« 十日町の春1 | トップページ | 青木治親、悲願の初V! »

2005.05.07

十日町の春2

 4日は市内をうろつきまわった。当初は20kmくらいのウォーキングを考えていたんだけど、地図がなくて。(^_^;) ふだん、そーいうときはネットから落とすわけで、だから用意していかなかったのだ。

 ところが、ダイアルアップでネットにはいってみると、これが猛然と遅い。(;_;) 猛烈に遅いのをはるかにこえて遅い。必要な地図を呼びだすまでに1時間はかかりそうなので、これはあきらめて、土地勘のある市内歩きにきりかえた。

 ほんの4年前くらいまで、56kモデムを使ってこの転送レートで通信やってたんだよね~。ブロードバンド化の恩恵というのはものすごい。それだけでもう孫正義は偉いのだ。

 閑話休題。

 当初はひとりだけか、とーこちゃんとふたりで行こうと思っていたところ、義兄Yの奥さんSちゃんも最近はウォーキングにはまっていると知り、結局義兄一家もいっしょに歩くことに。

 町をひとまわりしてみて、あらためてわかったが、去年の中越地震の後遺症はまだまだ数多くのこっている。ちょうど雪が消えて(まだ多少はあったけど)春の訪れとともに、全壊した家の再建工事があちこちではじまったため、よけいそう思えたのかもしれない。それでも、市役所のすぐそばに倒壊したままいまも放置されたままの倉庫があったり、あちこちにこういう廃材の山ができてたり。

hizay01

 個人の家なんかはプライバシーに関わるんで撮影しなかったけど、雰囲気はおわかりと思う。

 いまは全半壊した家から優先的に工事を進めているとのことで、壁に多少ひびがはいったとかの「軽傷」はあとまわしだそうだ。そういうものまでふくめると、復興にはまだまだ時間がかかりそうである。

 十日町ではようやく雪が消えたといっても、じつは春にはまだまだ遠いのだ。

 被害が比較的にすくなくすんだ十日町でもこれだから、小千谷や長岡はもっとたいへんだと思う。

 念のため、いちおう新潟県の義捐金受付はこちらから。

(つづく)

|

« 十日町の春1 | トップページ | 青木治親、悲願の初V! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/4019952

この記事へのトラックバック一覧です: 十日町の春2:

« 十日町の春1 | トップページ | 青木治親、悲願の初V! »