« 浜松オート、当面は存続 | トップページ | Mr.カラスコ、帰国か? »

2005.12.22

浜松存廃、つづき

 きのうのつづき。 Bank of Dream さんはブログも運営されていて、そこで浜松オートの存廃の話題をまとめておられる。 きょうは選手のやる気の話。 伊藤信夫のブログに投稿されたコメントのことなど。

 これ、私も同感。 たとえば先月の浜松GI秋スピ。優勝したキムタケこと木村武之が、シャンパンファイトのあと、別府彩さんの「シャンパンの勝利の味は?」の質問に答えて、「まずい!」とひと言だけいった。

 これはプロとしてまずいよ。 あとでスタジオで垰口さんがフォローしてたけど、MCのプロである垰口さんの、ふだんの存廃問題に関するみごとな対応とくらべて、あまりにも稚拙。

 こういうことの積み重ねで、ファンは減っていくんじゃない?

 辛口のコメントが悪いとは思わない。 岩田行雄はいまでこそ、好々爺って感じで(すまねー、岩田選手)インタビューに応じるが、ほんの数年前までは、「オレはこうやってプロとして仕事やってるんだよ!」みたいな、けっこうきつい言葉が多かった。 とくに某スポーツ紙の○紙記者が相手だと。(^^)

 私はこのインタビューで岩田が好きになったし、そういうのはかまわないと思う。

 ほかにも田代祐一とか、競艇だと引退した中道善博先生とか、いかにもプロの職人、勝負師って感じの選手は、みんな辛口のコメント出してたしね。 競輪なら阿部良二さん。

 このへんも選手の意識の問題だと思うが、浜松の選手、いや、他場の選手も、もっと意識改革していかないと、5年後はオート自体が廃止になるかもよ。

 ということで、浜松の存廃に関心がある人は、Bank of Dreamさんのブログ「公営競技はどこへ行く」もぜひ読んでください。 オートレース専門はこちらから。

|

« 浜松オート、当面は存続 | トップページ | Mr.カラスコ、帰国か? »

コメント

Bank of Dreamさん。
正直いって、浅木美帆さんのブログは、パーツ館にくる人向けのサービスで、リンク集に入れたんですよ。興味なかったというか。(^^;
ところが、ブログを読んでいるうちに、この人はプロだな~と思うようになりまして。浅木さんのおかげで、浜松が助かっているという部分が、けっこうあるような気がします。

投稿: よが | 2005.12.23 08:33

そういや、浜松存続の署名お願いの件で、最初だけ「ヴィーナス」がいたんですが、傍にいた選手よりもはるかに客に対する愛想がよかったのを思い出しますね。

ま、タレントだからなれているのかもしれませんが。

投稿: Bank of Dream | 2005.12.23 00:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/7773941

この記事へのトラックバック一覧です: 浜松存廃、つづき:

» ここからはじまる [公営競技はどこへ行く]
とりあえずは一安心の浜松オートレース。 しかしなぜ北脇保之市長が「5年」もの猶予期間を与えたかの意味を考えないとな。 ま、浜松市自身、仮にオートレース「だけ」を廃止するようなことがあったら、オートレース以上に累積赤字がひどいはままつフラワーパークやフルーツパーク、さらにはザザシティは一体どうなんだ!と突っ込まれかねないし、おまけに乱開発事業において赤字の垂れ流しが生じていることか�... [続きを読む]

受信: 2005.12.22 19:15

« 浜松オート、当面は存続 | トップページ | Mr.カラスコ、帰国か? »