« なぜか近所におでん缶 | トップページ | WoOその2、川崎郷太見参! »

2005.10.18

しばらくぶりなふたり

 京王閣の記念は、なんと(!)吉岡稔真が優勝だって。 GIII以上で優勝したの、4~5年ぶりじゃないかな? 本人もいつ優勝したのか、おぼえてないっていってる。 スポニチアネックスの速報記事より。

 白状すると、吉岡って、あまりいいイメージがないのだ。 昔はともかく、いまは期待すると裏切られるってパターンばっかりで。 ま、これをきっかけに、 大一番で車券にからんでくれるようになると、 またべつかもしれないけど。

 レースはいつものように漫然と先行をとった武田に対し、 乾がいいタイミングでかましに出て、 もがきあいに。そこに井上が単騎で捲っていって、のこり1周。 武田はいつものように力つきるし、乾も同様。 後ろも切れちゃう。 さらには井上もへたれ模様。

 こうなると、井上から切れた吉岡が絶好の捲りごろになって、最終2センターから楽勝ひと捲り。 2着はそのうしろについていった紫原を、最後にかわして後閑。

 まね、最近の武田が出てるレースはみんなこんなもん。

 だから、もうひとつ白状すると、 京王閣の記念はぜんぜん興味もなかっし、見てなかったのだ。そういや、武田が出る開催って、ずっとボイコットしてるかも。 おもしろくないんで。

 で、どーしてたかっていうと、この5日間は川口のヒラ場だったのよねー。

 こっちもきょうが優勝戦で、若井友和が優勝。なんと、もしかして去年のオートレースグランプリ以来の優勝じゃないかな? とにかく、今年は初V。 信じらんないけど。

 雨は16時過ぎにやんだものの、濡れ走路のなか、40ハン外から2車めからスタートを決めて、1周めで4番手につっこみ、 同ハン内側の穴見とインアウトのデッドヒートを展開(もちろん、穴見がイン)。

 結局、やっぱり濡れ走路の川口はアウトがきくようで、のこり2周
でトップにたち、あとはあぶなげなく押しきった。 2着はイン攻めの
穴見。

 これで若井は11月に地元開催のSG日本選手権に向けて、すこしは弾みがついたはず。 というか、弾みがつけばいいけど。

 という感じで、へたれまくった京王閣の記念より、 川口のヒラ場を
選んじゃうんですよ、現状では。

 来月は競輪のGIIIに参戦の予定ですけど、どうなることか。

|

« なぜか近所におでん缶 | トップページ | WoOその2、川崎郷太見参! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/6459877

この記事へのトラックバック一覧です: しばらくぶりなふたり:

« なぜか近所におでん缶 | トップページ | WoOその2、川崎郷太見参! »