« セイザーX、Cカプセル発動? | トップページ | 川島聖隆インタビュー »

2006.05.22

秘密結社30年

 先週土曜日、秘密結社の月例会に行ってきた。 出席したのには、理由がある。玲一文さんから『ミカヅキ』のDVD-Rをうけとるのもだが、なんとこの日で、私がこの月例会に通いだしてから、ちょうど30周年だったのである。

 私や仲間が秘密結社といっているのは、SFのいわゆるファンダムのひとつである。 一般の人には、ファンダムとはなにかとか、そーいうところから話さないとわからないので、めんどくさくて秘密結社と総称しているのだ。

 この秘密結社には、じつのところ、固有名詞はない。 ファンダムとはそういうものなので。こないだのクローズドのキャンプがADOCON、おととし秋にやったオープンのコンベンションがGATACONというように、個々のイベントに固有名詞があるだけで。

 ね、説明しづらいんですよ、これ。

 で、今回、私が通って30周年になったのは、オープンサロン形式の例定会だった。名前は、トナカイ。名前の由来はいわない。命名の瞬間には立ちあっていたものの、あまりにも、なさけないから。

 ごくおおざっぱに、 どういう会かを説明すると、その昔、SFファンダム勃興期に名をのこす「一の日会」が、いったん消滅することになり、それにかわるオープンサロンをつくろうと、有志が集まってつくったのが、のちにトナカイと呼ばれる例会だった。

 これが1976年3月のこと。この準備会のあと、4月にめでたく第1回が開催され、5月以降は定例で開催されることになり、私はそこに誘いこまれたのであった。

 つか、この年の4月、大学にはいって、SF研の連絡先に電話を入れたところ、例会をやってるといわれ、のこのこ出かけていったのが、この例会だった。

 行ってみたら、 妙齢のおねえさんふたりに捕まり、その色香に惑わされて、何度か出席するうち、気がつくとこの例会のメンバーになっていたのである。 大学のSF研じゃなく。(^^;;;

 こうやって、いいかげんに参加することになった秘密結社の人々と、最長でもう30年のつきあいになるのだから、人生どうなるか、文字どおり一寸先は闇だ(爆)。

 とくに、私は人間関係に淡泊なのだ。 小学校から大学まで、同級生とのつきあいというのは、少数の例外をのぞいてないし、親戚づきあいも、ほとんどしない。

 なのに、こういう曖昧な状態(笑)で誘いこまれたグループと、30年もつきあっているわけで、これはもう不思議というほかない。

 まあ、個人的に30周年といっても、今回の出席者で、当時のことを知っているのは、 janusさんひとりだったし、特別なことをするわけでもない。ただカパカパと酒飲むだけで。そうそう、帰りがけ、古い友達から駅でキスされたけど、これもそう特別じゃないし。

ちなみに、したのは男です(爆)。イニシャルYのほうじゃなくて、小田急沿線のTでした >関係各位(爆)。

 ただ、まあ、これからの30年も、ここの人たちとつきあうんだろうなと思うと、やっぱり不思議な感じではあります。

 なお、トナカイは日本SFファングループ連合会議にも参加する、いちおうちゃんとしたファングループだったりする。 でも、トナカイ=秘密結社ではないので。 念のため。

|

« セイザーX、Cカプセル発動? | トップページ | 川島聖隆インタビュー »

コメント

そうですね。プロもひっくるめてのファンダムですから。いまSFで飯食ってる人も、たまたま間違いでそうなっちゃっただけで、基本的にファンダムファンだったりするわけですし(これは私だけかもしれないですけど)。

そーいうのをひっくるめて、自分で自分のことを「SF者」と呼んでいると、いかちょーさんのところで書いたら、けっこう賛同を得られたので(笑)、やっぱりみなさん、似たような感覚を持っているんじゃないかと思います。

投稿: よが | 2006.05.25 08:55

SFの場合はとくに、“プロ”の反対語は“ファン”ではなく“アマ”だと思います。たとえSFで暮らしを立てている方(プロ)であっても、SFに対する愛着があるならば“SFのファン”と呼んでよいと思うのですが、いかが?

投稿: janus | 2006.05.24 21:41

球界ですか。なるほど。かなり近いかもしれません。ただ、プロ野球だと、プロとファンのあいだの垣根は、かなり高いですよね。わざわざファン交流イベントをやるくらいで。

そこにいくと、ファンダムはプロアマの差がぜんぜんないし、むしろファンのほうが有名だったりするし。(^^)

新潟ゆかりファンダムは、そのとおりですね~。janusさんのゆかりなんか、もう運命ですもんね。まさか、おじいさままでさかのぼれるとは。(^^)

投稿: よが | 2006.05.24 08:56

SFの“ファンダム”(ファン界)に似た言葉をあげれば、たとえば野球の“球界”でしょうか。個人(野球関係者/SFファン)と団体(チーム/ファングループ)とイベント(夏の高校野球大会/日本SF大会)の、緩いつながりのある集まり全体(世界球界/世界ファンダム)またはその一部(日本球界・学生球界/日本ファンダム・青少年ファンダム)。“秘密結社”にあえてレッテルを貼れば“新潟ゆかりファンダム”かなぁ。

投稿: janus | 2006.05.24 06:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/10186353

この記事へのトラックバック一覧です: 秘密結社30年:

« セイザーX、Cカプセル発動? | トップページ | 川島聖隆インタビュー »