« 川島聖隆インタビュー | トップページ | 師匠の教へ6 »

2006.05.23

30周年つづき

 そういうわけで、秘密結社は30年だけど、私がこのファンダム世界に足を踏みいれてからは、まもなく32年が経過する。高校2年のときから、ずぶずぶにはまっているわけだ。

 これくらい長くヲタというか、SF者をやっていると、自分たちの行動が引き金になって、数々のムーブメント、あるいはブームをつくってきたと、実感できる。

 衝撃の告白をしちゃうと、私が高校2年で、はじめて参加したファングループは、『宇宙戦艦ヤマト』の初のファンクラブだった。 ひぇ~、恥ずかしい。

 当時は初代ヤマトが打ち切られた直後。こんなもん、だれにも一顧だにされなかった。 ごく一部のマニアをのぞいては。 あたしゃ、 これじゃいけないと思って、ファンクラブにはいって、身近にいる人間に啓蒙活動(笑)をくりひろげたり、テレビ局にハガキを出して、 再放送をお願いしたりしたのだ。

 この「ごく一部のマニア」 の動きが、やがて月刊『OUT』の例の特集につながり、2年後の大ブレイクを生んだわけ。 ちなみに、この特集を担当したのが、永瀬唯さんなのだが。

『ガンダム』のときも、状況はまったく同じ。 ただし、こっちはヤマトで経験を積んでたから、同人誌つくったり、自主上映会をやったり、そういう動きだったけど。 あと、ブームがはじまってからは、映画版の封切りに動員をかけたり、ガンプラが発売されると、各地で大人買いを強行して、品薄をあおったり(爆)。

 特撮では、ゴジラ復活で、やっぱりずいぶんはっちゃけた。 秘密結社には、いまも「私が'84ゴジラに、エキストラで出演している」という、都市伝説がある(笑)。そーいう盛りあげ方ね。ほかに、もちろん上映会企画とか。

 第2次ウルトラがブレイクしたのも、じつはこうしたファンの地道な活動があったからだそうだ。 これについては、参加していないのでくわしいことは知らないが、 なんでも、大阪からムーブメントがはじまったと聞いている。

 私がウルトラ関係で貢献したのは……私が副編をやっていたアイドル雑誌には、なぜか毎回、ウルトラのネタが載っていた(爆)。 80が終わって、ちょうどウルトラが不遇の時代なのに。おかげで、当時は円谷ともつきあいがあったりして。(^^)

 好きな作品を盛りあげるというのは、こうやって、まず自分から行動することだと思っている。 それが結果的にムーブメントになるかどうかは、天のみぞ知るという感じで。

 だから、ブームにならなくて、消えていった傑作も、たくさんあるけどね。 たとえば、『ゼロテスター』とか。『イデオン』もブームはつくったものの、イマイチだったな。『ガンダム』以上の出来なのに。

 だけど、自分で動いて、自分がその作品を傑作だと思っていれば、私はそれでいいのだ。 だれかにたのんで、ムーブメントをつくってもらおうなんて気は、さらさらない。 すくなくとも、私の流儀ではない。

 これで答えになってるかな? >無謀戦士さん。

 というわけで、さらに話題がずれるけど、たのみコムなんかで復刊希望が出てる書籍のうち、SF関係のものは、いまも持ってるか、すくなくとも持ってたものばかりなのですよ。でもって、それを編集者の目で見ると、 そうした書籍の大半は、それなりの理由、それもたいていは物理的な理由があって、復刊できないのです。

 今回のは新刊だけど、たぶん状況は似たようなものでしょう。 出ないのには、出ないなりの理由があるってわけ。

 でも、だったらこれは、むしろチャンスじゃん。 商業出版で出せないときこそ、同人誌の出番なんだから……それが私の発想。

 もっとも、セイザーに関しては、パーツ館で充分に貢献してると思ってるけど。

 ま、そういうことです。

|

« 川島聖隆インタビュー | トップページ | 師匠の教へ6 »

コメント

あれま。土曜日でしたか。そうすると、天気が心配ですね。飛行船は風まかせだからな~。

きょうも上空は、かなり風がまわってましたが、そういう意味では、チョッピーは風に強いですね。ZNTにくらべると。

投稿: よが | 2006.05.25 17:32

んふー、亀戸は土曜日なんですよ~っ♪
今日の天気をストックできたらいいんですけどねぇぇぇ。

投稿: とらた | 2006.05.25 16:58

いえいえ。いまどこナビどおりなら、見えたはずなんですが、残念でした~。つか、きょうくらいの気象条件なら、ZNTだと桶川に降りるところが、かすかに見えるんです。チョッピーの大きさだと、さすがに無理みたいですね。

亀戸は日曜ですよね。5月は遊びすぎて、締切がきつくなってきたんで、たぶん行けないと思います。状況が変わったら、連絡しますんで。

投稿: よが | 2006.05.25 16:46

本日は誠に申し訳ないです。。。
昨日飛行船をたくさん見過ぎて
ぼけたのかもしれません。(;_;)

亀戸はよがさんが来ないかな~って意味でしたが
実際昨日サンシャインから見た感じでは
かなりイベントを意識したとびっぷりでした。

あと今日河原でチョッピーと間違えて
凧を撮ってしまいました。
随分今日は色が鮮やかだけどなかなか大きくならなくて
見ているうちにあっという間に高度が低くなってビックリ。。。
アレは心臓に悪かった(-_-;)。

投稿: とらた | 2006.05.25 16:29

1601時に、ライブカメラにチョッピーらしきものがうつりました。きょうのフライトはおしまいみたいで。残念でした。

投稿: よが | 2006.05.25 16:07

残念。大宮のほうに行っちゃいますた。まだ降りる時間じゃないから、新幹線にそって飛んでくれると、見えるのにな~。

投稿: よが | 2006.05.25 15:29

あぁぁぁぁ・・・・

蓮田→大宮だって・・・orz....

よがさん、期待させてごめんね~

投稿: とらた | 2006.05.25 15:27

いまのところ見えないけど、とりあえずカメラの準備完了(笑)。なんちゃって12倍でいきます。(^^)

投稿: よが | 2006.05.25 14:58

よがさ~ん
大変だ、チョッピーが久喜のほうにむかってますぞいっ!
http://airship.nissen.co.jp/navi_enter.stm

投稿: とらた | 2006.05.25 14:38

zakさん。
『OUT』は最初、B級SF映画なんかをあつかう、サブカル誌だったんですよ。それが、創刊2号で伝説の特集「きみはおぼえているか?『ヤマト』の熱き血潮を!」をやっちゃって、気がついたらサブカルアニメ誌になってました。(^^;

投稿: よが | 2006.05.24 09:22

とらたくん。
私は無罪だ!(爆)

ガンダムの歌って、だれだろ? ガンダム系で歌手っていうと、森口博子さんしか思い浮かばないっす。森口さんはあの1曲で、私にとってはバラドルじゃなく、歌手なのでした。

それと、私にとってのガンダムは、せいぜいZZまでなのです。∀はすこし見たけど、ついていけませんですた。(^^ゞ

チョッピーは意外と足が速いですから、都内フライトの予定だったら、亀戸あたりなら行く可能性大じゃないでしょうか? 今年は私、飛行船はすっかり出遅れちゃって。やっぱり、4月に缶詰だったのが、かなり痛いっす。

投稿: よが | 2006.05.24 09:14

うー、懐かしいお話ですね。
初めて「月刊OUT」買ったのは「悩ましのアルテイシア」の回だったような(笑)。

投稿: zak | 2006.05.23 23:30

どもども、よがさん
最近はすっかりご無沙汰ですみません。
昨日はチョッピーお出迎え玉砕しますた~。

ということで、チョッピーのキャンペーンソング
アコースティックバージョンを歌っている人は
ガンダムのお歌も歌っているらしいです~。

亀戸のイベントなんて来る予定は多分ないと思いますが
ひょっとしたら秋葉経由という可能性もあるかしら?

とりあえずよがさんのブログの記事にもしていただければ嬉しいナリよ~。
そもそも自分が飛行船オタ状態になったのは
よがさんの影響もかなりあるんですけど。。。。

投稿: とらた | 2006.05.23 20:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/10200923

この記事へのトラックバック一覧です: 30周年つづき:

« 川島聖隆インタビュー | トップページ | 師匠の教へ6 »