« 完全休養日 | トップページ | 鈴木誠が14年ぶりV! »

2005.03.21

世紀の対決!

 日本選手権決勝はすごいメンバーになってしまった。

1 村上 義弘 30歳 京都 73期 逃  予1、ゴ3、準1
2 吉岡 稔真 34歳 福岡 65期 逃  予8、二1、準1
3 伏見 俊昭 29歳 福島 75期 逃  予6、二1、準3
4 合志 正臣 27歳 熊本 81期 追  予7、二2、準2
5 小嶋 敬二 35歳 石川 74期 逃  予1、ゴ2、準3
6 内林 久徳 41歳 滋賀 62期 追  一2、二2、準2
7 後閑 信一 34歳 群馬 65期 両  予1、ゴ6、準1
8 鈴木 誠   39歳 千葉 55期 追  一1、二1、準3
9 武田 豊樹 31歳 茨城 88期 逃  予4、二1、準2

 もうだれがきてもおかしくない。しかも、当代の先行屋ベスト5が勢ぞろい。いまから歴史にのこる名勝負になることが約束されてる。きょうは午後4時からテレビ東京系で地上波の放送もあるので、ぜひ見てもらいたい。ルールがよくわからなくても、競輪のすさまじさは伝わってくると思う。

 というわけで、すこしくわしく説明すると、上の表で「逃」と書いてある選手が先行するタイプ、つまり自分でレースを組み立てていこうというタイプ。「両」と「追」はその先行型についていくタイプ。

 この両タイプが、基本的に地区などで途中までチームを組む。これが「ライン」。今回は先行型が5人もいるので、ラインが2人ずつ4チーム、単騎で走るのが1人の、下記のような組みあわせになる。

   5
16 24 38 97

 このラインは前日に「コメント」というかたちで公表されて、変更はあまりない。今回は5の小嶋が単騎で、ほかの先行4人にマークがつく「細切れ」型のレースになる。ただし、各ラインのならびがこうなるかどうかはわからない。これは私の「展開予想」。のこり1周半時点で、どういう順番に走っているかの予想になっている。

 で、いちばん前でレースをつくるのが先行型の正当な戦い方(正攻法)で、これを「主導権をとる」という。今回、主導権をとりそうなのは1の村上。この選手はいま「先行日本一」と呼ばれる、いってみれは先行マニア。

 しかも、ラインを組むのがふだんから家族ぐるみ、いちばん親しくしている先輩のウッチーこと内林で、ウッチーはかねがね「ダービーこそGI、一度はとりたい」と公言しているから、後悔しないためにも徹底先行でいくと見た。

 競輪は追いこみ型の展開が有利なので、そのうしろ、前から3番めの位置は非常に有利になる。だから、ここをとりたい選手が多い。今回、捲りでは勝負にならなさそうな2の吉岡が、ここをとりにくると読んでいるんだけど、単騎で自在に走れる小嶋もこの位置にはいりたいはず。それで、この位置をめぐってふたりのバトルになる可能性が高い。これはほかの先行型ふたりにもいえること。ただ、伏見も武田も、今回は捲りに自信がありそうなので、後方からの戦いになると判断。

 もちろん、武田がかましに出て、主導権のとりあいになるケースもあるし、展開ひとつとっても、どうなるかはわかんないんだけどね。でも、武田は勝ちを意識するあまり、後方待機だと思う。

 で、展開はそうなんだけど、だれが勝つかとなると、はっきりいってわかんない。(^^;;;

 通常、GIの決勝は調子のいい順にふたりの折り返しというのがきやすいと思っているんだが、今回は調子いい選手が多すぎ。だれもはずせない。合志がいちばん不人気だと思うけど、その合志がとる可能性だってある。鈴木まこちゃんも地元だし、333バンクを知りつくしてるし、むしろくる可能性は高いかもしれない。

 こうなると、あとは夢を追うしかない。夢っていっても、大穴狙いじゃないよ。勝たせたい選手からということ。

 ここでいちばん勝たせたいのはウッチーだ。ウッチーのダービーに対する思いは上で紹介したとおり。だから、

 6-1、6-5

 次に勝たせたいのは鈴木まこちゃん。

 3=8、8-5、8-7

 以上6点でどうでしょうか?

|

« 完全休養日 | トップページ | 鈴木誠が14年ぶりV! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/3377476

この記事へのトラックバック一覧です: 世紀の対決!:

« 完全休養日 | トップページ | 鈴木誠が14年ぶりV! »