« どぜう記念日 | トップページ | Firefox1.0.6日本語版リリース »

2005.07.20

どぜうどぜう

 それで、鍋をつつくとき忘れてならないのは、わりしたの調整。 鍋のすぐ横に、大量においてあるが、鉄鍋はごくあさいため、入れすぎるとあふれるし、油断しているとこげつく。そうならないよう、火加減といっしょに、コントロールしないとならない。

 あと、ねぎはとにかくたっぷり入れる。 というか、盛る感じ。 慣れたお客になると、最後はわりしたでねぎだけを煮て、肴にしてたりするくらいで。 これもうまいんだけどね。

 必須のメニューは以上だけど、たまには柳川なんかも食べると、目先が変わっていい。

 ほかに、いつも注文するのは、味噌田楽、鯉のあらい、どぜうの唐揚げ、骨せんべい、ごま豆腐、鶏の山椒焼きなど。もちろん、ぜんぶじゃなくて、このなかから2~3品。 江戸風卵焼きは甘すぎて口にあわないので、食べない。

 今回はめずらしく、鯨の竜田揚げをためしてみた。これも酒の肴としてはまあまあ。 あとは田楽、鯉のあらいに、ビール4~5本であわせて10k円以内ですむ。 超有名店といわれるわりには、 意外とお安いのだ。というか、神田~上野~浅草界隈の店は、どっちかというと割安感があるんじゃないかな。

 駒形どぜうは本店のほか、昔から渋谷店はあったが、なんとホノルルにも支店ができてるらしい。 ただし、どぜうはなしの、日本食レストランとのこと。自社サイトはこちら。 あ、メニューの一部も載ってるね。

 それで、いぜんに話題にした「こまがた」か「こまかた」かだが、この店にはいると、明確に「こまかた」だとわかる。 たとえば、 上記サイトでホノルル店の暖簾を見れば、一目瞭然。

 Yahoo! では駒形どぜうに「こまがたどじょう」という読みがなをつけているが、完全に間違いである。 この店はあくまで「こまかたどぜう」が正しい。 この一帯は「こまがた」ではなく「こまかた」だ。 すくなくとも、戦前までは。

 ただし、住居表示は「こまがた」である。 駒形堂も「こまがたどう」とルビをふっていた。まともな知識を持たない公権力が、庶民文化をねじまげた、身近な一例である。

|

« どぜう記念日 | トップページ | Firefox1.0.6日本語版リリース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/5061996

この記事へのトラックバック一覧です: どぜうどぜう:

« どぜう記念日 | トップページ | Firefox1.0.6日本語版リリース »