« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005.03.31

2足歩行タコ

 2足歩行ロボットはいっぱいいるけど、2足歩行するタコはかなりめずらしいかも。毎日インタラクティブの動画ニュース、「2足歩行タコ!?」より。動画はこちら

 じゃ、ほかの6本足はどうするのかっていうと、胴体にまきつけてあるそうだ。8本足生物としてのプライドはないのか、このタコには?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花束はだれの手に?

 花束をあげてやってください。神ジーコにも。(^^)

 おお、うまくまとまった。偶然だけどな。← 伏見風に

 そういや、伏見きのうはおめでとー、地元記念V4。賞金の半分は山埼にやってね。

 で、サッカー。いい試合だったよ。勝ち点3がすべて。

 昔は中東勢っていうと、どうもダーティーなイメージが強かったんだけど、最近はイランといい、サウジといい、いい試合が多い気がする。とくにバーレーンはいい。日本がわりと結果を出してるってこともあるけど。

 ダーティーなイメージが消えたのは、どっちかっていうと、日本が世界レベルに到達したからなんだろうな。具体的には、フィジカル面が強くなって、当たりに負けないから。

 その結果、フィジカルで負けると試合にも負けて(イラン戦)、フィジカルで対等に勝負できると勝つ(今回)。結局、神ジーコがいうように1対1で勝てば試合も勝てるってわけか。

 おっと、神ジーコの言葉を疑うようなこと書いちまった。すんません。神ジーコは絶対です。日本サッカーが世界で渡りあえるようになったのは、100%完全に神のおかげです。これ、本気ね。

 動きが光ってたのはアレックス。鈍かったのは高原、ヒデ。ボールが手についてなかったのが楢崎。w

 わがアントラーズの師匠は体調万全でなかったのが響いて、めずらしくマジで当たり負けしてた。でも、ピッチにいないとさびしいんだよね~、師匠は。やっぱいちばん好きだな。(^^)

 あ、師匠というのは鈴木のハンドルです。w 「師匠・鈴木隆行」で検索すると、いろいろおもしろいのがひっかかります。とくにここはオススメ。

 韓国も日本とおんなじような状況だったんだが、ホームでウズベキスタンに勝って、やはり2勝1敗の勝ち点6。グループ1位。よーし、またいっしょにドイツさ行こうぜ~。

 というわけで、これが400本めの投稿だそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.30

元祖Firefox

 アルジャーノンに。

 あんまり時間がないんで、きょうは小ネタ。

 元祖Firefoxを発見!なんと、Mig31だったのだ!

Mig31

 ネタふりはO山さん。向こうでだれもつっこまないんで、映画のプログラムをひっくりかえして、写真を見つけてきました。(^^)

 たいしていい写真じゃないんだけど、とにかく幻のMig31だからね。1個見つかっただけでもさいわい。

 ちなみに、「なかの人」はクリント・イーストウッド。ネタばらしはこちら。でも、最大速度はマッハ5じゃない。6だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.29

認知症

 とーとつですが、朝8時すぎ、宅配便がとどいた。ときどき、めちゃめちゃ早くくるのだ。担当の人も私がこの時間、かならず家にいると知っているから、朝一なんだろね、やっぱり。

 なんだろうと思って開けてみたら、ぎゃ、マザボではないの! 注文した記憶ないぞ~。(^^;;;

 ま、ほしかったsocketAのnForce2Ultra400搭載のやつだから、いずれ買うつもりだったけど……

 しばらく考えるうち、そーいえば日曜の夜、酔っぱらった勢いで衝動的にFaithに注文したような記憶が。メールをたしかめてみると、たしかに注文と発送のお知らせがきてたよー。やばいな~。完全に記憶が飛んでまちた。(^^;;;

 これ、もっと年とってぼけじゃない認知症にでもなった日にゃ、たまんないね。毎日マザボとかメモリとかとどいちゃったりして。悪夢だ。ほんと悪夢。

 それはおくとして、とにかく当初ほしかったものは、紆余曲折はあったもののそろった。こんな感じ。

asus

 ああ、このCPUクーラーもトホホだったんだ。しくしく。

 これで、あまりパーツは、
・マザボ×1
・IDE HDD×2
・FDD×1
・光学ドライブ×2
・CPU×3
・CPUクーラー×2
・電源×2
・メモリ×512MB(PC2100)

 サプライ品をのぞくと、こんなとこ?

 メモリはPC100やそれ以前のはもっとあるけど、これは使えないから勘定に入れない。光学ドライブは種類は不明。たぶん、DVD見るくらいはできると思う。

 おかしい。去年4月、あまりパーツで鷙悍をつくって、在庫はほぼ一掃したはずなのに、あとケースさえあれば、もう1機組めるじゃん。たった1年でこれだ。(^^;;;

 でも、いいのさ。これは数年前から計画していたProjekten Zehn Jahren PC、10年PCの完成形なのであった。マジで震電を10年もたせるつもりなのよね。だから、新規購入したHDDやマザボは、未開封のまま保管するのだ。orz

 そーいえば、きのうだかに、恐ろしい夢を見た。いろいろパーツを組んでいるうち、ファンが合計33個だか34個だかまわってるのに気づいたという悪夢(爆)。ケーブルをかきわけると、そこにはまた回転するファンが……(^^ゞ

【追記】

 いま気づいた。けさとどいたマザボって、A7N8X-E Deluxeだぞ。またしても、いま使ってるのと同じ型番だ。(TnT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.28

『失踪日記』を読む

 先週にしこんでいたネタというのは、吾妻ひでお『失踪日記』のことだった。その前の週、秘密結社で永瀬唯先輩に見せられ、「これすごい」と聞いて、読んでみたもの。

azuma

 ちなみに、すぐ読みたくて、結社の翌日、久喜の書店6軒ほどをまわったのだが、どこにもおいていなかったのだった。これだから田舎の本屋ってやつは……(TnT)

 結局、用事で東京さに行ったとーこちゃんに買ってきてもらい、版元の行き帰りで読んだというしだい。

 壮絶な内容である。

 私も物書きで食ってるわけで、こーいう状況にはつねにおかれている。なんつったって、月刊で文庫1冊ずつつくらなきゃならないんだから。いってみれば、いつ失踪してもおかしくないのだ(笑)。ま、私の場合はまず読者の代表みたいなとこがあるから、読者=戦友に対する責任として出しつづけるというスタンスで、失踪はありえないけど。たぶんね。とりあえず、16年やってきたわけだし。

 自分のことはいいや。とにかく、壮絶な内容である。2度にわたる失踪、アルコール依存症、断酒。それぞれに重い。でも、それ自体が壮絶なのではない。

 その体験もたしかにすごいが(ぜんぶ実話とのこと)、恐ろしいのはそれを良質のギャグマンガにまで昇華してしまう吾妻さんの才能だ。ご本人は「悲惨な話だけど、それを悲惨に描いてもしょうがないし」というようなことをおっしゃっているが、それをここまでの「作品」にしあげられるのは天才だけである。

 そこが壮絶、凄絶だ。

 具体的内容はもったいないから書かない。どうぞ買って読んでください。amazon.comならこちら

 この時期の話だけでなく、自伝的要素もふくまれているし、あとがきのとり・みきとの対談や、それとはべつにシークレット対談なども用意されている。あじまにあはもちろん、SFファンを自認する人なら必読の書だよ。

 思い出話をひとつ。

 94年だったと思うが、吾妻さんに近い人から「なにか吾妻さんに仕事を依頼してほしい」という話がきたことがある。吾妻さんご本人はきっとご存じないと思うが。私はそのころ、ろーだんの編集のほか、実用書の単行本を書いていた。その私への依頼というと、つまり単行本のカット描きだ。そういう細かい仕事でもいいという。

 私の著作に吾妻さんがカットを描いてもらえるなら、これほど光栄なことはない。ところが、タイミング悪く、ちょうど著作のシリーズがまもなく完結するという時期で、カットも手配は終わっており、次にそういう大きな企画をやるのは数年後になっていた。

 それで、泣く泣く「次回はかならず」とおことわりしたのだが、今回『失踪日記』を読んで、ちょうど2度めの失踪からもどり、再起をはかっておられた時期だったのだなと、はじめてわかった。

 うーん、あのとき手配したイラストさんをことわってでも、やってもらうんだったな~。(;_;) もっとも、そのときの実用書って、大学生向けのいわゆる就職本シリーズだったんだけどね。(^^; そーいう理由でもとのイラストさんをことわるのは、仁義違反だし。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.03.27

正蔵襲名

 きのうは時間がなくて、アップできなかった。ネタは用意してあったんだけどなー。(TnT)

 敗因は正蔵襲名の特番を見ちゃったため。この時間に書く予定が、思わず最後までひきずりこまれたままで、結局は時間切れ。夕方からはロングラン理事会で、帰ってからはHERO'S見ながら飯食ってるうち、疲れて寝ちゃったのであった。前田はいいねー。ルールはやっぱりエスケープありのほうがいいと思う。ま、エスケープ・ルールにはもうもどれないわけで、しょうがないんですけど。

 こぶ平の正蔵襲名は、正直10年くらい早かったかもしれないと思うが、落語界に久々の明るい話題だったから吉。

 なぜ10年かというと、ここ数年で古典に目ざめても、たとえば私にとって最高の名人、故・志ん朝が同じ年代のときとくらべたら……いや、まるでくらべる対象にすらならないのであって、だからもうすこし勉強してからだったんじゃないかという気がするから。

 ただ、正蔵自身、志ん朝師や小三治師の芸域に達するとは思っていないのだろうし、いまからこういうタイプの名人とはべつの正統派をめざすのなら、それはそれで温かく見守りましょうよという感じかな。正蔵のいいところは父親ゆずりの明るさと素直さなんだから、そっちの方向をもっと伸ばして。

 具体的にいうと、65歳になったとき、古今亭今輔みたいな感じの爺ちゃんだったらいいな。新作をやるやらないじゃなくて、芸風または性格として。って、今輔師匠みたいになったら、ある意味大名人なわけだし。

 ただ、こぶ平って名はよかったからなー。それをふくめまして、止め名はどうにも、荷が勝ちすぎでございましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.25

神田から秋葉まで

 版元に用があって、東京に出た。久喜からだと、ほんとに「出る」って感じなんだよね。(TnT)

 で、用がすんだらいつものとおり、歩いて秋葉に向かう。歩くといっても、10分くらいでついちゃうんだけど。ちょうど、なめくじ長屋があったあたりを通るのかな? もちろん、でたらめですけど。

 ところが、先週と同じで、どうも物欲の方向が定まらない。ほしいものって、べつにないのだ。(^_^;)

 Athlon64もsocket939が値段的にこなれてきたものの、もうすこしようすを見たいというか、Longhorn待ちみたいなところがあって、手を出しずらい。XP3200+が絶好調だし。

 それで、そろそろなくなる可能性があるsocketA用の消耗品を買うことにした。つまり、マザボとCPUクーラー。これの在庫を用意しておけば、HDDの予備とあわせて、極端なことをいうといまのシステムで10年もつ。PCにセットしてないAthlonも3つあるし。w

 ということで探しはじめたんだけど、やっぱりsocketAのマザボはもう消えかけてるのね。Sempronもあるんだから、新商品が出ていてもおかしくないと思ってたのに。しかたないんで、これは通販で探すとして、次はCPUクーラー。こっちもsocketA対応はごく少数。あったと思ったら在庫切れだったり。

 なんだかめんどくさくなってきたんで、XP3200+対応で目についた品を、TWO TOPとT-ZONEでひとつずつ購入した。またしても物欲は中途半端な状態で解消できず。

 ま、それはいいんだけどね……

 家について、買ってきたクーラーふたつをならべて、いきなり脱力。

 同じ製品じゃん。(TnT)

 まーね。同じでもいいんですよ。ちゃんと機能しさえすれば。でも、せっかくなんだから、べつのメーカーのをためしたかったなー。しくしく。

 と、泣いているうちに、いいこと思いついたぞ。とーこちゃんのバート09に載せたクーラーはFirebird R7なのであった。カノプーの名品も、もうかれこれ5年以上稼働してるから、そろそろ成仏してもおかしくない。それの予備も用意しておかないと。

 というわけで、また来週も秋葉か?(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.24

業務連絡

 右サイドバーにあるリンク集をすこしいじくった。

 天沼さんの「ツェッペリンNTはいまどこに」は、ツェッペリンNTが万博期間中ずっと名古屋にいるので、リストから削除した。地球博が終わったら、たぶん復活するかも。

 それにかわってってわけじゃないけど、Bank of Dreamさんの根城(根城って、好きな言葉のひとつなのだな。いい意味だし)「公営競技はどこへ行く」を競輪KEIRINのリストに追加した。

 ここは競輪だけにとどまらず、公営競技とJRA情報満載なんだけど、便宜上ここということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Firefoxアップデート

 Firefoxの最新セキュリティ対応版、Firefox1.0.2がリリースされた。日本語版も同時リリース。脆弱性3件が修正されたとのこと。ニュースとしてはInternet Watchのこちらを参照。

 DLはMozilla Japanから。例によっていまはつながりにくいけど、窓の杜ではまだリリースされていない。

【追記】

 窓の杜でも、4時ごろからDLできるようになったみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OOo2.0と一太郎

 まず一太郎2005については、大幅な変更はなし。アウトライン作成機能というのが強化されたみたいだけど、これは使ってないからわかんない。(^_^;) 新しい漢字規格「JIS X 0213:2004」に対応したフォントが利用できるっていうのが、大きな違いかな?

 でも、これは別途DLする必要があるから、むしろ特典といったほうがいいかも。特典っていうのは、こーいうものなのよ >MS。

 むしろ、強化ポイントはATOKだと思う。ただ、これは使いこんでいかないと体感できないものだから、いますぐはわからない。

 ま、一太郎のアップグレードはjustsystemに対する支持表明のつもりだから、これでいいのだ。

 OOo2.0ベータ版。これはちょっとクセがあった。

 まず、旧版と同じディレクトリにインストールすると、1.14も2.0も壊れる。数年前の1.00のベータ時代は常識だったけど、1.10~1.14は同じフォルダでだいじょうぶだったんで、忘れてた。(^_^;)

 最初はみごとにぶっ壊しちゃって、めんどうだからまたシステムの復元にたよるはめに。失敗しますた。(^^ゞ

 でも、別フォルダにインストールすれば、どちらのバージョンも使用できるので、ベータ版のあいだはこうやって使うのがいいみたい。とにかく、素人にとっちゃベータ版はおもちゃなわけで。

 それから、ファイル形式をOASIS OpenDocument XMLに変更したため、とーぜん拡張子も変わり、たとえばcalcで作成したファイルの場合だと.sxcから.odsになった。これがじつはいささかやっかい。つまり、.sxcのファイルをcalc2.0のアイコンにドロップしても、開けないようなのだ。

 もちろん、まだ細かく調べたわけじゃないから、方法はあるのかもしれないけど、とにかく初期設定では無理。開くには、ファイルを右クリックして[プログラムから開く]からOOo2.0を選択する必要がある。

 もうひとつ、拡張子が変わったため、保存時も新しいファイル形式にするかどうかを選ぶ必要がある。これも手間といえば手間。

 ま、これもベータ版のあいだだけで、正式版になったら1.14をやめて、旧拡張子もすべて2.0から開くようにすればいいし、ファイル形式もぜんぶ新しいほうにすればすむ問題。使い心地は1.14よりいい……ような気がする。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.23

ついてない

 朝から管理組合の仕事でじたばたして、ようやく葬儀社に行って依頼をすませ(つまり、そーいう内容)、帰ってさあ仕事と思っていたら、途中でいきなり大雨が降ってきた。(TnT)

 しかたなく、いつもの立ちまわり先のうち、いちばん近い石丸電気によって雨やどり。だけど、まだ開店したばっかりで客もいないし、目だってしょうがない。それで、まだ一太郎2005を買っていなかったのを思いだして、とりあえず購入。

 そのあともぶらぶらしながら雨が小やみになるのを待ち、速攻で帰宅。だけど、この時点でもう11時半近く。なんか疲れちゃって仕事する態勢になかなかはいれない。私の場合、意識的に集中力を高めていかないと、なかなか仕事にかかれないのだ。

 電話がきらいなのも、そのせい。いったん電話に出ると集中がとぎれて、すぐには復帰できない。内容がくだらなかったり、セールスだったりすると、腹が立って1時間は仕事にもどれなくなる。あ、仲間・知人からの電話はこのかぎりではありません >各位。(^^;

 で、集中できないまま昼がすぎ、しょうがないんで飯食って、またPCの前にもどるけど、どうにも仕事モードにならない。

 2時すぎ、こういう日もあるとあきらめて、いったんPCいじりをはじめる。つまり、きのうDLしたOpen Office.org2.0をつっこんだり、一太郎2005をつっこんだり。

 そしたら、一太郎2005のパッケージから扇子が出てきた~。(^^) どうやら、バージョンアップ版の初回特典らしい。ラッキー。扇子は大好きなんだよねー。暑がりだから。

 しかも、そこらの企業ロゴ満艦飾みたいなのと違って、格子柄のシックなデザイン。いいセンスの扇子。つまんねー。うるせー。センスで団扇もめ。しつこい。

 えーと、そうじゃなくて、いい扇子をもらったんで、気分がいっぺんでよくなった。そーいえば、きのう仕事でMS Wordにからむトラブルがあってから、くそーMSめWordみたいなゴミ撒きちらしやがってと悲憤にくれてたのだった。そうそう。それで仕事やる気なくなったんだな。きっと。

 そーか。ゴミWordに害された気分を変えるには、一太郎にたよるしかなかったのか。なるほど。これは天命だったのである。石丸の近くで大雨に降られたのも運命だったにちがいない。たぶん。

 ともあれ、これで今年もJustsystemに恭順の意を表明できたし、よかったよかった。

 だけど、そうなると、これはついてなかったのか、ついてたのか? さて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.22

OOo2.0ベータ版リリース

 2~3週間前、リリース候補版が発表されていたOpen Office.org
2.0のベータ版が正式リリースされた。ニュースとしてはInternet Watchの「フリーのオフィスソフト「OpenOffice.org 2.0」日本語ベータ版が公開」をどうぞ。

 公式リリースはOOo日本ユーザー会のサイトから。DLサイトもここから飛べる。

 OOoはオープンソースのMS Office互換オフィススイーツ。私程度の使い方(基本機能だけしか使わない)であれば、現用の1.14でも必要充分だったけど、さらに互換性がアップしたほか、ファイルの標準形式をオープン形式のOASIS OpenDocument XMLというのに変更したそうだ。

 さらに、ベータ版といいながらかなり安定しているらしく、問題がなければそのまま正式版にするという。つまり、ソフトウェアとして、充分にこなれてきたと考えていい。たぶん。

 いずれにしても、異常に高価なMSの製品を使うより、こっちに乗りかえたほうがよっぽど「かしこい消費者」になることまちがいなし。

 なんちゃって。じつはまだDLしただけで、ためすのは今夜になりそう。たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝利の余韻

 鈴木誠の優勝、ひと晩たってもうれしいねえ。まこちゃんに追いこみを教えたのは東出剛だったから、1周忌に恩返しできたわけで。

 ひとつ訂正。GIはV4と書いたけど、最初の87年競輪祭は新人王戦の優勝だった。したがってV3でした。優勝インタビューなどはこちら

 それで、レースそのものなんだけど、思ったほどの熱戦にはならなかったね。戦犯はやっぱり武田だろう。333バンクでのこり1周の後方待機ってのはないよ。前がかかってるんだから、なおさら。

 同じことは村上にもいえる。村上は競りかけた結果だから、しかたない部分もあるが、うしろにウッチー背負ってるんだからさー。

 ふたりが主導権どりを放棄したから、伏見の行きっぱなしで終わっちゃった。そういう意味では凡戦。ゴール前、合志がつっこんできたあたりはすごかったけど。一瞬、グランプリの再現かと思ったくらいで。ま、とどいて2着までだけどさ。

 最近のビッグレース決勝では、こういうパターンが多いような気がする。いろいろ考えてるうちに、前が行っちゃうパターン。とくに村上は後方待機したらだめ。もう先行日本一の名は返上だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.21

鈴木誠が14年ぶりV!

 まこちゃんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!

 ふふふははははははは車券もGI決勝はV2じゃ!

 いやあ、夢みてよかった。日本選手権決勝は鈴木誠(千葉)が地元でVだ。2着は先行した伏見俊昭がねばりこんで8-3、2車単で4140円。よしたよした。展開ははずれたけどな。(^^ゞ

 なんとGIは14年ぶり。前回は1991年の全日本選抜(久留米)で勝ってる。それをふくめて今回でGIはV4。ほかに91年のグランプリも獲得。でも、それを入れても14年ぶりだ。追いこみに転向してからは初だそうだ。ちなみに、GIIは92年函館、99年伊東のふるさとダービーをとっている。

 しかし、まこちゃんもいつの間にか39歳かあ。またひとり中年の星が生まれたな。よかったよかった。 きっと師匠の吉井秀仁師もうれし泣きしてるぞ。なんか顔が目に浮かぶね。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世紀の対決!

 日本選手権決勝はすごいメンバーになってしまった。

1 村上 義弘 30歳 京都 73期 逃  予1、ゴ3、準1
2 吉岡 稔真 34歳 福岡 65期 逃  予8、二1、準1
3 伏見 俊昭 29歳 福島 75期 逃  予6、二1、準3
4 合志 正臣 27歳 熊本 81期 追  予7、二2、準2
5 小嶋 敬二 35歳 石川 74期 逃  予1、ゴ2、準3
6 内林 久徳 41歳 滋賀 62期 追  一2、二2、準2
7 後閑 信一 34歳 群馬 65期 両  予1、ゴ6、準1
8 鈴木 誠   39歳 千葉 55期 追  一1、二1、準3
9 武田 豊樹 31歳 茨城 88期 逃  予4、二1、準2

 もうだれがきてもおかしくない。しかも、当代の先行屋ベスト5が勢ぞろい。いまから歴史にのこる名勝負になることが約束されてる。きょうは午後4時からテレビ東京系で地上波の放送もあるので、ぜひ見てもらいたい。ルールがよくわからなくても、競輪のすさまじさは伝わってくると思う。

 というわけで、すこしくわしく説明すると、上の表で「逃」と書いてある選手が先行するタイプ、つまり自分でレースを組み立てていこうというタイプ。「両」と「追」はその先行型についていくタイプ。

 この両タイプが、基本的に地区などで途中までチームを組む。これが「ライン」。今回は先行型が5人もいるので、ラインが2人ずつ4チーム、単騎で走るのが1人の、下記のような組みあわせになる。

   5
16 24 38 97

 このラインは前日に「コメント」というかたちで公表されて、変更はあまりない。今回は5の小嶋が単騎で、ほかの先行4人にマークがつく「細切れ」型のレースになる。ただし、各ラインのならびがこうなるかどうかはわからない。これは私の「展開予想」。のこり1周半時点で、どういう順番に走っているかの予想になっている。

 で、いちばん前でレースをつくるのが先行型の正当な戦い方(正攻法)で、これを「主導権をとる」という。今回、主導権をとりそうなのは1の村上。この選手はいま「先行日本一」と呼ばれる、いってみれは先行マニア。

 しかも、ラインを組むのがふだんから家族ぐるみ、いちばん親しくしている先輩のウッチーこと内林で、ウッチーはかねがね「ダービーこそGI、一度はとりたい」と公言しているから、後悔しないためにも徹底先行でいくと見た。

 競輪は追いこみ型の展開が有利なので、そのうしろ、前から3番めの位置は非常に有利になる。だから、ここをとりたい選手が多い。今回、捲りでは勝負にならなさそうな2の吉岡が、ここをとりにくると読んでいるんだけど、単騎で自在に走れる小嶋もこの位置にはいりたいはず。それで、この位置をめぐってふたりのバトルになる可能性が高い。これはほかの先行型ふたりにもいえること。ただ、伏見も武田も、今回は捲りに自信がありそうなので、後方からの戦いになると判断。

 もちろん、武田がかましに出て、主導権のとりあいになるケースもあるし、展開ひとつとっても、どうなるかはわかんないんだけどね。でも、武田は勝ちを意識するあまり、後方待機だと思う。

 で、展開はそうなんだけど、だれが勝つかとなると、はっきりいってわかんない。(^^;;;

 通常、GIの決勝は調子のいい順にふたりの折り返しというのがきやすいと思っているんだが、今回は調子いい選手が多すぎ。だれもはずせない。合志がいちばん不人気だと思うけど、その合志がとる可能性だってある。鈴木まこちゃんも地元だし、333バンクを知りつくしてるし、むしろくる可能性は高いかもしれない。

 こうなると、あとは夢を追うしかない。夢っていっても、大穴狙いじゃないよ。勝たせたい選手からということ。

 ここでいちばん勝たせたいのはウッチーだ。ウッチーのダービーに対する思いは上で紹介したとおり。だから、

 6-1、6-5

 次に勝たせたいのは鈴木まこちゃん。

 3=8、8-5、8-7

 以上6点でどうでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.20

完全休養日

 休み。ほにゃ~っと燃えつきてる。きのう、けっこうばたばたしたからなー。

 夜、秘密結社の初期メンバーが秋田から例会に参戦することになっていたため、とーこちゃんと迎撃したのだった。ついでに、墓参りで府中に行って、秋葉で時間つぶし+買い物少々その他もあって……なんだかんだと動きまわったんだっけ。考えてみると。

 秋葉では、まずリニューアルしたドネルケバブの店を見にいく。たしかに、前の車よりプリティ。でも、食ってるのはやっぱり典型的秋葉住人でした。(^^) カップルがひと組だけならんでたくらいで。なお、前店舗だった車も石丸本店裏に置いてあった。たぶん、材料輸送に使うんじゃないかな。

 そのあとは時間調整のため神田明神と湯島聖堂を散歩して、甘酒飲んで知らない人の結婚式を見てから、電脳街にもどって買い物と見物。とーこちゃんの買い物はすべてそろったんだけど、私のPC切替器は今回も見送り。どうもいいのがない。ディスプレイをデジタル接続したいんだけど、デジタル用だと値段がいっきにはねあがる。まだすこし様子見しないと。

 秘密結社の例会は参加者多数の予感がしたので、早めに会場入り。案の定、24~25人きたと思う。おもしろかったのは、うちふたりもiPod Shuffleを持っていたこと。もー、新しもの好きなんだから。(^^)

 例会に行くと、とにかく飲む。ふだんは痛風対策で、ビールはもちろん発泡酒もほとんど飲まないんだけど、例会は生ビール・フリー。ひとりでビッチャー2杯くらい飲むんじゃないだろか。orz そのかわり、エサはほとんど食わない。だから、次の日がきつくて。(^^;;; もう夕方になるってのに、まだ腑抜け状態っす。ふにゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.19

本日ゴールデンレーサー賞

 日本選手権競輪、ダービーの中締めは11Rのゴールデンレーサー賞。

1 加藤 慎平   26歳 岐阜 81期 両
2 村上 義弘   30歳 京都 73期 逃
3 後閑 信一   34歳 群馬 65期 両
4 小嶋 敬二   35歳 石川 74期 逃
5 岡部 芳幸   34歳 福島 66期 両
6 一丸 安貴   32歳 愛知 70期 追
7 神山 雄一郎 36歳 栃木 61期 両
8 山口 富生   35歳 岐阜 68期 追
9 新藤 敦    37歳 神奈 62期 追

 このレースは全員があしたの準決勝の権利を持っているから、そのぶん走り方が微妙に変わる。落車・失格したらアウトだという反面、準決勝、決勝に向けてテストしたい部分もあるから。

 というのをふまえてコメントをまとめるとこんな感じ。

加藤 小嶋さんの番手
村上 いつもどおり自分の競走で
後閑 神山さんについていく
小嶋 中部の一番前で自力
岡部 自力で積極的に
一丸 333で4番手はきついので村上君の番手
神山 主導権は村上として、3番手追走してとどくところから
山口 慎平の後ろからがんばる。しっかりかためて
新藤 番手のほうがチャンスあるので岡部の番手

 テストという考えをいちばん出しているのは神山。さすが。加藤もそんなニュアンスが漂ってる。逆に、勝負にこだわっているのが岡部と新藤、一丸。細かいコメントはこちらから。

 このなかで、とくに興味深いのが、神山の「どこまでとどくかなという感じで」と岡部の「ゴールデンレーサー賞でも遊んでいられない。見せ場はつくる」というひと言。

 前後するけど、だから展開予想はこうね。

26 73 418 59

 こう見ると、いちばん勝つ気でいるのが岡部-新藤のライン。展開も、村上先行、神山と小嶋の3番手とりあいとなったら、岡部の大捲りが炸裂しそうな予感。

 ということで5=9で勝負。つーか、これ、混戦必至で、ちょっとわからないっす。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.18

WGAをためした

 じつはもう2日前なんだけど、MSの新しい認証システムWGAをためしてみた。

 WGAはWindows Genuine Advantageの略で、ネットワーク経由のアクティベーションにかわるシステムとのこと。これで「正規版」かどうかをチェックして、「再販業者からの要望を反映する」という説明だけど、よーするに海賊版対策。

 ならば、そーいえばいいのに、再販業者、つまりPCベンダーのせいにしたり、今回は「サービス・プログラムの導入のオマケ」とアナウンスしてみたり、つっこみどころ満載。とーぜん、15日の発表時はマスコミ各社にぼこぼこにされてた。

 はっきりいって、海賊版の報告が1件もない(MSの発表)日本語Winで、なぜアクティベーションとWGAという2度の認証が必要なのか、まったく説明がない。さすがは悪の帝国の面目躍如という異常事態だ。あ、MSは好きなんだけどね。

 そのへんの記事はアキバBlogさんの「マイクロソフトの「WGAプログラムは海賊版対策ではない」が突っ込まれる」や@ITNewsの「MSの新認証プログラム、海賊版対策でないなら何のため?」、PCWatch「マイクロソフト、新認証プログラム「WGA」の試験運用を開始~偽造品対策ではなく正規ユーザーへのサービスを強調」などを参照。というより、全社袋だたき状態だけど。ヽ( ´-`)ノ

 それで、好き者だからさっそくためしてみた。行き先は「Windows Genuine Advantage (正規 Windows 推奨プログラム) の特典」というところ。なんだ、もう正規Windowsって言葉が飛び散ってるじゃん。ヽ( ´-`)ノ

 でも、最初は無意識にFirefoxで行っちゃったんだよね。もうデスクトップにIEなんかないわけで。そしたら、みごとに門前払いを食らっちゃった。

 MSさまはこういったものである。

 -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

ご使用の Web ブラウザは、正規の Windows であるかどうかの確認プロセスに必要なコンポーネントまたはスクリプトを実行するようには構成されていません。次の方法で確認してみてください。

 -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 悪かったよ。FirefoxなんてMSの宇宙には存在しないんだったよね。こっちのケアレスミスです。くそー。

 しかたなく、使えないIEを掘りだしてきて、もう一度。こんどはすんなり。

でも、タイトル下の説明からして、目にしみるんだな、これが。

 -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

正規の Windows XP オペレーティング システムのユーザーは、次の特典を受けることができます。正規の Windows を使用しているかどうか不明な場合は、お調べいたしますので、特典の 1 つを選択してみてください。

 -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 お調べいたしますときましたか。べつに特典もいらないし、調べてもらう必要もないんでございますよ、ユーザー側は。すべてそっちのつごうなのに、なぜこれほどの手間をかけさせるのか?

 きわめつけは、認証手続きを開始するボタン。

「特典を受ける」と書いてある!

 こいつぶちころしてやろうかくそばかやろと思ったけど、MS好きだから涙を飲んで、クリックする。

 あとはしばらくシステム構成をチェックして(こいつ、BIOSまでのぞくんだぜー。個人情報もなにもあったもんじゃない)、Active XのコントロールをDLして、認証終了。クリックは5回くらい。時間はぜんぶで1分ほど。ま、狂ったように「30日以内!」って叫びつづけるアクティベーションよりはましだけど、とにかく心理的プレッシャーは相当のものがあるね。

 これを「サービス」だの「特典」だのっていう言葉でごまかせると思ってるんだから、さすがはMSでした。

 ちなみに、いつもは温厚なMYCOM PCwebの「Windows XPスマートチューニング」の筆者、阿久津良和さんもさすがに頭にきたらしく、第159回の「番外:Windows Genuine Advantage Programをチェックする」では、ちくちくと痛いところをつっついていた。さらに、今後もチェックをつづけるとか。ここも必読ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.17

ブログはジャーナリズム?

 ネットではピンクのウシで脱力したけど、その前、朝の新聞紹介番組で_| ̄|○したのは、毎日新聞の「記者の目」。ネット版の毎日インタラクティブにも載ってたんで、じっくり読ませてもらった。

 だけどねー、これっていったい……

 コラムのタイトルは「ライブドア堀江貴文社長への反論」で、サブタイトルが「調査報道は新聞の生命だ ブログに使命感あるか」だって。

 あきれたねえ。

 記事の前段は納得。私ももとジャーナリストのはしくれだから(ほんとのはしっこだけど)、全面的に同意。でも、ブログをひきあいに出すのはまったく見当はずれもいいところでしょう?

 ブログにジャーナリスティックな機能はありません。ただの日記だもん。ブログに使命感はありません。間違った情報流したと気がついたら、すぐ書きかえ可能だし、面倒になったら消しちゃえばいい……そーいうメディアにそもそも使命感とかいうほうがおかしい。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 しかしながら、組織的、継続的に社会をウオッチし、報道を続けることがブログでは不可能だ。情報を集め、裏付けを取り、その事実が社会にどのような影響を与えるのかを考慮して報道するのは、訓練を積んだプロのジャーナリストでなければできない。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 なんでこーいう当然のことを、まことしやかに書かなきゃならないかというと、つまりブログなんかをとりあげるから。前提が完全に違ってるんだよね。

 筆者は猿ブッシュの軍暦報道でCBSに誤報があったのが、ブログからわかったって話を例に出してるけど、これは結果論でしょ? ブログの情報ってのは、極端にいうとダブルチェックさえしてないんだよ。だいたい、心象っていう色眼鏡がかかってるわけで。

 私は毎日新聞こそ日本一のジャーナリズムだと思って、新聞では唯一信頼してるんだけど、この論調はちょっとついていけないなあ。というより、やっぱり脱力系だよね。

 記事を読んでるうちに、こないだパーツ館にまぎれこんできた子供のことを思いだしちまったよ。ヽ( ´-`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝から脱力

 ココログのメンテは終わったのかな? さっき、いったん復旧したんで、記事をアップしようとしたら、思いきりとんじゃった。(T^T) こんどはコピーしとかないと。

 で、朝、いつものサイトを巡回するうち、PC Watchに行ったところで、いきなり脱力しちまったよー。

 こいつのせいだ。

 記事はドイツ、ハノーバーで開催されてたCeBIT 2005のレポートで、「会場で見かけたユニークなPC」というタイトル。その冒頭にこのウシが貼りつけてあったのである。

 まったく、ドイツ人の美意識っていったい……(--;

 インダストリアル・デザインのセンスは、そこそこなんだけどねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.16

きょうから日本選手権

 松戸で6日間のロングラン。やっぱりダービーだよね、って感じ。初日の目玉は11Rの特選予選。メンバーは、

1 佐藤 慎太郎 (泉崎) 28歳 福島 78期 追
2 武田 豊樹   (取手) 31歳 茨城 88期 逃
3 加藤 慎平   (岐阜) 26歳 岐阜 81期 両
4 高木 隆弘   (平塚) 35歳 神奈 64期 追
5 後閑 信一   (前橋) 34歳 群馬 65期 両
6 齋藤 登志信 (新庄) 32歳 山形 80期 逃
7 小倉 竜二 (小松島) 28歳 徳島 77期 追
8 山口 富生   (大垣) 35歳 岐阜 68期 追
9 阿部 康雄   (弥彦) 37歳 新潟 68期 追

 展開は例によってコメント聞いてないけど、こんな感じでしょう。小倉は単騎。

       7
 259 38 614

 松山の失格コンビ、武田と加藤の一騎打ちが初日から実現するとは運命を感じるね。しかも、失格の先鞭をつけた後閑に、山口富生まで。失格王選手権か。(^^;;;

 加藤はずいぶん事故点がたまってるらしいけど、333バンクだけに、武田を逃がしたら勝負にならないから、ま、からむはず。

 それを振りきって武田がいくと、これは2=5で決まっちゃう。でも、ふたりがやりあって脚使うと「残念ながら後退していきます」で、ここで登志信くんの出番になると見た。

 ただ、こーいう展開だと、どうも小倉が気になってしかたない。したがって、2=5と167ボックス。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特報! ドネルケバブ・サンドが!

 おお、いいニュースだ。アキバBlogさんによると、「秋葉原を代表する味覚「ドネルケバブサンド」が軽自動車から固定店舗に」なるそうである。

 アキバを代表する味かどうかはべつとして、うまいんだ、これが。場所はいままで車で売ってたとこと同じらしい。ツクモ本店のななめ向かいというか、あきばお~弐號店の横というか、あの場所ね。

 アキバBlogさんには工事中の店舗の写真も載ってるけど、なんかかわいくて、ちょっとイメージ違うかも。(^^; これからは「おたくの食いもん」から「おしゃれなファストフード」に変貌するのかもしれない。

 あ、ドネルケバブの店のサイトも載ってた。こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.15

物欲退散!

 いんや、退散しなくてもいいか。(^^ゞ

 あああ。物欲がふつふつとわきあがる。(^^;;;

 4日くらい前から、メモリが値崩れ起こしてるんだよね~。とか。

 きのうのアナウンスで、わがAMDはDDR2導入が来年以降になったから、だったらPC3200を1GBくらいほしいかな~。とか。

 Athlon XPもそろそろ終わりだから、いまのうちに3200+をもういっちょ、買っといたほうがいいかな~。とか。

 それなら予備のマザボもかな~。とか。

 そろそろSATAのHDDもほしいな~、ふたつくらい。とか。

 そーいう物欲。物欲ふつふつ。

 来週は担当さんのひきつぎで、版元に行くから、ついでに秋葉まわりだったりして。いわゆるひとつのデファクト・スタンダード・コース。(^^)

 その前、土曜日にも都内に出るんだった。そのときでもいいや。

 問題はこの物欲を満たすため、なにを買うかである!

 いきなりケースになっちゃったりして。(^^ゞ

【追記】

 お、書いといてからいうのもなんだけど、ケースいいかもな。次のとーこちゃん用PCは、ケースも新しくしてMicro ATXになる予定だから、そのへんを青田買い。とか。

 質実剛健路線を転換して、スタイリッシュ・ケースに転ぶ。とか。

 おお、ケースもいいぞ!

 と、物欲はふくらむ一方なのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さまよえるIT戦士

 IT戦士といえばおなじみITMediaの岡田有花記者だが、先週、久しぶりにお笑いネタを掲載していたので、すこし古いけどご紹介。「PCも恋もサポート?IT戦士の潜入レポート」というもので、これ自体はPR記事。NECの新低価格シリーズ『ValueOne』の紹介と(というより、写真がプリティ(^^) )、同社のサポート中枢・NECパーソナルプロダクツ群馬事業場のレポートからなる。

 ま、内容はどうでもよくて(^^; 岡田記者がIT戦士魂むきだしにしてるのが感動的なのさ。去年の暮れ、「今年もキミは来ないのね――聖夜にかけるIT戦士かく闘えり」がその週のアクセス・ベストテンにはいったとき、「来年はふつうの女の子にもどりたいと思います」と衝撃のコメント(笑)をのこしていたんだけど、今年もはじけまくり。このままIT戦士路線をつきすすんでほしいものです。

 ま、これは先週の話なんだけど、きのう、これをまたネタにしている人を見つけたのだ。いってみれば、こっちのほうがメインね。

 以前、5インチベイ内蔵型自爆ボタンで紹介した「動く!改造アホ一台」ことKazさんの日記「ゴミ箱の中のメモ帳」の3月12日付が必見。「IT戦士 貞子」という。

 このネタで笑いたい人は、先に「潜入レポート」を読んでちょうだい。いや、2ページめを見るだけでいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.14

Firefox1.0.1リリース

 ゆうべ、Firefox1.0.1がリリースされたみたいだ。さっそく、朝からDLしてアップデート。

 おもにセキュリティ関係のアップデートだから、外見も使用感も変化なし。つまり、軽快で使いやすいということ。修正点はこちら

 さて、バージョン情報を見ると、

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja-JP; rv:1.7.6)
Gecko/20050311Firefox/1.0.1

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 と、日付は11日になっている。やっぱり先週金曜日にできてたんだ……と、強がりをいってみたりしよう。(^^ゞ たぶん、週末のアクセス殺到を懸念したんだと思う。

 でも、いまもアクセス殺到中らしくて、DLできるようになるまで数分待たされた。数日後に落としてくるほうがいいかも。

 DLはこちらから。

 導入のしかたがわからない場合は、こちらの「インストールガイド」から。タブの導入まで、わかりやすく説明してある。

 ついでに、ヘルプとFAQも。

【追記】
 上記の本家では、現在アクセス殺到でつながりにくくなっているとのこと。すぐDLするなら、窓の杜からのほうがいいみたい。こちらからどうぞ。vectorはまだ(午後4時現在)1.0なので注意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.13

アクティベーションできちゃった

 あれれ?

 先週日曜日、「物理フォーマット恐るべし」で、「OEM版は十中八九は電話アクティベーションになる」って、書いたんだけど……でもって、「伝聞情報だからためしてみる」ってとこでペンディングにしてて、きょう午後、インストールを試みました。結果、ネットでアクティベーションできちゃったよ。(^^;;;;;;;;

 こいつはいったい……どーなってんだ?(^^;;;;;;;;;;;

 正確に書くと、FDDといっしょに去年4月に購入・インストールしたSP1対応のOEM版Windows XPを、HDDだけ同型番のものに変えてクリアインストール(物理フォーマットから)したところ、なんの問題もなくネット経由でアクティベーションできちゃったのである。ハードはこのHDD以外、変更なし。

 アナウンスでは、OEM版は例外なくネットでアクティベーションできないということだったので、この結果はうれしいけど意外。どうなってるんだろう? とにかく、FDDといっしょに購入したOEM版にもかかわらず、うちではオンライン・アクティベーションがあっさり完了しちゃいました。

 このへん、どーいうOEM版が可で、どーいうのか不可なのか、これから検証がつづくと思うけど、とにかく、できる場合はあると。そーいうことでした。

 さっぱりわけわかんね~。MS、そっちで制限くわえたんだから、もっと明確に説明する義務があるぞ。正確にはどーいう場合、ネット経由のアクティベーションができないんだ? 要説明責任!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.12

アート完成(^^)

 できました。アート。いつものなんだけどね。

 gamera01
          『ガメラ 大怪獣空中決戦』

 gamera02
          『ガメラ2 レギオン襲来』

 gamera03
          『ガメラ3邪神〈イリス〉覚醒』

 平成ガメラ3部作のできあがり~。(^^)

 レギオンは個人的にひどく嫌いなんだけど(内輪ウケは作品を矮小化するだけでなく、身を滅ぼす悪魔なのに、これにSF大賞を授与するってのは。それがわからないからSFは……ってのはもういいや)、1と3は絶品だし、まる1日使ってアートする価値は充分にある。と、思う。風邪っぽいし。

 林家しん平版じゃない『G4』もつくるそうだけど、これもおいしくいただけるとうれしい。『ゲド戦記』は愛読書だったけど、あそこではぜったいに出すな。って、毒吐いてるな。(^^)

 ちなみに、こーいうアートを制作するにあたって、使用しているアプリはPhotoshop LEと、OS同梱のペイントと、フィニッシュ用に一太郎の3つだけ。このくらいあれば、とくに一太郎があれば、たいていのことはできるのです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霍乱(TnT)

 どうも体調不良。(TnT) インフルエンザではないみたいだけど、風邪っぽいかも。体力が落ちてる感じで、月曜から「風邪になるか、とどまるか、勝負だ!」みたいな状態だったのが、きのうから負けかけているのだ。ナンダカナン。

 しょうがないんで、予定してたウォーキングも中止して、おとなしくしている。

 Firefox1.0.1もまだリリースされないし、この週末はついてねっす。(T^T)

 で、ガメラを素材にアート制作中。現時点で、ここまでできた。

 Gamera

 な~にやってんだか。ヽ( ´-`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.11

Shuriken Pro4導入終了

 デザインは若干変わって、いくらかカラフルになった。使い勝手は相いかわらず良好。スキンの新規追加がいくつかあったものの、とりあえず現在のPro2時代のをそのまま使う予定。

 新規機能のうち、定期自動バックアップはやっぱり便利そう。これで思いだしたときに手動でやる必要もなくなったし。

 いちばんの目玉ToDoは、毎日大量のメールをさばく人には便利かも。ただ、私は原則すぐ返事を出しちゃうんで、いまのところ使わないかもしれない。これはしばらく様子見かな。

 着信監視をスタートアップに入れておくと、起動時にうまく巡回できないというバグは、いまのところ修正が有効みたい。ただし、これは数日使ってみないとわからない。

オススメ度:☆☆☆☆ミ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうあたりかな?1.0.1

 きょうあたり、Firefox 1.0.1の日本語版がリリースされそうな予感というか、気配がする。前回はたしか午後2時ごろアップされたんだよね。午前中からうろうろしてよっと。(^^) Mozilla Japanはこちらから。

 もうひとつ。きょう午前10時より、Shuriken Pro4のDL販売がスタートする。こっちも速攻でアップデートしなきゃ。DL版その他の詳細と購入はこちらから。

 ジャストシステムといえばつきもののこれも、いちおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.10

MSにも五分の良心

 またナンダカナンなタイトル。

  ITMediaによると、MSがWin98、98SE、Me向けに、緊急パッチをリリースしたそうだ。1、2月にXPの定期アップデートでリリースしたものの旧OS向け。記事はこちら

 旧OSでもXPと同様の脆弱性があるのは公表されていたけど、パッチ公開については曖昧な発言をつづけていたんで、てっきり出さないと思ってた。なぜかというと、上記OSは最新のMeでも、去年6月かな? で、MSの「社内規定」にしたがってサポートを終了させていたから。

 強引に高価なXPに乗りかえさせようっていう、悪質な商魂だとかって、さんざんたたかれたアレね。ま、実際にはどんな商品もサポート期間は有限なんだけど、MSはいつもながら、こういうものの発表のしかたがへただから、すぐユーザーの反感を買うんだ。実際、サポート終了までの期間が短すぎるし。いまはLonghornの出荷が遅れてるから、この社内規定で自社の首をしめかねない事態になりつつあるけどさ。

 つまり、この規定を適用すると、XPのサポートが来年6月で終わっちゃうんだ。ヽ( ´-`)ノ

 ともかく、サポートは終了してるわけで、パッチをリリースしなくてもMS的に問題はなかったんだけど、今回ほぼ1カ月という異例の速さで対応したのは、正直びっくりした。悪の帝国らしくないよ。w

 それで、MSにも良心のかけらくらいはのこってるんだね~って意味で、このタイトルになったわけです。(^^)

 ぢつは私、ふだんMSをぼろくそにいってるし、OS以外の製品は原則として使わないことにしているけど、自己チェックによると、実際はどうも悪の帝国が好きらしい。(TnT) ま、Winがなくなると仕事ができなくなるから、しかたない面もあるけど。

 それがわかっているだけに、MSがこないだのネット経由アクティベーション中止とか、自社のことしか考えない(ユーザーにいままで以上の負担を強いる)ような「悪さ」をして、しかもそれが「再販業者からの要望が多い」と、他社のせいみたいに論理をすりかえると、やたら腹がたつのであった。(TnT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.09

アイコン・デザイン変更

 きのう、気分転換にと、久しぶりにフォルダ・アイコンのデザインを変えた。以前はWin98からサルベージした黄色い32bitのやつにしていたんだけど、こんどはどこかで拾ってきたボールド系のやつ。作品名忘れちゃった。作者さん、すいません。

 変更はただのフォルダアイコンだから、窓の手でちょちょいと完了。きのうはそのまま、なにごともなく終わったが、けさ起動すると、なぜかアイコンがもとのにもどっていた。

 ま、XPではよくある挙動不審ってやつ。なので、もう一度窓の手で設定しなおそうと、いったんデフォルトにもどし、アイコンだけ変更して再起動したら……

 ぎゃ! たつけなしのLunaにもどっちゃった! そうか、デフォルトにもどすって、アイコンだけじゃなく、GUIをぜんぶ出荷時にもどすってことだよね。(^^;;; そうそう。これをまともに使えるまでカスタマイズするだけで、まる1日かかるのでした。

 もちろん、そんな時間はないし、役たたずのLunaなんか見てたら10分で正気を失うから、1秒考えてシステムの復元でかたづけることに決定。これなら1分くらいで復旧できる。

 で、ことなきをえたんだけど、やっぱりすごいカスタマイズしてるのね、震電も。われながらよくやる。カスタマイズ用ユーティリティだけでも、7つくらいインストールしてあるからな~。

 といっても、デスクトップはいたってシンプルそのもの。スクリーン・ショットはこんな感じ。

 dtp

 世の中でいちばん使い道のないスタートボタンをはじめ、不要品はすべて排除して、背景はWin95から変わらず。全体はMacOS 7かな? 8かな? に似せてある。デスクトップにあれこれ置くより、このくらいのほうが使いやすいと、個人的には思ってるから。

 あと、中級者以上じゃないと、ぜったい使いこなせないから、だれかにいたずらされる心配もないしね。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.08

松山記念大荒れ

 どうなってんだ。きのうの武田豊樹につづいて、きょうは加藤慎平が、最終レースで1着入線も反則失格だぞ。

 どっちも審議映像を見ると、ケアレスミスじゃないか。きのうの武田はルール知らないとしか思えないし、きょうの慎平は無意味に押圧しすぎ。いまいちばん期待されてるふたりがこれで、どうすんだよ。

 ふたりとも、すこし頭冷やさせたほうがいいんじゃないか? ダービーまで自主お寺行きとか。まじでさ。

 とくに武田はばかなコメント出してるみたいだし、こないだの東王座の後閑失格にからむコメントといい、明らかに緊張欠いてる。いちばん悪いのは一番人気背負っときながら、明らかなミスで失格した自分だってことを、肝に銘じないと、一流にはなれても超一流にはなれないぞ。

 そうなれば、すぐ「スケートでも一流になれなかった男が……」っていうバッシングがはじまるのは目に見えてる。いまあらゆるスポーツでいちばん好きな選手だから、あえて苦言を呈しておきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーSF映画大会

 日本映画専門チャンネルの「24時間まるごと東宝特撮王国」にはじまる特集も、今週いっぱいで終わる。あとは木曜日の平成ガメラ・シリーズ3連発を撮るだけだ。ぢつは1本、『妖星ゴラス』だけは撮り逃したんだけど、これは頻繁にオンエアされてるから、数カ月でフォローできるだろう。

 例によってDVDラベルは先週中につくっといた。こんな感じ。

kgun
『海底軍艦』

TDF
『地球防衛軍』

『海底軍艦』の右側ポスターのミニチュアはドイツ公開時のもの。「U2000」と書いてあるのが轟天号のことで、ドイツでは現在も潜水艦をUボートと呼んだりする。ちなみに、英語版タイトルは「Atragon」。ムウ帝国じゃなくて、アトランティスだったんだろうか?

『地球防衛軍』のポスターはイタリア公開時のもの。こっちは海外向けタイトルは「Mysterians」に統一されていたらしい。

 と、ポスターを2個入れちゃったんで、かなりごちゃついたイメージになっちゃった。反省。

 背景にしたグリーンは、70年代後半から80年代あたまにかけて、50~60年代特撮映画ルネッサンスがあったとき、よくイメージカラーに使われていたもの。理由はわからないけど、たとえば当時売っていたポスターのミニチュア・シールの縁どりもこの色だったし、文芸地下でくりかえし開催された「スーパーSF 日本特撮映画大会」のパンフやポスターもそう。こんな感じで。

bunchika

 25年前のパンフだから、すっかり色あせちゃってるけどな。(^^; とにかく、それでゴジラ・シリーズ以外の特撮映画は、この色のイメージで統一してたりするのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひまわり6号

 こないだ打ちあげに成功した運輸多目的衛星MTSATの愛称が「ひまわり6号」に決まったそうだ。スポニチアネックスの速報から。

 専門家筋では運輸多目的衛星、略して「うんたも」と呼ばれていたそうで、これが正式名称になった日にゃ、「気象衛星うんたもの観測では……」となっちゃうと、内心どきどきしていたんだが、無難なところにおちついて、よかったよかった。

 でも、森田さんが「うんたもの映像を……」っていうところも、一度は見たかったような気もするぞ。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.07

物理フォーマット恐るべし

 先週、2月28日までで、Windows XPのネット経由でのアクティベーションを中止するという衝撃的ニュースが流れた。たとえば、CNET Japanの「Windowsのアクティベーション変更、正規版ユーザーには影響なし」という記事がそれ。

 これを見てわかるように、一連のニュースでは「正規版ユーザーには影響なし」と表現されているが、ここには大きなからくりがあるのだ。われわれ自作ユーザーが使う「OEM版」は、「正規版」にもかかわらず、ネット経由でアクティベーションできないらしいのである。

 ま、「ユーザーにやさしい」悪の帝国MSだから、このくらいのことはやりかねないし、もう怒る気にもなんないけどさ。ヽ( ´-`)ノ

 ただ、これはいまのところアキバBlogさんの記事などにたよった伝聞情報(確実みたいだけど)で、自分でやってみたわけじゃない。

 なので、休みを利用してテストすることにした。新しいHDDをセットして、こいつにOEM版をインストールしてみようってわけ。きのうの午後から、さっそくスタート。

 ところが、インストール前の物理フォーマットでこけちゃった。

 めちゃくちゃ時間がかかるのね~。(TnT)

 80GBやるのに、なんと4時間近く。パーティション切りながらだから、その時間も多少ははいってるが、2時半ごろはじめて、1回の中断(ほかにPCを使う用があった)をはさんで、終了は午後8時半。(TnT)

 この時点ではもう泥酔して『義経』見て「タッキーへた!」とか叫んでたから、インストールはできませんでした。というわけで、検証は来週に持ちこし。

 ま、十中八九は電話アクティページョンだと思うけどな。

 電話でのアクティベーションは1回やったことあるけど、数字をメモしたり、けっこうめんどくさいんだよな。なんのドライブといっしょに買ったOEMか聞かれたり。そんなもん、FDDに決まってるじゃん。いまやFDDの存在価値はOEM版と抱きあわせにできるってことだけなんだし。

 それに、あたしゃ電話自体が嫌いなんだ。(^_^;) 電話かけると思うだけで、ストレスたまるんだもん。

 それにしても、物理フォーマットって、こんなに時間かかったっけ? いま、ふつうに250GBとか実装してるでしょう?あれって、どのくらいかかるんだろう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.06

ウィッシュボーンの火焔豆

 パーツ館で料理のレシピをやるのははじめてだな。

 じつは、昔は調理師免許も持ってたプロで、調理暦は30年近かったりするのだ。18歳のとき、文筆業で食っていけるかどうかはわからない→ 食えなかったときにそなえて、手に職をつける→ それなら、いつの時代もすたれない調理関係がベター と考えて、中華料理店で働きだしちゃったんだよね。就職も最初は居酒屋だったし。これには光瀬さんとの秘話があるんだけど、それはまたべつの機会に。

 とにかく、そのせいで、いまでも料理は頻繁につくる。今回のはチリコンコン(チリコンカン、チリコンカルニ)から発展した「ウィッシュボーンの火焔鍋」というオリジナル。チリコンとの違いは、あくまで豚肉を使うのと、フレッシュトマトも入れるのと、そこらのチリコンよりかなり辛くすることくらい。

 基本は故・荻昌弘師の名著『男のだいどこ』にあるポークビーンズのレシピで、これにL・A・モース『ビッグボスは俺が殺る』『トリプルX』などに出てきたチリコンをイメージして、アレンジをくわえたもの。この2冊は最高のハードボイルドだったのに、いまは絶版みたいだね。もったいないもったいない。

 まず、下ごしらえとして、白インゲン2カップを水でひと晩もどしておく。

 煮込むだけで6時間かかるので、食べる時間から逆算してスタート。たまねぎ2個、にんにく3片、もどした鷹の爪3本を粗みじんに切り、北京鍋に植物油とバター半々をたっぷり入れ、それを弱火でしんなりするまで炒める。キツネ色にするかどうかは好み。

 北京鍋に水たっぷりを入れて沸騰させたら、大鍋にうつす。ここに白インゲンを入れて、かるく沸騰させておき、豚挽肉300gを生のまま投入。つづいてイタリアのトマト缶1個も。ベイリーフ、黒こしょうの粒5~6個、鷹の爪をもどしたときのお湯も入れて、この状態でごく弱火にして、3時間煮込む。

 トマトもたまねぎも原型をとどめなくなったら、豚バラ肉塊500gをひと口大に切って、これも生で投入。生にこだわるのは、この料理は「あくも味のうち」という発想だから。『男のだいどこ』の当該ページをすこし引用させてもらうと、「仇討と投縄以外何の能もないカウボーイだってやった料理だものな」ということだから、「あくをひく」などという行為は御法度なのだ。

 ここで1時間煮たら、フィニッシュにかかる。つまり、チリパウダー適宜を投入。全体量と好みに応じて。きのうは3分の2壜入れた。昔はここにレッドペッパーも投入していたが、さすがに体調がおかしくなるほど辛いので、ここ5年くらいは入れていない。

 つづいて、生トマト1~2個の皮をむいて、みじんに切り、投入。生ハム4~5枚もちぎってつっこむ。ほかにベーコン、サラミ、ポルトガル・ソーセージなんかを細かく刻んで入れてもいい。

 この状態で、あと2時間煮込んでできあがり。

 パンと食べてもいいけど、うちではまずご飯にかけるのが習わし。とにかく、ウィッシュボーンさんがつくった、あの雰囲気にしたいから。日本カレーの要領で、火焔豆をかけて、それにたまねぎのスライス(ぜったい水にさらさないのがコツ)を載せて食べる。フェーバー隊長かロディになった気分で。ほら、ふたりとも、ウィッシュボーンさんのつくった料理はまずいって、いつもいつもいってたでしょう? あの感じね。

 なお、トッピング品としてはとろけるチーズ、生トマトのみじん切り、レタスの千切り、ゆでたまごなんかも好適。

 きのうは思いつきで、芽キャベツをざっとゆでたのを載せてみた。ブラジルでフェジョアーダを食うとき、ケールの葉っぱを炒めて載っけるんだけど、それにヒントを得たもの。これも非常によくあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.05

J開幕、PC開腹

 いつものベタなタイトル。

 Jリーグ開幕戦はうちの勝ち。まる2年ぶりくらいに、持ち味の「のらりくらり戦法」が見られたぞっと。(^^) レッズの3番はすくなくとも5試合くらい出場停止にしないと、おさまらないな。

 それにしても、テレビであれだけ鮮明かつアップで反則シーンをうつしたのは、Jでは初だと思うぞ。それも2度つづけて。TBS偉い。

 もちろん、勝ったといっても、34分の1勝だけだ。今年の優勝ラインは勝ち点62くらいか。半端だけど、18勝8分8敗って計算。とりあえず、相手の自滅を待つという本来のサッカーをしていれば(笑)おのずと道はひらける。きょうのMVPは曽ヶ端。

 あと、岩政がいいね。存在感ある。秋田の穴がようやく埋まったって感じ。東京学芸大の数学科だっけ? これは戦力になるぞ。そーいえば、けさのスポニチに「新“鹿島の壁”は金髪・岩政」って記事も載ってた。

 さて、PC開腹。最近はとーこちゃんが家にいて、自分の部屋でもテレビを見たいということになった。前はあったんだけど、じゃまだっていって、かなり前に捨てちゃったんだよね。ついては、新規に買うか、PCで見るかってんで、とりあえずきょうTVチューナーボードを入れてみた。

 例によってヤマダに在庫があるやつを、適当にみつくろってきたから、画質的にイマイチだと思うんだけど、本人はそれで充分というので、いちおう一件落着。

 しかし、最近は開腹しても、ぜんぜんトラブルなく動いちゃうんで、どうもつまんない。ほんの数年前までは、あんなにトラブル多かったのにねえ。

 きょうはこれから(正確には2時からはじめてるけど)久しぶりにチリコンコンをつくる。それにシュラスキーニョ、サラダ、なぜかご飯。(^^ゞ ま、ウィッシュボーンさんがつくってたような料理だ。だから、自分ではこのチリコンコンは「ウィッシュボーンの火焔豆」と呼んでいたりする。(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.04

Mission complete!

  朝、SS1with WKでおなじみ、スケールド・コンポジッツ社のサイトに行ってみたら、Congratulations Steve! の文字が踊ってた。おお、成功だ。みっしょん・こんぷりーと!

 なにをやっていたかというと、単座・単発エンジン・1機での無着陸・無給油世界一周飛行にチャレンジしていたのである。スケールド・コンポジッツ的にいうと、こうなる。

one man  one plane  one world.

 スポンサーはSS1+WK以来、蜜月関係にあるヴァージン・アトランティック。というか、そのオーナー、リチャード・ブランソン氏。あの熱気球のなかの人ね。(^^)

 使用した機体はSCのグローバル・フライヤーGlobal Flyerという、これもルータン好みの3胴機。まだ写真のギャラリーは開設されていないので、イラストだけど、こちらに。ほかに、ホームに何点かちいさい写真が掲載されている。

 この機体で2月28日にサリナ飛行場を飛びたち、東まわりで60時間強のフライトののち、同じ飛行場にもどった。パイロットはスティーヴ・フォセット氏。60歳。冒頭のSteveさんね。この年齢だと、SCのパイロットかな? 飛行距離は3万7000kmほど。

 くわしくは、上記サイトか、午後には日本のマスコミにも出てくるかも。ひこーきおたくがいるらしいMYCOM PCWebが狙い目かな?

 じつは、このチャレンジのことを知った先月あたまには、サイトのキャッチコピーが「80時間世界一周」になっていて(って、もちろん英語でだけど)、ヴェルヌのフレーズはまだ生きてるのか~と、妙なところで感心したりしてたのだった。

 で、てっきり80時間のフライトと思いこみ、「それならきのうの午後か夜に日本上空に到達するのかな? たぶん北海道をかすめる程度だと思うけど。それならパーツ館のネタになる」ってんで、待ちかまえていたのだ。でも、実際には当初計画でも65~70時間のフライトだったらしい。ちゃんとプログラムは読みましょう。(^_^;)

【追記】

 MYCOMより先に、本社の毎日新聞から速報が流れた。ここ

 おお、SC社サイトでは60hour+となってたけど、67時間だったのか。すると、ほぼ計画どおりなわけね。パイロットは冒険家だそうで、数年前には熱気球で世界一周したらしい。やっぱり熱気球のなかの人だったのか。あ、ヴァージンの会長のライバルだった人か。熱気球による無着陸世界一周レースの勝者だ。思いだした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.03

ひ、ひ、Puffy!

 けさいちばんウケた話。

 例によって朝ワイドのCX『めざましテレビ』とTBS『ウォッチ!』を交互に見ていたら、『ウォッチ!』のほうでスポーツ報知の「パフィー&民生が世界でCM」という記事を読みはじめた。この時間は木村郁美アナとラサール石井のコンビ。

 記事はPuffyと師匠の奥田民生が、スマトラ沖地震・津波被害の支援CMに出演するという内容で、なぜ依頼がきたかというと、前にパーツ館でも紹介したアニメ『Hi Hi Puffy AmiYumi』が全米で大ヒットしているからとのこと。

 ここまではいいんだけど、この記事を読んでいた木村アナが、最後に出てくる「Hi Hi Puffy」を「ひ、ひ、ぱふぃー」と発音しちゃったもんだから、スタジオじゅう大騒ぎになっちゃった。(^^;;;

 立って読んでいた木村アナは思わずしゃがみこんじゃって、小林まややアナは笑うに笑えず顔がひきつりっぱなし。メイン司会の土井アナはおもしろがってつっこむし。

 さすがに、いつも冷静な木村アナはすぐ立ちなおったけど、ふだん完璧な英語をウリにしてる人だけに、内心は相当なショックをうけたんじゃないかな。(^^;;;

 これでいっぺんに目がさめまちた。

 ところで、その『Hi Hi Puffy AmiYumi』が、日本でも4月にCSのPPVでオンエアされるらしい。「カートゥーン・チャンネル」でのオンエアは予想どおり11月からとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

intelのデュアルコアって(^^;

 パチもんじゃん。恐ろしいことじゃ。(^^;;;

 PC Watchの連載「後藤弘茂のWeekly海外ニュース」で開催中のIDFで発表されたintelのデスクトップ用デュアルコアCPU「Smithfield(スミスフィールド)」の速報を伝えてる。「間に合わせ的なIntelのデュアルコアCPU」というタイトル。

 こいつはすごいや。たしかに1チップにダイがふたつ載ってるけど、それだけ。両方のコアの連絡はなしというか、べつべつのFSBになるんだって。つまり、デュアルコアにするメリットがない。

 しかも、これだと発熱はPrescottと同等ってことになる。ほぼ同じコアだそうだから。そうなると、デュアルコア化するメリットのひとつ、熱対策も期待できないわけ。痛いなあ、これは。せめてPen-MのコアDothanをもってこいよって感じ。あっちのほうがはるかに優秀なんだから。

 しかも、intelちゃん(ああ、「ちゃん」づけになっちゃったよ(^^; )はこのパチもんを「デュアルコアだ!」といって押しとおすために、デュアルコアの定義のほうを変えちゃったぜ。豪腕だな。力ずくで押したおしておいて「どうだ、デュアルコアって呼べ!」っていってるわけで。すごいね。強烈すぎ。(^^)

 やー、AMD部隊にはいってて、ほんとによかったよ~。6年前、AMDに乗りかえたのは、たんにコスト・パフォーマンスの問題だったけど。もしそのままintel使いだったとしても、今回のこの詭弁には、とてもついていけないもん。

 もっとも、そのまま使ってたはずがないか。820チップセットにはじまってPrescott、Grantsdaleにいたるまで、ここんとこずっと自分でコケつづけてるし、一方でAMDは連戦連勝だからな~。

 ま、いいや。そのAMDは例によって裏IDFを開催して、「これがほんとのデュアルコア」ってのをきちんとデモしたそうだ。同じPC Watchの「AMDがデスクトップ向けAthlon 64のデュアルコア製品をデモ」っていう記事。

 デュアルコア導入も、またわが陣営が圧勝みたいだね。(^^)v

 というより、開発期間だけとっても、AMDがたっぷり4年かけたのに対して、intelちゃんは1年弱らしいから、勝負にならないってのが正しいか。(^^)

 いいこと思いついちゃったぞ。Smithfieldは「Athlon 64の互換チップ」って呼ぶことにする。個人的にそう決めた。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.02

こんなところに山形さん、小森谷さん

 競輪、グレード戦の合間をぬうかたちで、一般戦をあちこちでやってるが、どうもイマイチおもしろくない。なので、きのうは青木治親の初優勝がかかった川口の一般戦を、きょうは浜松のGII春スピをかけてるんだが、いつの間にか司会・実況アナが山形美房さんに変わっていた。

 山形アナっていうと、やっぱりテレビ埼玉『BACHプラザ』、次に川口オートのグレード戦の司会・実況ってイメージだったけど、いまはどっちも堂前英男アナにゆずってるから、見たのは久しぶり。

 山形アナも朝ワイドのレポーターやったり、あちこちで仕事してるのね。そうか。たしかもと静岡放送だったっけ。だから、浜松もテリトリーなのかな? ふだん、オートレースは川口>飯塚>船橋>山陽の順で見てて、浜松は年に1~2度だけだから、気がつかなかったらしい。

 わ、解説は報知の伊藤記者じゃん。まだやってたのか。ま、この人は赤○記者と違って、理路整然としてるからいいや。

 そーいえば、さっき小森谷徹さんも見たぞ。

 最近、とーこちゃんが家にいるので、昼食のあいだ、昼ワイドなんかを見ることがあるんだけど、いきなり小森谷さんが出てきたんで、びっくりした。

 小森谷さんといえば、TCKこと大井競馬の中継の名司会者。で、たしか本職は俳優だったと思ったんだけど、昼ワイドのレポーターもやるんだ。知らなかった。考えてみれば、けっこう見た目もいいから、ウケがいいのかも。w

 というわけで、まもなく#33333。(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.01

阿部ちゃん、復帰

 めずらしく、サッカーの話題を。

 けさ、いつものようにPCを起動すると、妹からメールがはいってた。もと鹿島・浦和で、昨季はアルビにいた、MFの阿部ちゃんこと阿部敏之が、5年ぶりになるかな、鹿島に復帰することになったという。

 妹はもともとレッズの追っかけだったんだが(それほど年齢のはなれていない妹だから、「いい年こいて」だ(^^;;; )、レッズに移籍したとたん阿部ちゃんのファンになり、おととし、ベガルタに在籍してたころは、わざわざ仙台まで追っかけたという実績の持ち主だったりする。自分の長男と5歳しか違わない選手の追っかけするかな、ふつう。(^^;;; ま、私の妹だからとーぜんといえるかもしれないが。

 じつは2月はじめの宮崎キャンプ開始から、ずっと練習に参加してたんで、しょっちゅう安否報告ははいってたんだけど、ようやく正式に決まったって。オフィシャル・サイトより早くはいる情報源っていったい……(^^;;;

 私としては、レッズが2部降格になったとき、室井といっしょに「地元浦和のチームの役にたちたい」ってんで、自分から出ていった選手だから、「もどってこなくていいよ」みたいな気もすこしするんだけどさ。ま、妹の贔屓選手なんで、「しょうがね、入れてやるか」って感じで。あたしゃアントラーズのオーナーか。(^_^;)

 いちおう、選手としては、いいもの持ってたからね。最初に「そっちに阿部っていういい選手がいくから、よろしく」っていったのも、こっちからだったし。本人のやる気しだいしゃ、いま代表の10番つけてたっておかしくない逸材だったわけで。あそこで片瀬那奈に……いや、すぎたことでした。なんか、ぜんぶ過去形だな。(^^;;;

 だから、サポーターのなかには、すこし釈然としない人もいるとは思うけど、ここはまあひとつよろしくってことで。また世話しましょう。ボランチからトップ下まで、器用にこなせるしね。フリーキックも相いかわらずいいもの持ってるし。

 なお、アントラーズの正式リリースはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »