« 川口オートの中継 | トップページ | ココログ障害まだまだ »

2006.04.01

セイザーX、隊長に似てる?

 レミーとG2、シャークとジャッカルの愛情物語。 お笑いはすくなめ。 というより、もうこの先は、くすぐりくらいかな。

 とにかく、先々週から、ずっとクライマックス状態がつづいているわけで。 すくなくとも、来週も大決戦だし。 なんだか、1本見終わると、かなり疲れるぞ。 緊張しすぎて。(^_^;)

 さて、G2をつくったのはレミーだった。 武闘派だと思ったら、メカにも強いらしい。 しかも、この回想シーンだけ、髪のわけ方が違って、ふだんのまみちゃんの髪型なのね。『恋のはじまり』などDVDで見せる素顔が、セイザー初登場でした。

 G2というのはガイバスター2世の略で、ガイバスターはシャーク隊長のコードネーム。 つまり、G2はシャークみたいに賢くて、強くて、やさしいんだそうだ。 さらには、顔も似てるとか。

 レミーがそういった次のシーンで、隊長の顔アップ。似てるかどうかはともかく、吹きました。 へーきでこういう演出するもんなー。 演出さんエラい。(^^)

 たっくん。 どうやら、サンダラちゃんの呪い影響がまだのこっているようで、「本当に戦うしかないのかな?」 と、ヒーローが決していってはいけないような発言。

 でも、ネオデスカルのほうは、本気モード。全軍で過去界に攻めて
くるという。それまでに、コスモカプセル12個をそろえないと、処分されることになったガレイドが、また一計を案じた。こんどはセコくない。なかなかの名案。といっても、考えたのはグロ姐さんだったらしいが。

 そのガレイドを殺そうと本気なのがアクアル。 サイクリさん曰く「本気と書いてマジと読む」とのことで、どうもこの「本気」というのが、今回のキーワードだったらしい。 要所になると出てきてた。

 ガレイドの作戦は、にせのコスモカプセルをG2に収容させ、なかにしこんだ一種のコンピュータウィルスで、G2ごとカプセルを使えなくしてしまうというもの。 ガレイドはG2を見たこともなかったから、 やっぱりグローザさんの作戦だな。 置きみやげっていってたし。

 作戦は図にあたり、レミーもG2も危機一髪。 でも、ガレイドが投げた武器をとっさに転送し、さらに投げ返すよう再物質化させたのは、復活したG2の機転だった。こーいうことができるなら、レミーとG2だけで、ガレイドひとりくらい、やっつけられそうな気もするが。(^^;

 ここで、ひとつ気になったのが、XIIIと書かれたにせカプセル。 あの絵はマンタだよね? まさか、リュウケンにつづいて、またアノマロちゃんぢゃないよね。(^^;;;

 ともあれ、こっちはセイザーたちの連係プレイで、ガレイドをしりぞけた。 めでたしめでたし。

「よっしゃー!」と、アスカ隊員みたいに雄叫びをあげるライオは、ビートルとハイタッチ。 それを見て、ものほしそうな(爆) 顔をするイーグルにも、ハイタッチすると見せかけて、 「アド……! なんちゃって」 と、なんちゃって攻撃。 緊張感のないヒーローだぁ。(@サンダラちゃん)

 こっちはめでたしでいいんだけど、対照的に、なんだかやたらシリアスなのが、シャークとジャッカル。そして、ふたりの胸中を完全にお見通しなのが、 炎の男ブレアード。 今回も長いセリフの連続で、しかも深い洞察力を発揮しちゃって。

ジャ「シャークはネオデスカルを裏切ったんだ」
ブレ「ネオデスカルをじゃなくて、おまえをだろう? だから、許せないんじゃねえのか?」

 とかね。(^^)

「おい、シャークさんよ。 あんた、こいつを斬るつもりか? こいつはだれよりも、あんたのことを信頼してたんだぜ。たぶん、いまでもな。そんなこいつを斬るのか?」
「おまえら、間違ってるぜ。 もっと正直になったらどうなんだ?」

 これが最初のころは、「めんどくせー!」って、吠えまくってた人ですよ。 すっかり賢者。 それも、経験値高そう。

ブレ「シャークさんよ。なんでネオデスカルを裏切るとき、冬眠しているこいつを置いていったんだ? 連れていくことだって、できただろう?」
シャ「それをすれば、ジャッカルは俺と同じ裏切り者になる」
ブレ「ほーらみろ。 な? なんかそういう理由があるような気がしてたんだ」

 ふたりの純愛物語を、成就させようとする賢者。 これにはジャッカルだけでなく、シャークも心を動かされたもよう。 最後、とどめを刺さなかったし。

 そして、エンディング。

 傷つき倒れたジャッカルをおぶって(!)いつもの(爆)湖のほとりにやってきたブレアード。ジャッカルの手から落ちた認識票には、シャークのエンブレムが……

 シャークとジャッカルって、風と樹の詩ですか。(^^;

 それとも、ジャッカルはギムナジウムに転校したことがあるんでしょうか? もしかして、11月に。(^^;;;

 なんだか、こっちはわけわかんない展開になりそう。(^^)

 などといいつつ、アクアルはまた必殺兵器を見つけたようだし、来週はとうとうXデイ当日だ!

【追記】
そうそう。 ブレもサンダラちゃんの呪縛から脱しないまま、「戦うしかないのか。戦うしか……」と、いうとりました。 敵味方とも、こういいながらストーリーが進むというのは、もしかして日本SF史上でも、あまり例を見ないような。

どうでしょう。 『セイザーX』を星雲賞にノミネートできませんか?>関係者のみなさん。 私って、秘密結社枠かなんかで、ノミネート権を行使できるんでしょうか?

SF大賞のほうは? 『ガメラ2』なんかより、よっぽどエポックメイキングな傑作ですよ、『セイザーX』は。 

|

« 川口オートの中継 | トップページ | ココログ障害まだまだ »

コメント

不二乃さん、どうも~。

SF大賞は投票権を持ってるんですけど、星雲賞は私個人には、投票権がないんです。なので、ここで呼びかけているんですが。まあ、読んでる関係者はいるはずなんで、なんとかしてくれるでしょう。と、他力本願モード。(^^ゞ

投稿: よが | 2006.04.04 08:43

星雲賞!是非受賞してもらいたいです!!きっと資格は充分ですよね、ね★
お茶の間と壮大な宇宙空間と行ったり来たりできるふり幅の大きい、バランスのいい作品ですよ。セイザーは。
よがさん、頑張ってください!!!

投稿: 不二乃 | 2006.04.03 21:10

セイザーなら、星雲賞も、SF大賞も、エントリーする資格は充分です。そりゃもう私が保証しますです。

で、星雲賞はいったんノミネートしたら、20人くらいが徒党を組めば、たぶん受賞できるはずです。いいのか、こういうこといっちゃって。(^^;;;

SF大賞は、たしか私も投票権があるはずなので、がんばってみます。(^^ゞ

ジャッカルとかシャークって、やっぱりコードネームですよね。ジャッカルの本名が……いや、考えたくないっす。(((( ;゚Д゚)))

投稿: よが | 2006.04.03 12:42

わーい、星雲賞、いいですねー!
セイザーXは、舞台は庭先で納豆ながら、スペースオペラとかの香りがするよーな気がします(定義とかは全然よく分からないですが(^^;

そしてジャッカルとかシャークとか色気のない名前で良かったですなー>11月の某所
これでフリードリヒとかレナードとか言う名前で呼び合ったらかなりやばげな雰囲気に(おーい)

投稿: コアミ | 2006.04.03 11:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/9378013

この記事へのトラックバック一覧です: セイザーX、隊長に似てる?:

» セイザーX 26話 [ヨメブログ。]
今日は比較的おとなしかったような。。。 あららら、全軍来ちゃうのか。 そこでまた無線傍受してるジャッカルさんが。 ってか、レミーったら何をいじってるのかと思ったら、 G2メンテ中でしたか。かわいいバンソコしてもらっちゃって。 しかもエプロンですよ。 レミーが生みの親なのに、何故じいちゃんにみてもらうのか〜(笑) 顔が似てるっていうほどかわいがってますのに。 途中からまたレミーがみてたけど。 サイク「本気と書いてマジと読む!って本気かよアクアル」 そんでもって、... [続きを読む]

受信: 2006.04.01 19:52

» 超星艦隊セイザーX、第26話「レミーの涙、G2の心」 [矢野立美 音楽集]
 今回のお話はすごく良かったですね!!  ストーリー展開もテンポもよく、感動のシ [続きを読む]

受信: 2006.04.01 20:39

» セイザーX感想 #26 [振り向けば二次元]
今日の主役はG2でした。レミーの相棒のような存在でしたが、まさか相棒ではなく親子だったとは…。あれを作れるレミーって凄いですね。今日の敵の作戦は、本物のコスモカプセルでセイザーXをおびき寄せ、戦闘中のどさくさに紛れて偽のコスモカプセルに取り替えておいてセイザーXに... [続きを読む]

受信: 2006.04.01 20:44

» 本気と書いて「マジ」と読む - セイザーX #026 レミーの涙、G2の心 [V.S.A.]
超星艦隊セイザーX 第26話「レミーの涙、G2の心」.あそこでハイタッチをスカすんかい. 回想シーンでのまみちゃんかわいいですねぇ.女性は髪型ひとつで変わるんだなぁ,とつくづく.イベントなどの写真に近い感じです.はて,イベントの画像をどこで見たんだったか...バイザーをかけていたので,そのために前髪... [続きを読む]

受信: 2006.04.02 00:28

» 超星艦隊セイザーX #26 [nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!]
今回はレミーとG2、シャークとジャッカルの2つの話がメインとなった話でしたね。 サンダーラの影響を受け、戦うことに躊躇う拓人とブレアード。 何気に火のアニキの戦闘・アクションシーンって最近本当にないですよね。 下手したらサイクリードより無いかもしれ....... [続きを読む]

受信: 2006.04.02 17:49

» 超星艦隊セイザーX第26話「レミーの涙、G2の心」感想 [mk.com記録書庫]
拓人の何ちやつてハイタッチに素で吹き出した。本氣と書いてマジと讀んだサイクリードとか(何でそんなことを知つてゐるんだ)。囘想【回想】シーンのレミーが、妙に可愛かつた件に就いてG2の制作者がレミーで、G2の名前の由來がシャーク隊長だつた事が判明。身のこなしも拔群、銃の腕も優れてゐて、其の上G2まで作れる智識と技術の持ち主だとは、いやはや凄いものである。其れと引き換へなのか、悲劇が纏はりついてゐる彼女だが。2500年のレジスタンスのメンバーは生き殘るためにも、其れぐらゐの技能の持ち主でなければ勤まらない... [続きを読む]

受信: 2006.04.03 00:14

» セイザーX 第26話 レミノーの涙、G2の心 [ばんどわごん]
……しみじみこれはブレアードの魂の変遷の物語ですなあ。歴史が変わって番組が終わる [続きを読む]

受信: 2006.04.03 11:23

» 超星艦隊セイザーX 第26話『レミーの涙、G2の心』感想 [■不二乃耳袋■]
超星艦隊セイザーX 第26話『レミーの涙、G2の心』感想 失敗続きのガレイド様。最後通牒を突きつけられて絶対絶命。 幹部に厳しいことを言われてる様子を、こっそり聞いていたジャッカル。 シャークはネオデスカルを裏切った、というジャッカルの言葉に鋭く返すブレアー...... [続きを読む]

受信: 2006.04.03 21:02

» 超星艦隊 セイザーX 26話 [UNS digital]
やっぱりイイヤツ!?  ジャッカルね。どうもシャークを執拗に追いかけるのは、 シャークが自分を置いてネオデスカルを出て行ったから、 という単純な理由らしい。 [続きを読む]

受信: 2006.04.26 12:54

« 川口オートの中継 | トップページ | ココログ障害まだまだ »