« またまた自爆ボタン | トップページ | ZoneAlarmこんどはOK »

2006.06.28

100ドルPCほしい!

 ITMediaに「100ドルノートPCは子どもを救うだけではない」という記事があった。でも、記事より2~3ページめのスライドショーに注目。

 これ、ほしい~。

 前にも書いたかもしれないけど、先進国では、これ、500ドルとかで売ればいいと思うんだよね。それでも、買うもん、ふつう。 いや、ふつうは買わないかもしれないけど、私は500ドルなら買う。

 でね、のこった400ドルで、3~4機を低開発国に無償で提供するのよ。 つまり、PC普及のための、基金みたいな感じ。 買うとそれがボランティアになるってこと。 これ、いいアイデアだと思うんだけど。

 MITのなかの人、そーいうこと、考えてないのだろうか?

|

« またまた自爆ボタン | トップページ | ZoneAlarmこんどはOK »

コメント

低開発国向けで、いちばんのネックは、やっぱり電源の安定供給だと思うんですよね。その点で、手回し発電器がついてる100ドルノートPCは優れていると思います。
ジャンクノートでも、この部分を解決するパーツができれば、たしかに普及に役だつでしょうね。発電器といっても、単価100円くらいで、できそうな気がするんですけどね。

投稿: よが | 2006.06.29 08:49

この記事見て、例えば秋葉原のジャンク屋で捨て値で売ってるようなPenIIクラス位のジャンクノートを大量に直してLinux入れて低開発国に送る、なんてボランティアがあってもいいんじゃないかなあ、と思いました。Linuxのドライバ類はメーカが無償で供給してくれるといいなあ。
電力は食うかもしれませんけどね。

投稿: zak | 2006.06.29 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/10710087

この記事へのトラックバック一覧です: 100ドルPCほしい!:

« またまた自爆ボタン | トップページ | ZoneAlarmこんどはOK »