« Longhorn発売延期 | トップページ | ダービー3日め »

2006.03.23

コラプシウム

 例によっていただきものの新刊SFのご紹介。

col01

 まあ、表紙イラストが萌え系ツインテールだわ。 これがタムラ女王なのかしら。特蛍ピンクのオビは、さすがにろーだんじゃ使用例ないな~。(^^;

『コラプシウム』ウィル ・マッカーシイ著、嶋田洋一訳、早川書房、ハヤカワ文庫、1000円。 巻末の解説は東茅子さんという方。

 コラプシウムの発明者ブルーノ ・デ ・トワジが、太陽系女王国で起こる、コラプシウムがらみの難事件を、仲間とともに解決していくという冒険譚。 スペオペっぽい構成ながら、 じつはハードな科学考証が背景にある小説らしい。

 巻末に、用語集や、いろいろ数式とかはいった「付属書」がついてるけど、これはギミックだと思えば、ふつうにスペオペっぽく読めそう。 オビにある、「最新ハードSF+熱血スペース・オペラ」という、ふつうは物議をかもしそうな表現も、この作品ならOKらしい。

 コラプシウムというのは、極小コラプサーをならべて安定させた、超光速伝導物質のことだそうで、この説明だけでにやりとする人なら、特別な追加の知識は必要なさそう。

 それから、タムラ女王というのは、太陽系女王国の元首で、不老不死だそうだ。

 3月末ごろ発売で、amazonではこちら。 まだ入荷してないけど。

【訂正】
表紙イラストはタムラ女王ではなく、捜査局長のヴィヴィアンだそうです。

関連記事
『コラプシウム』爆発

|

« Longhorn発売延期 | トップページ | ダービー3日め »

コメント

おお、これで捜査局長ですか。しかし、もろアキバ系ですね。(^^;

投稿: よが | 2006.03.24 08:16

毎度ご紹介ありがとうございます。表紙はタムラ女王じゃなくて、裏表紙に紹介のあるヴィヴィアンです。

投稿: よーいち | 2006.03.23 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/9220215

この記事へのトラックバック一覧です: コラプシウム:

« Longhorn発売延期 | トップページ | ダービー3日め »