« AMDはEfficeonを販売 | トップページ | セイザー、ここにもひとり »

2006.06.11

ボウケンジャー#17

 なんだか、先週につづいて、またほぼリアルで見てしまった。

 先週から登場した、第10の飛行メカ(メカ多杉(^^; )、射出方法にしても、飛行姿勢や合体のしかたにしても、なんだかジェットスクランダーみたいだ。 なつかし~。

 えーと、それで、アシュですか。 人間の亜種? 違うな。 阿修羅? それも、六道のほう。 こっちのほうが、意味(外見)としては正しい感じ。 人道と畜生道のあいだってことで。

 アシュはネガティブシンジケートとは別系統の敵になるみたいだけど、そうすると、まだまだ敵キャラの種類が増える可能性があるのかね。 あんまり増やしても、敵の魅力がそれだけ稀釈化しちゃうと思うけど。ガジャの出番が、それだけすくなくなるし。

 でもまあ、そこそこおもしろいから、いいか。

 ちなみに、メビウスは予約録画からはずしました。 ネクサスだってはずさなかったのにー。

|

« AMDはEfficeonを販売 | トップページ | セイザー、ここにもひとり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/10480290

この記事へのトラックバック一覧です: ボウケンジャー#17:

» Boukenger task17 [MEICHIKU なんでもぶろぐ]
戦隊通算1500話(Task.19がこれになります)が近づき、また、毎年6月は「全米ゴルフ」のために1回お休みが入るが、今回はその前ということで、次回が待ち遠しくなるように新キャラが登場。ネガティブは4つ目となるアシュが、また、謎の男として高丘映士が登場。ロボの方もエスカレートすることが留まらないだけに、大量のキャラクター・グッズにより、「親泣かせ戦隊」ということもしっかりと受け継いでいる... 今回のBGMは新登場のアシュが人類とは別の進化系を取った生物ということで、オバケ植物を扱った「リトルショ... [続きを読む]

受信: 2006.06.11 18:34

» 今週の冒険者 #17 [振り向けば二次元]
今日の主役はアシュの監視者・高丘映士でしょう。それに対して、ダークシャドウは前座。新登場の高丘は、俺様気質で秘密主義?「アシュに関われば死ぬ」なんて言っては、反ってアシュや鏡のことが気になってしまうのが冒険者です。サージェスは建前上、持ち主が安全に保管出来るな... [続きを読む]

受信: 2006.06.11 20:31

» ボウケンジャーTask17アシュの鏡 [MAGI☆の日記]
レイの声はカレカノの有馬くんなんですね。次週お休み…以下ネタバレ↓↓↓ボウケンジャーと戦闘中のシズカ。無数の妖怪が封印されているという百鬼鏡を取り返そうとボウケンジャーは戦っているようです。今度はヤイバと戦闘で、ボウケンジャーは押され気味です。ヤイバは...... [続きを読む]

受信: 2006.06.12 09:43

» 轟轟戦隊ボウケンジャー Task17「アシュの鏡」 [『真・南海大決戦』]
◆TBさせて頂きます◆どうせ~来週は休みなんだからぁ~多少、レビュー遅くなってもヨクネェ~?ダメ? そうだよね…。大抵の人は当日中に上げてるんだよねェ…。思っていたよりも、高丘映士(変な漢字だな)はオレ的にはすんなり受け入れられたのが収穫でした。キャラ的にも5人と共存出来ているじゃない....... [続きを読む]

受信: 2006.06.15 00:58

» 轟轟戦隊ボウケンジャー 「Task.17 アシュの鏡」 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
『俺様は人間だ! アシュの監視者、高丘映士だ!!』 高丘映士・・・ TOSHIじゃないんだ・・・(* ̄- ̄) 6番目みたいっすね〜( ̄。 ̄)ホーーォ。 [続きを読む]

受信: 2006.06.17 15:50

» 轟轟戦隊ボウケンジャー「アシュの鏡」(完全版) [nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!]
長らくお待たせ致しました!!(大汗。 まぁ、2週あいたのでそのおさらいという意味でも、良い機会だと思うので・・・。 (多少今の時間に書いたことが影響している内容とかも含まれていますが・・・(笑)) それでは完全版、まいります!! ///////////////////////...... [続きを読む]

受信: 2006.06.24 04:24

« AMDはEfficeonを販売 | トップページ | セイザー、ここにもひとり »