« カブトのヒロイン | トップページ | バトル終了 »

2006.01.20

阿知波信介さん

 下世話な話ですが……

 いま、昼飯を食いながらテレ朝『徹子の部屋』を見ていた。 ゲストは多岐川裕美さん。で、うち的にいうと、多岐川さんは「もと阿知波信介さんの奥さん」という位置づけになる。

 きょうもテレビを見ながら、とーこちゃんと、 「そーいえば、多岐川さんも離婚したんだから、アクターズから移籍したんじゃないか」って話になった。 こないだ、古手川祐子さんが出てて、調べたらやっぱり、東宝芸能からバーニングプロに移籍していたので。

 ついでに、うちがふたりとも、芸能プロにくわしいのは、どちらも若いころ、アイドル雑誌の編集部にいて、プロダクション多数に出入りしていたから。

 閑話休題。そしたら、多岐川さんの場合は移籍なしでした。 いまもアクターズにいるんだ。たしかに、アクターズは堅実な会社だし。ちなみに、阿知波さん似の娘、華子ちゃんはサンミュージック系らしい。

 それで、驚いたのはここから。現在の所属を確認するため、ネットで調べても、阿知波信介さんの名っていうのが、ほとんど出てこない。かろうじてあるのは「ソガ隊員役」というくくりだけ。

「アクターズプロ 阿知波信介」 のキーワードだと、ヒットがたった7件だけだった。 これはびっくりしたね~。

 阿知波さんというのは、じつはアクターズプロをつくり、現在は本体と、アクターズエージェンシーなど関連会社の社長をつとめる人なのである。 エージェンシーはもちろん、レナ隊員の所属事務所。

 もともとは東宝あたりの大部屋俳優だったのか、数年間はテレビと映画で、俳優として活躍していたが、その後、三船プロに入社してマネージャーに転向。 ここで多岐川さんはじめ、多くの俳優を手がけていたものの、会社と俳優さんが対立。 阿知波さんは親友の竜雷太さんといっしょに、新会社としてアクターズプロをつくり、多くの俳優がこちらに移籍することになった。

 当時、俳優の所属先というと、大物俳優のプロダクションというケースが、けっこうあった。石原プロとか、勝プロとか。本格的テレビ時代にはいって、映画会社の囲いこみが崩れ、大物俳優がプロダクションをおこすというのが、トレンドだったのね。

 でも、そういう会社では、若手俳優が思うように、意見をいえない雰囲気があったのかもしれない。 それで、気のあった役者同士が会社をおこしていくという流れが起こったらしく、アクターズもその名のとおり、役者の互助会みたいなところからはじまったとのこと。

 これは昔、ある人から聞いた話なんで、信憑性はわかりません。ただ、アクターズに、和気あいあいとした雰囲気があったのは事実だけど。

 阿知波さんはそういう雰囲気をつくった人というイメージで、ソガ隊員というより、アクターズの社長として敬愛していたんだが……

 え? いまとーこちゃんから情報がはいりました。 阿知波さん、亡くなってるの? こういうブログがあったそうだ。ぐれたさんの「 「待ち伏せ」で阿知波信介を見る」という記事。

 知らなかった。 というか、ほんと……なんだよね。

 でも、アクターズの社長が亡くなったら、訃報欄にくらい出そうなもんだけど。 そういえば、離婚以来、アクターズのサイトにも名前がないみたいだし。昔、ここのタレントカタログ(紙媒体)には、ちゃんと顔写真も載ってたのに。

 多香美ちゃんがアクターズに所属したのは、たしか94年で、そのころは存命だったから、95年以降ってことなのかなあ。

 もし、正確なところをご存じの方がいらっしいましたら、ぜひご一報ください。

【06.1.25追記】
ぐれたさんからご連絡をいただき、阿知波さんはどうやらご存命とのこと。 よかったよかった。 ただ、まだ確定ではないとのことで、私ももうすこし調べてみたいと思う。

|

« カブトのヒロイン | トップページ | バトル終了 »

コメント

こんなうわさがあったんですね。
結果的に2007.5.4にお亡くなりになったわけですが。
自殺(?)というニュースを聞き、検索してここにあたりました。
改めて故人のご冥福をお祈り致します。

投稿: しおぱん | 2007.05.08 12:03

昨日、阿知波さんと夜中まで一緒に飲み明かし二日酔いで目覚めているものです。ぼーとしながらも楽しかった昨晩の余韻を味わいながら、なんとなくネットで阿知波信介さんを検索したら、「え?訃報?!」しかも日付は1月って。。。
阿知波信介さんは超ピンピンで超お元気でいらっしゃいますよ!なにをしても憎めないお茶目でステキな阿知波さん。大好きな阿知波さんを死なせないでくださいね!一分一秒でも長生きしていただきたい、日本の芸能界には貴重な素晴らしいお方です。

投稿: アクターズプロ不滅 | 2006.10.18 07:30

ぐれたさん、ご連絡ありがとうございました。私も日曜日、市立図書館にいって訃報欄を調べようとしたのですが、市立には新聞の縮刷版がありませんで。orz

たぶんご存命とうかがって、安心しました。それでも、念のため、今週末は県立図書館にいって、調べてみるつもりです。もし新しい発見がありましたら、ご報告します。

しかし、ネットより図書館のほうが情報が集まっているってケースが、いまでもあるんですね。

ブログの記事については、私のほうも追記を入れておきます。どうもありがとうございました。こんごともご贔屓のほど、よろしくお願い申しあげます。_(._.)_

投稿: よが | 2006.01.25 09:01

こんばんは~、よがさん、ぐれたです。
はっきりさせるまでには結局至りませんでしたが、まず間違いなく阿知波氏はご存命のようですね。
まず最初に見たのは、個人のサイトながらなにかにつけ頼りにしているウルトラシリーズ俳優人名録。ここでの彼のページの最新更新日が2003年じゃあそれ以降の動向はわかんないよなーと、だからってアクターズ・エージェンシーに直接アタック!というわけにもいかんだろうと手を変え品を変え検索してみましたが、“新鮮”な情報にはヒットせず。
どーしたもんかいなぁと思いながら今日もまたそのサイトをぼーっと見ていたら、おや、荻島真一氏もラインナップされているじゃありませんか。荻島氏の死去は“彼の死”の記憶よりも明らかに最近のものだから…と思って開いてみたら、荻島氏の死亡についてはちゃあんと更新されています。じゃあソガ隊員の情報が載らないわけはないですよね。03年からアップされていないからその後の動きがわからないじゃなくて、何もないから更新されてなんですよねえ。
……今回、彼が「死んでいる」ということにたどりつかなかったのと同時に、はっきり「生きている」ことを確認できなかったなあというのも正直な思いです。それがちょっぴり淋しかった、なんていったらぜいたくもいいところですね。とにもかくにも、よがさんのおかげで自分の事実誤認を知ることができてほんとによかったデス。私の誤った認識で戸惑わせてしまったこと、ごめんなさいね。記事にも訂正を加えます。よがさんからの指摘があったことを文字にすること、ご了承いただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!

投稿: ぐれた | 2006.01.24 21:07

ぐれたさん、はじめまして!

さっそくご連絡、ありがとうございます!
おっしゃるとおり、こういう記憶はあまり勘違いとかはないと思います。とくに、ぐれたさんも古くからの特撮ファンでだと拝察しますので。
私もあした、新聞の訃報欄をチェックしてこようと思います。こちらも情報を見つけしだい、ご報告いたしますので。

投稿: よが | 2006.01.21 13:06

よがさん、こんにちは!

数年前、新聞で訃報を知りかなりのショックを受けました、という記憶が私にはあります。
でも、コメントをいただき改めて検索しましたが、死去に関しての情報はありませんね。私の勘違いだったんでしょうか。そのとき「多岐川裕美の気持ちは…」と思ってしまったという記憶まであるのですが、ネットでここまで出てこないってことはご健在なんでしょう…か。
人間の記憶ぐらいあてにならないものはないということは十分承知してますけど、“彼の死”にまつわる記憶まで自分の頭の中でつくられたものだったとすると、自己嫌悪を通り越して、もうホラーの世界というか、人間失格の境地ですね。

とりあえず、現段階では「あくまで個人的な記憶」ということにお願いいたします。私もはっきりさせたいので粘って調べてみますね。何かわかればお知らせいたしますっ!

投稿: ぐれた | 2006.01.21 10:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/8246671

この記事へのトラックバック一覧です: 阿知波信介さん:

« カブトのヒロイン | トップページ | バトル終了 »