« 久しぶりにZNT | トップページ | 10万ヒット御礼 »

2005.10.02

真夏日(--;

 ぎゃっ! 久喜の最高気温、32.3゚cだって?

 どーりで暑いと思った。 なのに、久しぶりに50km超のサイクリングに行っちまったぜ~。(TnT)

 葛西用水の終点から始点までの往復。約54km。終点は久喜にあるけど、始点は羽生市の利根川なのだ。 そのレポートはあした以降にアップします。

 でね、それほど暑いと知らないで、ちょいと給水をミスっちまったのですよ。 具体的には、羽生の始点から鷲宮の町役場まで、無補給で1時間半近く走っちゃった。 これ、覿面に効いたっす。

 すこし後頭部が痛くなったんで、やばいと気づき、すぐ補給して、首筋も冷やしたんで、熱中症はなんとかセーフ。だけど、直後に脚がつりだした。きっと、血がどろどろになってたんだろうね。 痛風が出なくて、不幸中のさいわい。

 ただ、太股がつりだすと、 これはにっちもさっちもいかなくなる。 そ
こで思いだしたのが、競輪選手の練習中のすわりかた。

 競輪選手は練習の中休みのとき、かならず地面にすわって(もちろん、シートは敷くけど)、両膝を上げ、全体を外側に開く。 かんたんにいうと、がに股ですわるというか。 で、上体はすこしうしろに倒して、両手をつくというのが定番ポーズ。

 なぜそうなのか、以前から気になっていたところ、今年にはいって、さとうゆみさんがスピチャンの番組で、選手にその質問をぶつけてくれた。 たしか、藁科軍団のだれかにだったと思う(このへん、ゆみさんだったかもふくめて、記憶が曖昧ですけど)。

 結果、どうやら、このすわりかたが、とくに大腿部の筋肉疲労を緩和するらしいのだ。

 それを思いだして、さっそくやってみた。そしたら、ほんとに一発で痙攣が消えちゃったぞ。 そこで、あらためて筋肉をほぐし、なんとかぶじ家に帰りついたしだい。

 いやー、競輪って、つかスピチャンって、こーいうところで役だつん
ですねえ。(^^)

|

« 久しぶりにZNT | トップページ | 10万ヒット御礼 »

コメント

そうか~、K林同盟だったんでしたね。あそこは現在進行形なのかな?

空気入れ、ごくふつうの安いのを、頻繁に買い替えるのがいいみたいです。とかいいつつ、次は気圧計つきのやつにしますけど。

自転車もATXじゃなくて、そろそろレーサーがほしいぞっと。(^^)

投稿: よが | 2005.10.04 09:04

日曜日は天気が良かったので、わたしも自転車のタイヤに空気を入れました。といっても愛車はブルーグレーのママチャリ。(だが名前は「雪風」(^^ゞ)
しばらく走ってなかったんで、遠くのスーパーまで行こうと思ったんだけど、タイヤがへなちょこ。十年前に500円で購入した空気入れは、ハンドルが硬くなっていて余分な力が要って疲れるので、足踏み式のミニポンプを購入。
う〜ん、さすがにミニだ。確実に空気が入り、しかも圧力計まで付いてるので便利なんだけど、いかんせんミニだ。
前後のタイヤに空気を入れ終わったときには大腿筋がもう自転車に乗りたくないと言っていました。運動不足だ〜。
次回からは、よがさんお薦め(^^)がに股座りで回復をはかってみます。

投稿: leemin | 2005.10.04 00:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/6217254

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏日(--;:

« 久しぶりにZNT | トップページ | 10万ヒット御礼 »