« 虚空獣、出現せず(^^ゞ | トップページ | ネクサスに文句 »

2005.07.03

マックス振りきった!

 次にデザインや演出。

 演出は……くさい。 オープニングの影絵とか、 巨大すぎる「○○怪獣○○登場」とか、それが原点回帰じゃないでしょ。 正直、演出じゃなく、悪のりといったほうがいいほど。

 これにかぎらず、今回ははじまる前から、悪のりが目だつのが気がかり。 どうも「原点回帰」って言葉にひっぱられすぎているような気がする。 後述するけど、「前回」の原点回帰が、見るも無惨な結果に終わった事実を、忘れないでほしい >円谷プロ。

 第1話は本編も同じ傾向が強かった。 やはりオンエア時に見た友人は、「ネロンガが出てくるかと思った」といっていたが、 そのとおりで、あまりにもベタすぎ。 ま、金子修介という監督は、内輪うけが好きだからね。  これさえなけりゃ、センスはいいのに。

 私はゲドを許さない。(--;

 ただ、演出は監督しだいでもあるし、本来の1話完結(または前後編)にもどった以上、 ほかの監督の作品も見たうえでの評価になるから、とりあえず現時点では、「あんまり悪のりしないでね」としかいえないね。

 造形関係。 マックス自体はもとのユニヴァーサル・デザインにもどって吉。 っていうより、じつはここが、マックスが成功する(と、もう決めてかかっているんだけど)、いちばんの理由になりそうな気がする。

 つまり、前回の原点回帰であるUltra N Projactの呪縛を振りきったのですよ。マックスは。

 ウルトラマンの顔は能面と同じく、 見る角度や陰影のつけかた、物語のシチュエーション、見る側の感情なんかによって、 いろんな意味が読みとれるデザインだったはずなのだ。私が前からいっているユニヴァーサル・デザインというのは、そーいう意味。

 ところが、ノアからネクサスまでのデザインは、シャープさとか精悍さとかを追求した結果、 このデザイン・ポリシーから決定的に乖離してしまった。 だから、 たとえばネクサスの顔では、万人が感情移入できないのだ。 一部マニアはよろこぶだろうけど。

 物語もそう。 ひと言でいうと、複雑すぎ。これじゃ、小学生はついてこられない。

 そのせいで、演出はさらに悲劇的様相を呈する。 その複雑なストーリーを、 未熟な役者陣で描かなければならないというジレンマに、 たえずつきまとわれた。 これは俳優が悪いのではない。初期設定が現実ばなれしていたのだ。

 その結果、どうなったか。 登場人物はロープレのキャラみたいにしか動けず……うわっつらの演技しかできなかった。

 だから、Ultra N Projectは……というより『ネクサス』は惨敗した。もちろん、 内実はまるで違うかもしれないけど、すくなくとも私は見ててそう思った。

 皮肉にも、上で紹介したUltra N Project サイトの解説には、「原点回帰とは、従来のフォーマットをそのままトレースするという意味ではありません」という言葉がある。 ところが、マックスでは初代マン、セブン、それにティガを「そのままトレースする」ことで、訴求力を得ようとしている。

 そーいう意味で、Ultra N Projectは失敗だったし、マックスはこれを振りきったことで、一定の成功がもう約束されたといっていいと思う。

 うー。 重い話を書いちまったぜ。 話を造形にもどそう。

 とにかく、 そーいうわけで、マックス本体のデザインは「並」くらいにもどった。 ティガをはじめて見たときほどの感動はないけど、そこそこの出来。

 怪獣のデザインも、 今回見たかぎりでは、かなりいい。 グランゴンの後脚のとりつけ角度が、従来の四足歩行獣とちょっと違う気がするけど、これは運動性向上のためかも。

 UDFの日本支部基地は、 TPC極東基地を意識したつくり。 あの上部構造、ぜったい飛びあがるにちがいない。 で、アートデッセイ号みたいになるのだ。

 これをはじめ、 UDFとDASHのメカやコスチュームは、ティガのものをはっきり意識した造形になっていた。前にも書いたけど。つまり、かなりいい感じ。

 DASHのユニフォームは、1話の戦闘タイプのほか、ノーマルタイプ、調査タイプその他があるらしい。 調査タイプっていうのは、 前に予告編でちらっと出てた、キャップつきのやつかな?

 このへんは正直いって、ティガを踏襲しておけば、まちがいないと思うよ。

 というところで、 登場する怪獣や宇宙人までふくめ、 成功した過去作品の「いいとこどり」で捲土重来を期するマックス。  くれぐれも悪のりしないで、 おさえたつくりを心がけてもらいたい。

 次はエレキングの巻、 「怪獣を飼う女」っていうタイトル。 ピット星人も出てくるのかな?

 最後に……どーでもいけど、ナレーターの佐野史郎さんは、さすがに「エレキング」を正確に発音してた。「キ」にアクセントがきちゃったらどうしようかと、 すこしどきどきしてたんですけど。(^^)

|

« 虚空獣、出現せず(^^ゞ | トップページ | ネクサスに文句 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/4811102

この記事へのトラックバック一覧です: マックス振りきった!:

« 虚空獣、出現せず(^^ゞ | トップページ | ネクサスに文句 »