« 浜松オート、つづき | トップページ | 《フーデッド・スワン》 »

2005.06.10

自衛隊にGlobal Hawk導入?

 朝日新聞のきのうの夕刊に大きく出てた。アサヒ.comでは「無人偵察機、グローバルホーク軸に導入検討 防衛庁」という記事。

 ふうん。Global Hawkかあ。

 ま、事実上、Predator かこっちかの二択だったわけで、いつものように自衛隊は高価なほうを買うという、40年来まったく変わらないパターンね。でも、G-Hawkは好きだからいいか。プレデターはまた、いかにもちゃちいもんね。安いけど。

 RQ-4A Global Hawkはこんなやつ!

GHawk04

 あるいはこう。

GHawk01

 どちらもエドワーズ空軍基地での撮影。

 ノースロップ・グラマン社製(開発当時はテレダイン・ライアン社)の世界最大の無人機。全長13.43m、全幅35.42m、自重3,469kg、最大離陸重量11,612kg。巡航速度635km/h、巡行高度は20,500mで、最大42時間の滞空が可能。初飛行は1998年2月28日。

 プレデターが全長8.13m、全幅14.85mだから、どのくらいでかいかは一目瞭然ね。

 この巨大なアタマには、 テレビカメラや合成開口レーダーを搭載していて、基本的にコンピュータにより自立飛行するほか、地上からの指令でコース変更なんかも可能。

 地上にいるとイマイチの印象だが、飛ぶとすごいんです。なかなかに優美。

GHawk05

 ちょっとルータン好みでしょう? ちなみに、スケールド・コンポジッツはこいつの開発には参加してない。記事のなかにちらっと出てくる「イーグルアイ」にたずさわってるだけ。こんな感じで。

 もうひとつ。ストックした写真のなかに、実戦配備中のドイツ、ノルドホルツ空軍基地でのワンショットもあったので、ついでにこれも。

GHawk03

 なお、G-Hawkのデータは『世界の最新兵器カタログ』(三修社)を参考にしている。書いたのはたぶん、野木恵一さん。 また、写真はすべてUSAFのPhoto gallery より。

【追記】
 飛行シーンの写真をあらためて見ているうち、『ハルシオン・ローレライ』(サンリオ文庫)の宇宙船を思いだしちゃったぞ。いや、『ラプソディ・イン・ブラック』(同)の表紙のほうがイメージかな。

《スワン》だっけ?

【追追記】

《フーデッド・スワン》だ! 違う?(^_^;)

|

« 浜松オート、つづき | トップページ | 《フーデッド・スワン》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/4493948

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊にGlobal Hawk導入?:

« 浜松オート、つづき | トップページ | 《フーデッド・スワン》 »