« 青木治親、鈴鹿8耐に復帰! | トップページ | Socket A 引退 »

2005.05.30

ウルトラマンマックスの全貌が明らかに

 ふにゃ~。臨時総会を乗りきって、緊張の糸が切れたらしく、なんにもしたくない感じ。とりあえず、午前中は仕事になんないや。

 そのかわり、ブログ用のネタはいろいろあったりして。

 で、マックスなのですね。28日、『ウルトラマンネクサス』のあとに15秒スポットが流れた。 先週も流れたのかもしれないけど、チェックしてなかったもんで、初見は28日。

 でね。いいよ、これ。マックス。すごくいい。

 原点回帰ってことで、デザインや造形が前作から「もとにもどった」感じ。 かんじんのマックスのデザインも、もとのユニヴァーサル・デザインにもどった。前作が失敗した原因として、ネクサスはじめウルトラマンたちのデザインが悪かった点があげられると思うので、修正してくれてうれしい。

 それをふくめて、この15秒スポットを見るかぎり、ほとんど文句はない。あとは安上がりなCGにたよらず、どこまでミニチュアワークや光学合成でできるかにかかってると思う。

 このスポットはCBCの『ウルトラマンマックス』トップページから「マックスの映像」にはいっていくと見られる。ほら、このガボラみたいな怪獣の背中、なかなかいいでしょう?

 さて、 ほかにも過去の怪獣を登場させるなど、原点回帰を謳うマックスだけど、キャストを見ると「トミオカ長官」役で黒部進、「ヨシナガ教授」役に桜井浩子さんと、「あの」おふたりも復帰する。桜井さんは数年前から円谷芸能部の所属になっているし、黒部のおやじさんはレナ隊員が結婚した前後から、すっかり悪ノリモードにはいってるから、それはいいんだけど、制作サイドとしては、すこしやりすぎのような気もする。

 もうひとつの原点回帰として、この「ヨシナガ教授」なんかを見てもわかるとおり、隊員など主要登場人物名がカタカナ表記になっている。これは『マン』『セブン』『ティガ』あたり、ヒットしたシリーズにあやかってのものだろう。子供向けなんだから、これも美しき流れといえる。たださ~、ヒロインのコイシカワミズキはちょっと読みにくいんでないかい?(^_^;)

 あと、あの数奇な運命をたどったフォルダー5の満島ひかりさんが、アンドロイドのエリー役で登場するらしいが、このへんもちと不安がのこるかも。

 ウルトラ・シリーズのアイドルといえば、たとえば『ダイナ』のハネジローなんかのイメージなもんで。orz

 そーゆー意味では『ウルQdf』のガラQはとってもよかったぞ。(^^)

|

« 青木治親、鈴鹿8耐に復帰! | トップページ | Socket A 引退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/4337833

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラマンマックスの全貌が明らかに:

» 新番組『ウルトラマンマックス』の満島ひかりって… [私的趣味世界]
現在TBS系にて放送している『ウルトラマンネクサス』の後番組が決定した。 7月 [続きを読む]

受信: 2005.06.02 12:55

» 新しいウルトラマン ウルトラマン・マックス [outlandos d'amour]
 子どもと一緒にウルトラマン・ネクサスを見ているが、これがどうにもこうにも馴染めない。見ていてうんざり。面白さを感じない。  同じように感じている人は、どうも私だけではなく、大勢いるようだ。web上では、ウルトラマン・ネクサスの打ち切り説までもが出てい...... [続きを読む]

受信: 2005.06.04 16:07

» ウルトラマンの珍怪獣? [いろいろな物事の見方…]
新ウルトラマンで歴代怪獣が復活(Yahoo!News)  ウルトラマンってまだやっていたのか、というくらいのレヴェルでしたが、また新たなヴァージョンが誕生するようですね。  それはさておき、このYahoo!Newsの記事が何とも面白かったです。 「バルタン星人ら有名怪獣が... [続きを読む]

受信: 2005.06.21 09:10

« 青木治親、鈴鹿8耐に復帰! | トップページ | Socket A 引退 »