« 今週末のNISSEN号 | トップページ | 特撮系小ネタをいくつか »

2005.04.28

病気が出た

 といっても、痛風じゃない。ある意味、もっと始末が悪いかも。小説を書きたくなっちゃったのだ。

 毎月、小説を1冊ずつ刊行していて、さらに小説というと、なんだかおかしいと思われるかもしれないが、アレとこの病気とはべつ。アレは翻訳だから、完全なオリジナルじゃないわけで。

 松谷先生も生前、『逆層』とか短編集『アレキサンドリアの女』とかを上梓されていたが、似たような欲求不満があったのかもしれない。

 私の場合、欲求不満が高じたというより、思いつきが大きいから、やっぱり病気だけどね。いきなりくるんだ、これが。

 といっても、アレで慢性的に忙しいから、しぱらくこの病気からは遠ざかっていられたんだけど。なんと、20年ぶりの発症である。

 でも、火がついちゃったら、しょうがない。近々に時間を捻出できるかなあ。

 とりあえず、マンション管理組合の臨時総会を乗りきるまでは無理だから、6月以降。7月中旬の締切ぶんをしゃにむにかたづければ、4~5日の余裕ができるかもしれない。

 さいわい、今回の病気では、プロローグから最後のシーン、最後のひと言まで、一瞬にしてひらめいたもんで、細部をこねたりする必要はない。というか、もうこねちゃった。とりあえず、プロットをメモしておけば、第1稿は250枚くらいでいいから、4日もあれば書けるだろう。いざとなったら、ブログ休めばいいんだし。w

 よし。がんばって7月中旬までにあと2冊ちょっと、かたづけちゃうぞ。

 あ、だからといって、アレもいっさい手はぬきませんから。いつもどおり。粛々と。(^^ゞ

|

« 今週末のNISSEN号 | トップページ | 特撮系小ネタをいくつか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/3892953

この記事へのトラックバック一覧です: 病気が出た:

« 今週末のNISSEN号 | トップページ | 特撮系小ネタをいくつか »