« 本日決勝、全日本選抜 | トップページ | 318巻『フルロックの聖域』 »

2005.12.06

9人めは加藤慎平

 第21回全日本選抜競輪は、加藤慎平(81期 岐阜)のGI初制覇で幕を閉じた。

 加藤は今年1月の競輪祭で、後閑に僅差でかわされて、優勝を逃して以来、特別制覇にいちばん近いといわれてきたが、ようやく今年最後に結果を出したかたち。 プロフィールはこちら

 あれ? 80期代のGI制覇は、はじめてじゃないかな?

 2着は山幸、3着は海老根。 正確な結果はこちら

 さて、これでグランプリ最後のメンバーは加藤に決まり、岡部は補欠になった。 あらためて、メンバーは以下のとおり。

後閑信一  (65期 群馬) 競輪祭
鈴木  誠  (55期 千葉) 日本選手権
村本大輔  (77期 静岡) 宮杯
小嶋敬二  (74期 石川) 親王牌
神山雄一郎(61期 栃木) オールスター
加藤慎平  (81期 岐阜) 全日本選抜

 以上がGI覇者。 以下、賞金ランク上位で、

佐藤慎太郎(78期 福島)
伏見俊昭  (75期 福島)
武田豊樹  (88期 茨城)

 最強の関東ラインができたけど、やっぱり今年の実力ナンバーワンは小嶋。 ここに加藤がついたわけ。 でも、福島勢と南関2車も連携で勝負しそうで。 ま、それはあとのお楽しみということで。(^^ゞ

 なお、武田のグランプリ出場が決まったため、ヤンググランプリには補欠だった森田達也が出場することになる予定。 YGについてはこちらを参照。

|

« 本日決勝、全日本選抜 | トップページ | 318巻『フルロックの聖域』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/7494300

この記事へのトラックバック一覧です: 9人めは加藤慎平:

« 本日決勝、全日本選抜 | トップページ | 318巻『フルロックの聖域』 »