« 青木・森が会見(鈴鹿8耐) | トップページ | きょうからふるさと弥彦 »

2005.06.24

チョッピーからZNTへ

 NISSENのチョッピー号はきょう、サービス・フライトをやったらしい。
けこちゃんと、もしかすると飛行船どこさんも見にいったもよう。

 16時30分現在、まだホンダ・エアポートのライブカメラにうつっているが、今夜かあしたあたりには解体され、次の営業地に向かうのだろう。 さもなければ、アメリカに帰るか。 運営しているのは、たぶんAmerican Blimpという会社。

 この会社のサイトは味もそっけもないので、 概要を見るのはこっちのほうがいいかも。

 チョッピー号に変わって主役になるのは……というか、日本で1隻になっちゃうんだけど、ツェッペリンNTだ。

 かなり「いろいろ」な要望が殺到したらしく、ようやく日本飛行船もフライト情報を流すようになった。まだ不十分かつ不親切たけどね。

 それによると、ZNTの7月のスポンサーは(株)シュガーレディになったそうで、ここでデザインなんかを紹介している。

 運行スケジュールその他については……たぶん、 シュガーレディのほうをチェックしたほうが早いと思う。 公式サイトはこちらで、 イベント情報はこちら。 ただし、イベントはまだ準備中。

 それで、 チョッピー号のフライトが終わったので、 特設リンク集はしばらくしたら撤収します。 必要な人は自力でリンクをどうぞ。

 もうひとつ、けこちゃんが聞いていた、ZNTの飛行音について。

 実際に近くで聞いたことがないので、正確にはわかんないけど……ZNTの主エンジン2基は、どうやらTextron Lycoming 社の IO-360という型番らしい。

 で、この型番をもとに調べたら、200馬力のピストンエンジンのようだ。 テキストロン・ライカミング社はピストンエンジンだけしかつくっていないらしいので。

 これをチョッピーとくらべると、 チョッピーの本名(^^) はLightship
A-60Plus といって、グッドイヤー社が運用している2隻(もう1隻あったんだけど、これが先週、墜落した)などと同じタイプ。搭載エンジンはLimbach 2400シリーズと思われる。 やはりピストンエンジンで、出力は80馬力だ。

 つまり、出力だけ見ても、チョッピーのやつの2.5倍はあるということ。

 ただ、ピストンエンジンなので、音はたいして大きくないし、甲高い音でもない。これが、ヘリコプター用のタービンエンジンなんかだと、ものすごい金属音がするんだけどね。

 したがって、ZNTの飛行音は重低音領域が響く、静かだが腹にこたえる音ということになると思う。

 ただ、騒音というほど大きくはない。 コクピット内の客席にすわっている状態で、ふつうに会話ができるそうだから。

 その他、ZNTについては、ウィキペディア英語版のこれ、か、アメリカのファンサイトのここあたりがくわしい。公式サイトもあるんだけど、なぜか動作しないんで。

|

« 青木・森が会見(鈴鹿8耐) | トップページ | きょうからふるさと弥彦 »

コメント

ん、ココみたら「作っている」って書いていたので・・。
http://www.americanblimp.com/

AB社製、、じゃないのですか?
Lightshipは総称じゃなくて?あれやっぱり私ねぼけてるかなぁ(^^;)。
一時の恥ということで・・・。しつこくてすみません。

ぁぁ、チョッピーのエンベローブに触ってくるのを忘れた。
何か忘れてると思ったんだ・・・。
ゴンドラには触ってきたんですけどねぇ。

投稿: けこちゃん | 2005.07.06 18:25

> Lightshipを製造しているABC社の紹介を見るかぎり

 と、前のコメントに書いてますが、これは嘘。(^^;

 あれ? ABC社は運用会社でしょ? 製造しているのが、本文に書いてあるとおり、Lightship社。なにを寝ぼけていたのやら。(^^;;

 それに、いまごろ気がつくっていうのもナンダカナン。(^^;;;

投稿: よが | 2005.07.06 16:23

あっちで地上クルーさんがいってた話ですよね。私も?でした。

Lightshipを製造しているABC社の紹介を見るかぎり、本社はオレゴン州ヒルズボロというところにあるようです。ただ、ここは組立だけで、エンジンをはじめ、主要パーツはドイツ製なのかもしれません。

また、「ワーゲンのエンジン」と同じように、スタッフが比喩的にいってたり、勘違いしている可能性もあります。

いつか、シンゴさんがチョッピー号導入までの話のつづきを書いてくれるかもしれませんので、そのへんに期待しましょう。

投稿: よが | 2005.07.01 09:21

よがさん、ど~もです。相変わらず引っ張ってスミマセン。

で、質問なのですがチョッピーことA60プラスは
ABC製のアメリカの飛行船でいいんですよね?
ちょっと不安になってきました。
飛行船発祥の地はドイツ、製造されたのはアメリカってことで。
とりあえずよがさんのご紹介のサイトでも見てきたのですが・・・。
それとも私の勘違いなのでしょうか?

しかしNTってニューテクノロジーの略って、、、逆にレトロなかほり。。。。

高層圏(成層圏)飛行船、、平和あってのものですねぇ。
人工衛星よりはお金がかからないような記がするのですが、そういうもんでもないのかしら?

投稿: けこちゃん | 2005.06.30 18:16

NTはニューテクノロジーの略で、たとえば主プロペラのとりつけ位置や角度移動、しっぽの第3プロペラの導入や、その使用法、角度移動あたりのテクノロジーがニューだそうです。

たしかに、あれだけでかいと、チョッピー号なんかとは、イメージだけじゃなく、用途も違ってきますよね。それを、いまのところチョッピーと同じようにしか使えないところに、某社のコンセプトのまずさが露呈してるわけですが……それはまあ他人の会社だからどうでもよくて。(^^ゞ

 これからは、日本でも開発してますけど、中高層圏(成層圏)飛行船っていう分野が主流になってきます。ZNTはそこに移行するまでの、中間的な存在になるはずです。おっと、マジな解説になってしまった。(^^;

投稿: よが | 2005.06.29 09:35

はぅぅ~~、
その昔は「けこちゃんは10年早くうまれてくるべきだったな」と言われてましたが。
でも最終的におっとは9才年下です(^^;)。
わしら夫婦のちかくに寄ると磁場が狂うらしい・・・;。

ちゅうことで
チョッピーの写真見て「はぁはぁ」してます。危ない・・・(^_^;)。
ヨーラインが、またなんともかわいいんだわ>チョッピーは。
ZNT(NTってどういう意味ですの?)は
プロペラで離着陸する分「のりもの」っぽいですなぁ。

しかし、あそこのブログ荒れるかなと思ってそういう意味でもドキドキだったけど、無事終了のようで一安心。
でも注目度低いのかなぁとかおもったり(^^;)。
あ、私が言うのも絶対変ですね。ちょっと反省はしてるのです(^^;)。

投稿: けこちゃん | 2005.06.28 16:37

深いって、どの話だろう?(^^; いろいろ心あたりはありますが。(^^;;;

浅川マキは私たちの世代だと、もろデフォですよ。ここによく読みにきてくれる人のなかにも、そのライブに行ったかもしれない人が約1名。(^^)

それで、某所に書いてあった歌詞ですけど、「タバコが好きで」の次は「いつもプカプカプカ」でつ。(^^)

もとは西岡恭蔵という人の曲で、このへんについては、パーツ館1月22~23日の記事をどうぞ。(^^)

http://toyotei.air-nifty.com/toyotei/2005/01/post_20.html

投稿: よが | 2005.06.27 08:54

たぶん、ハンドルネームの数だけあるのかも(^^;)。
なんか使い方まちがってるか・・・。
昨日は浅川マキさんという方のライブに行きました(^_-)
なのでキリバンはふめなかったじょ。

しか~し
よがさんの深さはすごいですね。

あ。スカイメッセージの方はあんまり興味ないのですかい?
(うっ、くだらねっ、朝からスミマセン)
青い飛行機が桶川にいましたですよ。

投稿: けこちゃん | 2005.06.27 08:30

ブログ、見ました。

いったいいくつ顔があるのか。(^^;

投稿: よが | 2005.06.26 14:37

よがさん、いつもありがとうございます。
エキサイトのへっぽこ翻訳でなんとなく見てきました。
にゃるほど、ホンダがエンジン作ったようなものナノかしら。
F1のエンジンなら空とか飛べそうだなといつも見ているんですがねぇ~。

で、妖怪さんのにインスパイアされて。
とりあえず以前作って放置してたブログにつっこみました。
またまた別人格が登場したようです(^_^;)。

投稿: けこちゃん | 2005.06.25 14:07

ワーゲンってのは、間違いとはいえませんが、つくっているのはドイツ系のLimbachという会社です。WVとの関係はここに。

http://home.adelphia.net/~aeroengine/Limbach.html

1970年代にWVのエンジンをベースにして、航空用のエンジンをつくったとあります。

投稿: よが | 2005.06.25 09:15

ちゃんと送信していなかった。ちぇ。
うことでZNTも見てきましたよ。
も~太郎ちゃん橋をバスで渡るときに
といちょっぴーとZNTがぼほ~~んと見えただけで
にゃ~~~となってしまいました。

えとちょっぴーのエンジンはワーゲンって言っていました。>クルーのにいさん。
いや~日本語わからないと言う割には上手いです。
クルーのにいさんの日本語力は
私の英語力の三倍くらいはあると思われます。

でへへ、コクピットの中も見学させてもらったです。
軽自動車くらいしかないのねぇ。
その中からZNTを激写してきましたのら。
ZNTはでかすぎっす。
日本の規格じゃないような気が。
ロゴの目立ち具合はやっぱりチョッピーはスゴイと思います。

チョッピーのカラーリングのデザインをしたのはどなたなのかしら?
名だたる業界のかたのような。
ニッセンの人だったらすごいな。

投稿: けこちゃん | 2005.06.24 19:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/4688685

この記事へのトラックバック一覧です: チョッピーからZNTへ:

« 青木・森が会見(鈴鹿8耐) | トップページ | きょうからふるさと弥彦 »