« 6月13日のNISSEN号 | トップページ | NISSEN号、北海道に上陸 »

2005.06.13

鮎とユニクロ

 そーいうわけで、ゆうべは鮎そうめんだった。(^^)

au-so

 そうめんは鮎と食うにかぎるのだ。鮎には蓼酢を少々かけて。

 あと、 そうめんの右にある温泉卵も必須アイテム。 とーこちゃん自慢のとりあわせである。 写真自体は撮影用のレイアウトなんで、 いろいろおかしいところがあるけど、ま、いいや。

 で、きのうは地元のユニクロで数着、 服を買ってから、 さっそくそれを身につけて、街道練習に出かけた。

 ユニクロが売りだしたBody Tech の評判がいいみたいなので、 さっそくためしてみたというしだいである。

 ほかにも買ったのだが、 とりあえずは1990円のドライメッシュ・ハーフジップTというのを着て出発。下は夏用のほとんど総メッシュのレーサーパンツ。

 この格好で、 家からいったん葛西用水に向かい、そこから大落古利根川にそって南下。 春日部市をこえて、 東武野田線「藤の牛島」駅までたどりついて、それを往復。 途中あちこち道草して、 最後にしばらく葛西用水側道でクールダウンしての、 ほぼ50kmを3時間半ほどで。Yahoo!の地図ではこのあたり。

chiz01

 途中、登り坂をのぼりきったところで、どっちに行こうか一瞬だけ躊躇したため、両足の大腿がいっぺんに攣っちゃったりというアクシデントはあったものの、輪行自体はいつもどおりの感じ。

 だけど、このBody Techはいい! すごくいい。

 いままでも、1着8000円以上出せば、こういう素材のウェアはいくらでもあった。 たとえば、今回いっしよに使ったレーサーパンツもそう。だけど、それが2000円というのは、ある意味で革命的といっていいと思う。

 涼しいを通りこして、もう寒いくらいの着心地なのだ。だから攣っちゃうんだけどね。(^^;

 ユニクロのサイトを見てみると、「半袖」 とわざわざ記してあるから、 もしかすると冬用のスポーツウェアも出すのかもしれない。 これは冬場が楽しみだ。 って、とりあえず夏を乗りきらないとならないんだけどね。(^^ゞ

|

« 6月13日のNISSEN号 | トップページ | NISSEN号、北海道に上陸 »

コメント

このシリーズ、ほんとによかったですよー。私みたいな汗っかきだと、夏場のふだん着にもいいかも。とにかく、そこらのTシャツより安いですし。(^^)

投稿: よが | 2005.06.15 08:47

鮎そうめんでしたね!。ユニクロいいね!スポーツメーカーのはどれも高すぎて買えない。ユニクロ行ってみよー

投稿: コバケン | 2005.06.14 18:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/4540300

この記事へのトラックバック一覧です: 鮎とユニクロ:

« 6月13日のNISSEN号 | トップページ | NISSEN号、北海道に上陸 »