« 反省しきり | トップページ | 今週末のNISSEN号 »

2005.04.27

街道練習でもがく

 そーいうわけで、手はじめに比較的近いところとして、加須インターから久喜インターまでの約18kmを走ってみることにした。地図でいうと、このあたりになる。

 あくまで加須から久喜。いちばん近いなら、久喜インターからどっちか方面に走ればいいんだけど、それだと早々にめげて中止する可能性があるので(TnT) いったん加須まで行くことにしたわけ。自分をぜんぜん信用してないなー。

 それに、いつもの葛西用水わきを通れば、加須インターまで30分かからないし。

 街道練習となると、装備もそれなりにととのえなければならない。ヘルメット、ゴーグル、グラブなど、フル装備にくわえて、パンツも専用のレーサーパンツを着用。これにシマノのビンディング・シューズを履けば、格好だけはプロ仕様である。とーこちゃんには「私が結婚した人と違う」といわれたが、街道練習だからしかたない。

 自転車がATBなのに、重装備すぎると思うかもしれないが、街道練習で事故にあい、ヘルメットをかぶっていなかったために死んだ競輪選手もいるのだ。

 さて、ほかに工具なんかを入れたウエストバッグなど、ふだんの装備も持って、スタート。加須インターまでの12kmはもう通いなれた道である。

 そこから、高速の側道にはいって、しばらく進むとインターが見えてきた。ここで、道の左右どちらを走るかが問題になる。久喜に向かって右の道は、ひろいが交通量が多い。左は細いかわり、車があまり通らない。

 なので、まず左をしばらく進んだが、これが失敗で、どんどんインターから遠ざかったあげく、また葛西用水にもどっちゃった。(^_^;)

 そこで、こんどは右側の道でやりなおし。こんどは快調に走れる。車は多いが、ここで街道練習する人が多いせいか、ドライバーも慣れたものだ。久喜の街中とか、皇居周辺とかを走るより、とりあえず安全みたいな気はする。

 そのかわり、もがきがきつい~!(^^;;;

 うしろからくる車に迷惑かけちゃまずいから、ある程度の速度を維持する必要があるのね。私の場合、時速20km。ATBでこの速度を維持しつづけるのは、けっこうきつい。いや、かなりきつい。

 ギヤを上げれば多少は改善するとわかっているけど、それじゃ練習にならないから、通常のギヤ位置で走っていたところ、20分もすると脚がぱんぱんになってきた。それでも、休む場所はない。給水もできない。

 途中、加須はなさき公園で休憩しようとも考えたが、久喜までまだ距離があるので断念して、とにかく18kmを走りきった。所要時間45分。いやー、このもがきは正直きつかったっすよ~。(^^;;;

 あと、クールダウンしながら家に帰るのも入れて、しめて2時間ちょいで35kmを走ったわけだが、翌日は脚だけでなく、全身が筋肉痛になった。とくに腕。先日、60km以上走ったときはなんともなかったから、いかに街道練習が効くか、よーくわかった。

 次は葛西用水でもっと練習を積んで、久喜インターと岩槻インター間にチャレンジしてみたい。いつになるか、わかんないけどね。

|

« 反省しきり | トップページ | 今週末のNISSEN号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/3878936

この記事へのトラックバック一覧です: 街道練習でもがく:

« 反省しきり | トップページ | 今週末のNISSEN号 »