« 私の前をとおりすぎていったPCたち2-3 | トップページ | グランプリ共同記者会見 »

2004.12.17

換気扇がなおった(^^)

 11月下旬はいろいろ壊れて、神経がまいりかけた(ちゃんと動くべきものが動かないのがいちばんきらい。じゃ、PCなんかおもちゃにすると、すぐ気が狂うと思うかもしれないけど、PCは自分的に「ちゃんと動かないもの」に分類されてるから、ぜんぜん平気なのだ)けれど、仕事のペースが正常にもどるにつれて、機械も次々となおったり、新しくなったりした。べつに両者に因果関係はありませんけどさ。(^^ゞ

 とーこちゃんのADSLモデムは、結局代替品がとどいて一件落着。チャリはすこし高かったけど、ATBと乗り心地が似たシティサイクルをゲットして更新終了。妹のとこのPCは修理あがり。その他こまかいものも解決して、最後にのこった換気扇も、今週はじめ、修理が終わった。

 換気扇のなにが壊れたかというと、ファンと通気ダクトのあいだにあって、ダクトから気流(風ね)の逆流を防ぐ金属板、いってみれば逆止弁みたいなやつの留め金部分がちぎれて、ファンからなかに落っこちちゃったのである。

 とーこちゃんがメーカーに問いあわせたところ、逆止弁はなくても機能に問題はないが、強風の日はダクトから風が吹き込んでくるとのこと。で、もう足かけ12年も使ったから、新しいのにとりかえようというのが、とーこちゃんの意見。

 私も最初はとりかえに賛成だったけれど、このマンションに換気扇をとりつけた施工業者に連絡しても、なかなか見積もりもよこさない。それに、かなりぼられるのは見えてる。大工の息子的に見ると、機材が3万(ネットで確認)、工賃1万の計4万円が妥当だが、ま、倍の8万は請求するに決まってる。

 そこで一計を案じた。この逆止弁、ボルトというか、ねじどめするその留め金部分がちぎれただけだから、ここをなおして、たとえば瞬間接着剤なんかでくっつけちゃえば、なんとかなるんじゃないだろうか? 補修・強化には、ワッシャーを使えばいい。ワッシャーなら、工具箱に10種類以上はいってるから、適切な大きさのがきっとあるはず。

 ちょうど、年に1度、換気扇掃除をたのむ季節(つまり、大掃除の一環)で、今年はいつもの業者の人が、今週くることになっていた。ずいぶん前からの予約で。施工業者がどうなるかわからなかったんで、その予約をキャンセルしていなかったのだが、結局きてもらうことにした。

 で、状況を説明して、上記アイデアでできないかと相談すると、ダメモトでやってみようということになる。こーいうとき、いつも同じ業者さん、それもできれば個人営業の人と懇意にしてると、話がかんたんに通じていいよね。(^^)

 業者のOさんも、最初は半信半疑だったみたいだが、いざやってみると、思いのほかうまくくっついた。動作も良好。なんと、工具箱に転がっていたワッシャーふたつとアロンアルファで、修理できちゃったのだ!(^^)v

 材料費はタダ。工賃も分解・組立掃除の一部だから無料。うひうひ、アイデアひとつで8万浮いたでー。

 もちろん、換気扇の内部構造にくわしいOさんがいたから、できたわけだけど。Oさん、ありがとうございます~。

 同じ日、10日前に依頼した見積もりがとどいた。8万6000円だったか、4000円だったか。予想より、さらにぼったくりましたねー。もちろん、そんな工事はたのまないのだ。というわけで、換気扇も解決。11月に壊れたものは、すべて復旧しました。(^^)

|

« 私の前をとおりすぎていったPCたち2-3 | トップページ | グランプリ共同記者会見 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/2291290

この記事へのトラックバック一覧です: 換気扇がなおった(^^):

« 私の前をとおりすぎていったPCたち2-3 | トップページ | グランプリ共同記者会見 »