« 記憶力、恐るべし | トップページ | モノクローム・ガラゴン »

2005.01.23

飛行船の記憶

 さっそく記憶違いを2階上のSさんから指摘されてしまった。(^_^;) きのう、西村恭蔵と書いてあるのは、もちろん西岡恭蔵の間違い。まずネットで確認して、それをコピペしたはずなのに、おかしいなあ。(^^;;; 3日くらい晒してから、訂正します。_(._.)_

 記憶といえば、光瀬さんも飛行船が好きだったのを思いだした。思いだしたというより、キャナルの古いメンバーが、メールで指摘してくれたのだが。たしか、飛行船に関するエッセイなんかもあったし、統合戦争関連の作品で飛行船が出てきたこともあったはずである。具体的にどの作品かっていうと、思いだせないんだけど。ここが記憶力のよくわかんないところ。

 なんていってたら、書評家の大倉貴之から「光瀬さんの経歴でわからないところがあるから教えろ」っていう電話がかかってきた。なんだか、飛行船といっしょに光瀬さんが還ってきたみたいな感じ。さすがにツェッペリンNTくらいの大きさになると、上のほうにいる光瀬さんも興味津々なんだろうな。(^^)

 閑話休題。

 で、いまは自分の記憶なんて、ぜんぜん信用できなくなっているんで、たとえば仕事用におぼえておかないとならないものなんかは、ぜんぶ外部記憶装置、つまりPCにたよっている。もうひとつ、記憶を補正するのに必須なのが、ネットだ。

 今回も、記憶補正のため、あらかじめ六文銭と西岡恭蔵で検索してみた。すると……西岡恭蔵はすでに逝去しているとのこと。ぜんぜん知らなかった。99年4月に自殺したそうだ。くわしくは「西岡恭蔵ホームページ」に。知らないで、きのうは「いつもプカプカ」って歌ってたけど……合掌。

 六文銭のほうは、なんと及川恒平ご本人がサイトを持って、運営していた。これも意外だなあ。及川恒平とPCって、ぜんぜん別次元に存在してるみたいな感覚があるけど、ま、私の記憶は35年も前のやつなわけで。タイトルは「及川恒平・ホームページ」と、いたってシンプル。

 ここを訪問してはじめて知ったんだが、六文銭ってまた結成してるのね。正式には「まるで六文銭のように」というユニット名で、メンバーは小室さんと、おけいさんと、ご本人。

 そうね。私にとって六文銭はこの3人だから、コアなメンバーといえるかもしれない。

 このサイトには、おけいさんこと四角佳子さんのエッセイ「おけいの『からっぽ日記』」もあったりして、記憶がすっかり12歳くらいまでもどってしまった。やっぱり、記憶力、恐るべし。

|

« 記憶力、恐るべし | トップページ | モノクローム・ガラゴン »

コメント

ち~旦さん、はじめまして。

 じつは大の拓郎ファンだったりします。ギター弾いてたころは、おもに拓郎のコピーばっかりでした。(^^)

 そうだ。そろそろ、西岡恭蔵の名前を直しておかないと。

投稿: よが | 2005.01.31 17:40

はじめまして、西岡さんの検索できました。
六文銭が活動しているのは知りませんでした。
あとで、及川さんのHPに行ってみようと思います。
拓郎が加わった新六文銭というのもありましたねえ。

投稿: ち~旦 | 2005.01.31 16:39

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/2657442

この記事へのトラックバック一覧です: 飛行船の記憶:

» NEVERLANDというライブハウス [ち~旦のレコ堀り日記]
マニア部屋のレコ整理をしていたら 面白いものが出て来たので紹介。 今から25年 [続きを読む]

受信: 2005.01.31 16:36

« 記憶力、恐るべし | トップページ | モノクローム・ガラゴン »