« 322巻『静かな監視者の惑星』 | トップページ | 飛行船、飛んでる »

2006.04.05

オートの話題(拾遺)

 浜松では、きょうから日本トーターによる民営化開催がはじまった。

 司会は数日前、畑中智晴さんに教えていただいたとおり、オートや競輪の中継でおなじみの、山咲さくらさん。 垰口さんはグレード戦のみの登場になるとのこと。アシは変わらず。 安原さんとなんだっけ? もうひとりの方。(^^;

 実況は1Rから立野純さん。 おお、トーターの人がくるとばかり思っていたら、日本写真判定の人だ。

 それから、この新年度から、29期生も1級車に乗りかわって、これで2級車はすくなくとも3年間、走らなくなる。 30期生の募集は未定だから、もしかすると、このまま2級車がなくなるかも。

 その、乗りかわり組の29期生は、きのうまで開催された川口で大活躍し、決勝には青木治親と吉田祐也が勝ちのこった。

 とくに青木は、前期船橋では、最後の2級車で完全優勝し、この川口でも3日めまで111と、合計7連勝。 この日も優勝すれば、2級車と1級車をまたいで、2場所完全優勝という、珍記録を達成するところだった。 結果は山田達也の優勝で、青木は2着と惜敗。

 あと、川口では、若井友和が新車に乗りかわっていた。 今回の名前はゲンキデスカーだって。(^_^;) ま、前のがモエルトウコンですから。

 最後、大腿骨骨折の重傷を負った浜松の伊藤信夫は、手術がぶじ成功し、リハビリにはいったとのこと。

 くわしくはブログNobuo Ito Fighting Diary !で。

【追記】
きょうの浜松の中継で、伊藤の事故対象車になった、松尾啓史選手(26期 山陽)の怪我の状態も、すこし報告されていた。全身打撲のほか、右手おや指の脱臼と、左上腕部の骨折で、全治3カ月とか。ぼんやり聞いていたんで、左右の間違いとか、あるかもしれない。

|

« 322巻『静かな監視者の惑星』 | トップページ | 飛行船、飛んでる »

コメント

そうでした。森上リエさん。前回開催までは、1~5Rでしたっけ? 実況もやってたんですよね。立野さんは弥彦だったような記憶があるんですが、いまはそうすると愛知中心なんですね。

投稿: よが | 2006.04.10 09:32

浜松のもう1人というのは、現在はオートでは唯一の女性実況アナでもある森上リエさんですね。現在こそ日写判の立野さんが実況に来る(立野さんは名古屋・一宮の競輪実況として「ケイリンライブ!282」ではおなじみ)事がありますが、かつてはこの森上実況が浜松の名物でもありました。

投稿: 畑中 智晴 | 2006.04.09 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/9440253

この記事へのトラックバック一覧です: オートの話題(拾遺):

« 322巻『静かな監視者の惑星』 | トップページ | 飛行船、飛んでる »