« とーこちゃん絶好調 | トップページ | むぎとろ! »

2005.08.09

マイドキュメントは使わない5

 AD-Target のADには、意味がない。(^^;

 というか、ドライブの先頭にはaccess、3つめにはarchiv という名のフォルダを置きたいんで、そのあいだなら前2文字をad~aqにすればいいから、とりあえずADにしただけ。ただ、ターゲットにはちがいないから、AD-Target になった。

 ま、よーするにフォルダ名は自分で意味がわかればいいわけで。

 このターゲットが、具体的にマイドキュメントのかわりをする。 Dドライブのここを、TwerkUIで「特別なフォルダ」の「マイドキュメント」に指定しておくと、そこから「ひとつ上のフォルダ」をたどるだけで、Dドライブの各種ファイル格納場所に、ワンクリックで到達できる。 バックアップもほとんど自動ですむというわけ。

 AD-Target にはなにも格納しない。というか、目的別とか、種類別とかにわけて、それぞれ専用のフォルダに移動するようにする。 これがファイル管理のコツといえばコツ。

 それから、あとDiskRecorderとか筆王データとか、特別なフォルダにデータを格納したがるアプリがあるでしょう? そーいうのと、ふだん使わないマイビデオやマイミュージックなんかの格納場所として、archivというフォルダがつくってある。

 ここには、ほかにもDLしてきたアプリやパッチ、ドライバなどを保管するDownloadというフォルダも用意してあり、archiv全体で「その他のファイル」をおさめる保管所という位置づけになっている。

 こうしてつくったDドライブのうち、 ふだん頻繁にアクセスするフォルダのショートカットをおさめたものが、震電フォルダだ。 こうすると、デスクトップから2~3クリックで、目的のファイルやフォルダにたどりつける。 はい。 これで直感的に操作できる「疑似UI」のできあがり。

dt05

 Dドライブのルート上のフォルダ21個中、震電にショートカットを入れてあるのは14個。それに上記のDownloadフォルダの計15個。

 Desktop.ini はほんとは表示したくないんだけど、アイコンを変えてるんで、しかたがない。

 AD-Target はいってみれば、途中の乗りかえ駅にすぎないので、ターミナル駅に相当する震電には、もちろんはいっていない。

 なお、いちばん上のaccess というフォルダは、自作ファイル、DLファイルなど以外で、 アクセスする可能性が高いフォルダのショートカット集。 いってみればメンテナンス・ハッチだ。

 具体的には、コントロールパネル、SendTo、alluserと自分のログイン、2種類のスタートアップ、Eドライブのプログラム格納庫、Windowsのsystem32なんかのショートカットを入れてある。

 これにより、事実上マイコンピュータを使わなくても、必要なフォルダにアクセスできるわけで、だからaccess なのです。

|

« とーこちゃん絶好調 | トップページ | むぎとろ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/5375475

この記事へのトラックバック一覧です: マイドキュメントは使わない5:

« とーこちゃん絶好調 | トップページ | むぎとろ! »