« 伝統のキャンプ2 | トップページ | 323巻『永遠とのコンタクト』 »

2006.05.09

伝統のキャンプ3

 2日めはたまたま、火の番をするのが好きな人の大半が帰ってしまったため、久しぶりに火をあつかう。 このキャンプは薪を使うのだ。

 昔は毎回、火の担当だったのだけど、火が好きな人(笑)が増えてきて、この役目から解放されてたんだよね。だから、7~8年ぶりじゃないかな。 でも、火のおこし方とかは、からだがおぼえているので、どうということはない。

 ちなみに。現在、このキャンプで火の管理をしている人は、子供のころ、家に五右衛門風呂があって、それで火のあつかいをおぼえたそうだ。 私は家が大工で、風呂は薪で焚いてたから、これでおぼえた。

 こういう経験をしてないんで、 いまの子供は火のあつかいを知らないそうだ。 だから、参加した子供に、管理法を教えてやると、尊敬される。 子供を手なずけるには、これがいちばんの方法だね。(^^)

 あと、将棋を教えるというのもいい手。

 閑話休題。 で、夕食の準備をしながら、前日と同様、また宴会開始。 もちろん朝から飲みっぱなしのふとどき者もいるけど。(^^)

 ちなみに、夕食は1日めカレー、2日め牛丼と豚汁。

 夕飯が終わると、ふたたび本格宴会。 ただ、この日はゲーム大会なども予定されていて、私が主催の麻雀大会も参加者8人で成立。 そう。 また雀荘の親父をやったのだ。なんで私が麻雀担当なんだろう。 不思議だ。

 で、大会はおおかたの予想どおり、金沢のH村さんが優勝。 金沢にも、秘密結社系のグループがあるのですよ。グループというか、かつてURACONを開催したメンバー数人と、いまも交流があるって感じで。

 こうやって、2日めもぶじ乗りきり、3日めは朝食のあと、 これも恒例のプレゼント交換をやって、お開き。

 私は最初、ウルトラマングレードとロボコップのフィギュアが当たったんだけど、leeminさんがボトムズのフィギュアをひきあてたのを見て、なかば無理やり交換。 leeminさんがボトムズ知らないでさいわいでした。

 次回キャンプは10月ごろとのこと。 春秋2回開催も、ずいぶん久しぶりだなあ。

Adocon0621

|

« 伝統のキャンプ2 | トップページ | 323巻『永遠とのコンタクト』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/9977486

この記事へのトラックバック一覧です: 伝統のキャンプ3:

« 伝統のキャンプ2 | トップページ | 323巻『永遠とのコンタクト』 »