« 本日、確定申告中 | トップページ | 東王座戦、決勝 »

2005.02.26

ツェッペリンNTがいない(TnT)

 桶川に行ったのだ。ツェッペリンNTに会いに。

 日程的にきょうしかなかったんで、NTのスケジュールはわかんないけど、見切り発車で。ライブカメラは22日から壊れたままだし、日本飛行船の役たたずサイトはスケジュールの更新をいっさいしてないし、おまけにNHKが愛・地球博の特集組んでるし、ものすごーーーーくいやな予感はしてたんだけどね。

 それでも、きょうの埼玉は強い北風が吹きあれてたんで、これじゃぜったい飛行できないと思って、出撃しちゃったわけだ。

 いちおう、ウォーキングもかねていて、それなりの装備でしていったんだけど、とにかくすごい風でね。ただでさえ10m近い北風が吹きあれてるのに、桶川駅から歩きはじめて40分くらい経過したこのへんから、風が巻きはじめた。真東から吹いたと思うと、次の瞬間には北西に向きが変わる。しかも、どんどん強まる。

 結局、NTがよく見えるスポットといわれる太郎右衛門橋にたどりつくころには、常時30mくらいの猛烈な強風が吹きつけ、瞬間最大では50mをこえたかっていうくらいの突風になっちゃった。

 なにしろ、風の音で、すぐわきを走る車のエンジン音も聞こえないんだぜー。この75kgの巨体が、風で橋の欄干にたたきつけられるんだぜー。目の前で、その欄干の基部に車がぶつかるしさ。正直、橋のまんなかあたりで、もう歩けなくなっちゃった。

 なのに、いないのですよ、ツェッペリンNTは。(TnT)

 場所を間違えたかと思って(歩けなくなったのもあるけど)、10分くらい橋のまんなかへんで観察していたら、セスナ17xシリーズ機(20xシリーズかも。ビジネス機には弱い)が離陸してきたんで、やっぱりそこが飛行場だと判明。でもいないってことは、飛びたったの?

 たぶん、そうだね。あれだけの大きさのを格納する建物はなかったから。NHKめ、あの暴風のなかを離陸させたんだ。暴挙だな。クルーの命なんか、なんとも思ってないにちがいないぞ。

 いないんじゃしょうがないんで、すごすご帰ってきたけど、観察してみて、いくつかわかったことがあった。

 まず、前にNTは風に弱すぎって書いたけど、あれは間違い。あの突風のなかを離陸できたんだから、それだけの性能は持っているってこと。むしろ、問題だったのは、基地の選定だね。ほかに選択肢がないからしかたないけど、ホンダエアポートは風が強すぎ。まさか30m近い強風が吹きつづけてるとは思わなかった。荒川の河川敷だから、冬は北風がぬけるルートになっちゃうんだね。

 第2。現地を見たおかげで、NTの離着陸テクニックはわかったような気がする。進空時は北に……つまり、風に向かって全速で進みながら、高度を得ていくんだと思う。ある程度の高度に達したら、こんどは風に乗るかたちで都心をめざせばいい。土浦に行く場合はずっと向かい風のなかを進むことになるけど、そーいう意味では都心方面のほうが楽だと思う。

 帰りも、途中まではそれほど強い風にはあわないけど、降りるときが危険だな。たぶん、やっぱり北に飛びながら高度を下げるはずだけど、このときの振動って、想像を絶する。ま、アンカーを地上に固定しちゃえば、あとはだいじょうぶと思うけど。

 とにかく、またNTに会えなかった。もうチャンスはないだろうな。しくしく。あとは……名古屋に行くしかない?

【追記】

 帰ってから、NTの消息を調べてみたけど、いまのところ行方不明だ。(T^T)

 そのかわり、天沼さんが「ツェッペリンNTはいまどこに」っていうブログをはじめているのに行きあたっちゃった。天沼さん、タイムリーすぎっすよ。(^^;;; あとでリンク集にも追加しときます。

|

« 本日、確定申告中 | トップページ | 東王座戦、決勝 »

コメント

私はいちゃもんをつけようと書いたわけではありません。いちゃもんの悪口・荒しだと取られるのならそれは仕方ありません。 正しい情報源を示せばその瞬間に思った「クルーの命を何とも思っていない」というのを垂れ流しで書いてもいいのか?とは思いますがblogは拙速が命、よがらし様の個人サイトですので私が「これは書くべきではない」と言うのはおかしいのですね。
二度目の投稿は、文筆業とネット歴10年を見て、そのレベルの方が書くのなら素人の私が言うのは間違いだと気が付いたのです。
飛行船事業を応援したく思っている飛行船ファンなだけです。

投稿: 宮 | 2005.02.27 17:36

永瀬唯さま。

 ま、いちゃもんかなんか、まだわかりませんけど、おっしゃることはそのとおりです。とくに、

>  で、そおゆう状況では、批判するがわもまた、間違った情報ついて、批判の書き込みの中で、その批判の根拠となる正しい情報へのリンク、また、リンクができなければ、根拠となる情報の典拠と、そこからの正しい引用をおこなうというのが、こおゆう時代の倫理となるのではありませんでしょうか?

 というのは、非常に説得力があると思います。

 ただし、今回のは、読めば追記で正確な情報が掲載されてる場所をしめしているのですから、それがわかったうえで書いているのはなぜかと考えれば、ああいうコメントは出てこないわけです。つまり、たんに拙速だっただけでしょう。

投稿: よが | 2005.02.27 14:01

 なにやらいちゃもんがついてるようだけど、blogは拙速がいのち。
 というかblogばかりじゃなくて、ネットでの情報発信は、フォローあるいはフィードバックによる間違いの訂正が機能しているかどうかが問題では。
 ついこないだも自分でやっちゃったことだけど、間違いがあったらいちはやく、自分のページでフォロー・訂正し、その間違いを信じちゃったひととかがいたら、トラックバックや相手先へのコメントで訂正・フォローする、と。
 最初からすべての間違いを許さないといったスタンスじゃなにもできないし、そもそも、情報発信が不可能でっせ。
 こないだ実感したのだが、ホームページ時代と違って、XML・RSSを用いたblogでは、情報の更新は、場合によっては数分以内でできちゃったりするのだ。
 で、そおゆう状況では、批判するがわもまた、間違った情報ついて、批判の書き込みの中で、その批判の根拠となる正しい情報へのリンク、また、リンクができなければ、根拠となる情報の典拠と、そこからの正しい引用をおこなうというのが、こおゆう時代の倫理となるのではありませんでしょうか?

投稿: 永瀬唯 | 2005.02.27 11:06

宮さん、はじめまして。

 半分、宮さんのおっしゃるとおりです。

> ネットに批判を書くにはもう少し慎重になられては。

 この部分ですね。たとえば、情報発信を目的にしているなら、おっしゃるとおりです。

 でも、ここはわたしが日々感じた雑感を書くところと銘打ってやってる日記で、私はその瞬間、そう思ったから、そう書いたのです。だから、これを軽率などとは思いません。

 次、こっちのほうが重要ですが、書き手が文筆業かどうかなんてことは、ネットじゃいっさい関係ありません。じゃ、文筆業ならなにを書いてもいいのかってことになるでしょう? 正直、こういうことを書かれる人がいるというのは意外ですし、心外です。

投稿: よが | 2005.02.27 10:16

永瀬唯さん、ども。

 うわ。このホンダフライング・クラブの存在は知りませんでした。こっちを見てれば行かずにすんだものを。

 どうもツェッペリンNTについては公式発表ってものがなさすぎて。結局、ブログの情報の山のなかから探さないとならないわけで。

 天沼さんもそう思って、ブログをはじめられたのかもしれません。確認はしてませんけど。

 とにかく、今後は天沼さんのところがたよりになるんで、それは収穫でした。

投稿: よが | 2005.02.27 10:02

ゆうこさん、ごぶさたしてます。

 あー、いいなー。(^_^;)

 おととしの夏、もっとちいさい飛行船のNISSEN号がうちの上空を低空飛行してくれまして、それだけじゃなく、コース変更までしたんですよ! あんときはうれしかったな~。(^^)

 ほんとにぷかぷかしてる飛行船を見ると、心が豊かになります。

投稿: よが | 2005.02.27 09:54

いといはん。(^^)/

 日本飛行船が買ったNTは、私の知るかぎり3機めです。したがって? 充分に使いものになってるみたいです。(^^)

投稿: よが | 2005.02.27 09:50

PRのご職業拝見しました。文章の専門家に差し出がましいことを書き、また連続投稿となっていまいましたことをお詫びいたします。

投稿: 宮 | 2005.02.26 23:33

はじめまして
飛行船記事を検索していましたが、ご自分の下調べが不充分でかつ思い込みで

>NHKめ、あの暴風のなかを離陸させたんだ。暴挙だな。クルーの命なんか、なんとも思ってないにちがいないぞ。

この書き方はいかがでしょうか。
ちゃんと24日に問題なく飛んでいますし、無理なら飛べないはずですよね。ネットに批判を書くにはもう少し慎重になられては。少なくとも私は読んでて一方的で、非常に残念に思いました。

投稿: 宮 | 2005.02.26 23:25

 ほおおい、よがちゃん、NTは24日にはすでに愛知に旅立ってたんだね。
 で、26日中に桶川に帰還ということは、かなり遅い帰還予定だったはずだから、いずれにせよ、目撃はできなかったはず。
 ざあんねん。
ttp://blogs.dion.ne.jp/hikari_bb/archives/670888.html
>光BB
>光が丘団地・光が丘公園の風景と“光BB”が注目する気になる出来事やニュース
>飛行船 捜索願い
>◆飛行船 ツェッペリンNT号を捜しています◆
> 飛行船ツェッペリンNT号どこ?
>2月末まで「土・日」東京上空を飛行予定との情報でしたが
>2/24(木飛行船ツェッペリンNT号は愛知に行ってしまいました。
>本日2/26(土)桶川に戻る予定ですが、東京地方は風が強い為
>週末の運航予定も変更が予想されますので注意してください。

 ↑こいつは、
Bulkfeeds: RSS Directory & Search
ttp://bulkfeeds.net/app/search2
 で検索。

 天沼さんのページにも24日には名古屋に在とあり。
 上記のblog検索エンジンでは、その名古屋の目撃者の証言もヒット。

 あっ、本田航空のサイトにも、こんな記事が、

ttp://www.honda-air.net/
>24日より飛行船は愛知の方へ
>お帰りは26日の予定

投稿: 永瀬唯 | 2005.02.26 20:05

ええ、ごぶさたしています。
先週24日だったと思いますが、午前中に洗濯物を干すために2階のベランダにいました。そうしたら、東のほうから何かやってきました。
「おお、飛行船だ」
何の飛行船なのか、何なのかもわからずぼーっとみていたところ、どんどん我が家方向にやってきて、ついには我が家上空を(本当に我が家の上空でした)飛んでいってしまいました。
何かとても得をしたような気分でしたが。遠目でよくわからなかったのですが、なんとなく名古屋のえくすぽのロゴを見たような気がしたので、ああ、その宣伝で飛んでるんだな、と思っていました。
あれは、ツェッペリンNTだったのでしょうか。
ごめん、もしそうだとしたら、見たい人が見られないのに、何かすら知らなかった私が目撃したのかな。うーん、どうでしょうか。
でも、飛行船って、見てると平和な気分になります。
            かしわやゆうこ

投稿: かしわやゆうこ | 2005.02.26 19:41

日本に来ているツェッペリンNTって、何台目なんでしょう。
ツェッペリンNTの"NT"って、ニュー・テクノロジーの略でしょう。そう、ウィンドウズ"NT"と同じ。とすると使い物になっているのは3台目から?

投稿: いとい | 2005.02.26 19:32

この記事へのコメントは終了しました。

« 本日、確定申告中 | トップページ | 東王座戦、決勝 »