« 30周年つづき | トップページ | ポーの一族 »

2006.05.24

師匠の教へ6

 久しぶりにデジタルマクロごっこ。 といっても、撮影したのは4月中旬。 そろそろアップしないと、時機を失っちゃうんで。 場所は家の近所。

Macro001

 えーと、まずツツジです。 たぶん。 競輪の新井親子の家があるあたりで撮ったもの。 この日はたしか、いまにも雨が降りそうな、暗い空だったんだけど、マクロにしちゃうと、意外にわからないもんで。

Macro004

 その横に植わってた花。 だから、たぶんツツジの仲間じゃないかと思う。 よくわかんないけど。

Macro003

 大落古利根川のほとりというか、そこの家庭菜園の横にあった菜の花。 妙にでかかった。なんでも、菜の花って、この種の花の総称なんだってね。 とーこちゃんが、いろんな菜の花があるといってた。知らなかった。orz

Macro002

 それをさらにアップで撮ったもの。 花ってやっぱり凶暴だと思う。

Macro005

 スズラン……で、いいんだよね。(^^; 花の名前、知らないから、どきどきもんです。

Macro006

 これ、なんだか華やかだけど、どうやら長ねぎではないかと思われる。 長ねぎが植えてある、すぐ近くにあったし。 葱坊主というか、擬宝珠だったところに、咲いてるようにも見えたから。 擬宝珠みたいな単語は知ってるんだよな。 花は知らないくせに。

Macro007

 これも同じとろに咲いていたので、たぶん長ねぎだと思う。ずいぶん個体差があるんだね。

 さて、これから久喜地方はポピーの季節を迎えます。 でも、週末ごとに天気が悪いんだよなー。

【追記】
とーこちゃんによると、2番めはツツジじゃないらしい。スズランと書いたのは、満天星だって。 『妖星伝』に出てきたやつね。 言語ドウダンツツジ。(^^ゞ
それから、長ねぎと断定しているのは、本名をヤグルマギクというそうだ。 矢車剣之介? って、それは堀江卓。ひとりつっこみ。 くわしくはコメント欄を。

【追々記】
2番めの花だけど、leeminさんのブログ「てんねん寄せ植え倶楽部」の記事「赤い侵略者」によると、ナガミヒナゲシというそうだ。ほー、繁殖力が強いのかー。

【追々々記】
ひひーん。ナガミヒナゲシとは違うと、とーこちゃんがいうとります。 なんでも、 花弁の数が違うそうで、花弁ってなんだ? しくしく。 なんだか悲しくなってきた。
『鉄腕アトム』アニメ版(初代)の、アトムに花の絵を描かせたら、化学式を書いたっていうエピソードを、思いだしたぞ。(TnT)

|

« 30周年つづき | トップページ | ポーの一族 »

コメント

花の名前というと、もうなにがなんだかわからなくて、泣きたくなります。メダパニ。思わずだじゃれの発作が出たりして。

とーこちゃんも、八重のナガミヒナゲシではないかというとりました。

投稿: よが | 2006.05.26 08:56

 よがさんのお花の解説、たのしくっていいです〜。とーこさんのフォローがまた絶妙で。これからもこの調子でよろしく願いします。ファンです。
 ところで、なんだか、そっくりさんですね〜。ナガミヒナゲシは花びらは4枚なんですけど、よがさんの写したそっくりさんは6枚ありますね。ポピーの原種は4枚だそうですが、八重咲きとかいろいろあるので、おそらくこれはそっちのなんかなんでは。
 ナガミヒナゲシかどうかの見分け方はもうひとつあって、その名の通り花が終わったあとの実が、細長い形です。あと、花びらの開き方に全く丸みがなくて平面的に開いてしまうところが違うかな。
 これからそちらではいろんなポピーが咲くのかな〜? うらやましいな〜。

投稿: leemin | 2006.05.26 00:00

ああ、泣かないで(爆)。
そーすると、2勝4敗かあ。いい数字じゃん。満天星っていうと、あの半村さんの『妖星伝』に出てきた、あのドウダンね。って、そーいう知識はあるんだけどねえ。(^^ゞ

投稿: よが | 2006.05.24 16:36

しくしく…。イワシやサバよりは近いけど、2番目はツツジの仲間じゃないと思います。花弁の数も違うし…。スズランみたいなのは満天星じゃないでしょうか。長ねぎだと断定しているのは、ヤグルマギクではないかと…。擬宝珠とは個体差ではなく、種の差だと思います(泣)。

投稿: とーこ | 2006.05.24 16:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/10218296

この記事へのトラックバック一覧です: 師匠の教へ6:

» 赤い侵略者 [てんねん寄せ植え倶楽部]
   うちの近所ではそろそろ終わりになりかかってきました…ナガミヒナゲシです。  風にゆらゆら揺れる姿が可憐なお花。かわいいです…が。  数年前、初めて見かけたときは10センチに満たない丈で、花の大きさも2センチくらいでした。で、歩道の際にぽつんと咲いていて、とってもけなげな感じでした。うーん、これ、なんて花かなあ、かわいいなあ、と思っていて、次の年になったら、わわわわ〜っ!という... [続きを読む]

受信: 2006.05.26 19:30

« 30周年つづき | トップページ | ポーの一族 »