« 浜松で大事故? | トップページ | オートにリスペクト »

2006.03.30

ブログのちから

 先週日曜日、東小金井に行ったのは、旧友に会うためだった。

 どのくらい旧友かというと、小学校の同級生。 中学からはべつの学校になり、22歳くらいのとき、深夜の町で2回ほど会って、それ以来。 だから、25年ぶり以上の再会だったのである。

 そういう感じだから、まったく音信不通だったわけだが、それがなぜ再会できたかというと、このパーツ館の力なのだ。

 2004年の10月だから、1年半前、「皇居ウォーキング3」という記事のなかで、こういうことを書いた(一部加筆)。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 余談だが、小学生時代、いちばん仲がよかった男は、松鶴家千とせ師匠に弟子入りして、「松鶴家ひとり」の芸名で高座にあがっていた。ふたりが20~22歳くらいのとき、おたがい深夜に帰る生活で(私は水商売 )、何度か夜の町で会っては、近況とか、たがいのぜんぜんバラ色じゃない将来のことなんか、話しあったりしたんだけど……いまはなにしてるのかな、高木? いまは昔。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 この記事を今年になってかな? 読んでくれた人がいた。 府中と東小金井で、沖縄料理店を2軒経営されているFさんという方だ。

 Fさんはご自身の店で、休日に寄席やライブを開いたりしており、寄席の司会を松鶴家ひとりにたのんでいるという。

 そのFさんから連絡をいただいたのが、 3月18日ごろ。 で、先週日曜日も、その一環で、漫才のライブを開催するので、そこで会おうということになったわけである。

 ブログがこういうかたちで、実生活に役にたつとは、正直考えてもみなかった。 実生活というか、リアル社会で。

 それと、なんでも書いてみるもんだね。 Fさんは松鶴家ひとりで検索して、パーツ館を見つけたそうだ(当日、すこしお話ができた)。

 そう考えると、ブログってかなり強力なツールかも。

 さて、それで、本人と再会したら、40年くらい前の記憶がすこし蘇った。 そっかー、オレってサッカー部だったんだっけ、とか。(^_^;)

 個人的に、小中高校までのクラスメートとか、遊び仲間というのは、ただ同じ地域に住んでいただけの関係と考え、これまで重視してこなかった。もちろん、同窓会とかも、一度もいったことがない。

 でも、たまにはこういう再会があってもいいかも。 とくに、自分でいうのもアレだけど、旧友も私も、けっこう波乱の人生を歩んできているわけで。

 ちなみに、この旧友、いまは松鶴家ひとりを名乗ることはほとんどなく、高樹潤という名で司会業をしているとのこと。 会うと、40年の月日とか、ぶっとんじゃうんだね。それがいちばん不思議な感覚だった。

 そうそう。Fさんの経営される沖縄料理店はこちら

 泡盛うまかったっす。 古風な竹の鳥かごには、なぜかダダとバルタンがはいってました。(^^)

|

« 浜松で大事故? | トップページ | オートにリスペクト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/9329669

この記事へのトラックバック一覧です: ブログのちから:

« 浜松で大事故? | トップページ | オートにリスペクト »