« あしたから全日本選抜 | トップページ | レスポンス悪化 »

2005.12.02

90期の星、S級特進!

 強かった。 最後は大差でちぎった。

 競輪、90期の星、北津留翼(福岡 20歳)が観音寺のFIIで完全優勝をはたした。これで、11月の武雄、一宮のFII完全Vとあわせて、3場所連続完全優勝。 9連勝でのS級特別昇級を決めた。

 10月にはレインボーカップのファイナルに駒を進めて、こっちの特別昇級枠でもあと2勝に迫っていたが、やっぱり9連勝しての特進のほうが価値が大きい。 90期からのS級昇格はもちろん一番乗り。 特進は金成和幸(88期 福島)についで、今年3人めかな。 デビューから4カ月でのS級昇級も、新記録かも(ここは曖昧)。

 それにしても、きょうの決勝は、正攻法からジャンでいったん8番手までひき、センターからスタートして、最終2センターでもうあっさり捲りきると、あとはぐんぐん大差をつけての1着入線。 こうなると、展開なんて関係ないもんね。 ただ優勝しただけじゃなくて、強さを見せつけたかたち。

 北津留のプロフィールはこちらから。 あれ、結婚したんじゃなかったっけ?

【関連記事】
90期の星、初V!
90期の星、デビュー!

|

« あしたから全日本選抜 | トップページ | レスポンス悪化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/7429530

この記事へのトラックバック一覧です: 90期の星、S級特進!:

» 「中野二世」、特進決める [公営競技はどこへ行く]
丁度30年前の1975年、中野浩一がデビューした。さらに競輪創世記の1949年に「神様」・松本勝明がデビューしている。ちなみにこのお二方、公営競技勢としても過去に2回しか例のない「日本プロスポーツ大賞」受賞者である。 つまるところ、競輪に限らず各界の「スーパースター」なんていう存在は30年に一回ぐらいしか出現しないのかもしれない。 そして今年、2003年ジュニア世界選手権でス... [続きを読む]

受信: 2005.12.03 00:21

« あしたから全日本選抜 | トップページ | レスポンス悪化 »