« 神山が20億円プレーヤーに | トップページ | 街道練習をためす »

2005.04.24

真っ向勝負

 ゆうべマンションの理事会、けさは同じく大規模修繕工事の説明会があって、おちつかないところにもってきて、朝8時からMXテレビの『ガリレオチャンネル』ツェッペリンNTの巻を見ないとならない。それで、日曜だっていうのに6時すぎにはもう起きちゃった。(^_^;)

 でも、そのおかげで、見られたのですねー、『交響詩篇エウレカセブン』を。朝7時からTBS系。こないだから、TBSのサイトで見つけて、気になってたもんで。

 これは真っ向勝負。なんとなく『ザブングル』を思わせる雰囲気があるけど、ここまで直球一本で押してくるアニメは、久しぶりに見た気がする。王道といってもいいかもしれない。なんというか、「傑作になると予定された作品」みたいな感じ。

 残念ながら、今回は第2話で、最初からは見逃しちゃったけど、しばらくはまったりと見つづけるかも。公式サイトはこちら

  『エウレカセブン』がおもしろかったんで、次に余勢をかって『魔法戦隊マジレンジャー』も見る。こちらは初見じゃなく、5話あたりにつづいて2回め。前回はあんまり気にしなかったけど、これも久しぶりにスーパー戦隊路線の王道で勝負してるって気がついた。

 私にとってスーパー戦隊シリーズは『デンジマン』にはじまり、『ゴーグルV』と『ダイナマン』で頂点をきわめ、『オーレンジャー』と『カーレンジャー』、とくに『カーレンジャー』で頂点をつきぬけて 向こうの世界に行っちゃって、それで燃えつきた感じだった。とくに、近年のイケメン路線はつきあいきれなくて。

 それが、去年の『デカレンジャー』から、原点回帰みたいな方向に動きはじめたように思っていたら、また傑作が生まれつつあるみたいだ。

 これは……おもしろいよ。(^^) 久しぶりにDVD買うだな。(^^)v

 公式サイトはこちら

 さて、ついで。午後のアントラーズ対ジュビロは王道同士の伝統の大一番。ただでさえ必見なのに、今季は明暗がはっきりわかれているぶん、安心して見ていられた。午後の予定を早めにきりあげて、帰ってきたかいがあったというもの。

 それにしても、相手が磐田だと、やっぱり楽させてもらえない。たてつづけに2点先取した時点では温泉気分だったのが、興奮は暗雲たれっぱなし。ただ、15分くらいかな? フリーキックとシュートが2本つづけてゴールポストに嫌われたでしょう? あれで勝てると思ったね。

 ただ、鈴木がいないと挑発作戦が使えないし(爆)、滞球作戦も許してくれる相手じゃないから、その意味では最後まで楽しませてもらった。

 これで2位とは勝ち点差5。序盤で7になると、ずいぶん楽になるんだけどね。でも、いまは負ける気がしないからなあ。ほんとに岩政が定着したことで、守備が安定したもんね。

 磐田ではやっぱりカレンが楽しみ。

 試合結果はこちら

|

« 神山が20億円プレーヤーに | トップページ | 街道練習をためす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/3836436

この記事へのトラックバック一覧です: 真っ向勝負:

« 神山が20億円プレーヤーに | トップページ | 街道練習をためす »