« 青木治親は9位スタート | トップページ | 招きニャンコ »

2005.07.30

またまた第10惑星発見

 NASAによると、また第10惑星が見つかったらしい。「NASA-Funded Scientists Discover Tenth Plane」というトピック。

 去年のセドナとは違うものの、同じくカイパーベルトの一員らしい。 正式名称はいまのところ2003UB313。 2003年10月21日に発見されていたが、惑星らしいと確認したのは今年の1月8日。以後、半年の観測をへて発表とのこと。

 発見というか、発表したのは、セドナと同様にマイク・ブラウン、チャド・トルヒーヨたちのチーム。 冥王星軌道より外側にあり、冥王星より大きいというが、NASAのコメントでは、直径は2000マイル以下ではないかとのこと。

 セドナこと2003VB12については、ここを参照。

 そうか。 セドナって正式に第10惑星にならなかったんだ。「今回」の第10惑星も、カイパーベルトでは最大の天体だそうだけど、最終的に惑星と呼ぶかどうかはあやしい。

 つーか、 冥王星はどうするんだろう? いまんとこ、惑星になってるけど。歴史的に、冥王星だけは惑星、あとのカイパーベルト天体は冥王星より大きくても小惑星と呼ぶって話も、たしかあったはず。

【追記】
日本のマスコミもトピックを見つけたらしい。 こことか出はじめた。

|

« 青木治親は9位スタート | トップページ | 招きニャンコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/5227875

この記事へのトラックバック一覧です: またまた第10惑星発見:

» 太陽系に第10の惑星、認定すべき? [Mysterious Space 日記]
Planetary Scientists Discover Tenth Planet今日は外出していたが、帰ってきたらとんでもないニュースがあった。早速簡単にまとめておく。 冥王星より外側で回っている大きな天体でも、冥王星より小さければ、これまで惑星として認められなかった。2002年に発見されたク... [続きを読む]

受信: 2005.07.31 00:49

« 青木治親は9位スタート | トップページ | 招きニャンコ »