« マックス3本立て | トップページ | セイザーX、ポチでいいから »

2006.02.04

ありがとう、エリー

撃つときは、こうではなくて、  こ う !!

 ありがとう、エリー。 これまでマックスにつきあってきて、ほんとによかったと思ったよ。

 ストーリーはしょぼかったけど、コバの演技もそこそこ。第3クールはDASHの描き方がちゃんとしてるんで、やっぱり締まって見える。

 ま、そーいうのはいいや。 ほんとにありがとねー、エリー。

【追記】
あと、梶研吾監督もありがとー。
そうそう。監督、微妙に「ストレイカー暗殺指令」を意識してたかもね。 つまり、エリーの脳にミサイル誘導プログラムを侵入させるっていうとこが。 完全にこじつけだから、たぶんはずれだけど。

|

« マックス3本立て | トップページ | セイザーX、ポチでいいから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/8496317

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう、エリー:

» ウルトラマンマックス エリー破壊指令 [be in its flower別館]
 ケサムの時は自然がテーマだしたが(?)、今回は人間的な部分(信頼)がテーマのようでした。  しかし、エリー(満島ひかりさん)を経由して世界各地のUDF基地を破壊する計画はやばいね!ケルス(小田井涼平... [続きを読む]

受信: 2006.02.04 15:54

» ウルトラマンマックス32、「いとしのエリー」 [子育てパパのブログ日記Next]
宇宙工作員ケルス登場  トミオカ長官、ヨシナガ教授、ダテ博士の初老・科特隊トリオが活躍した前回「モエタランガ」のエピソード。  WEB上で、ちらほらと「退役組のエピソードはもういい」などと、やや食傷気味の感想を見かけて少し残念。  ウルトラマンマックスは多分にジェネレーションギャップの生じるシリーズですね。  実相寺監督編なんか、子供たちには辛いだろうし、「退役組のエピソードは」40歳以下の方は思い入れがないのでしょうね。  ハヤタ隊員、フジ隊員そしてイデ隊員の活躍で血湧き肉躍るよ... [続きを読む]

受信: 2006.02.04 20:03

« マックス3本立て | トップページ | セイザーX、ポチでいいから »