウォーキング4 »