« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006.06.30

だから、はじめてじゃないって

 井上「茜」真央ちゃんが、「家庭教師のトライ」のCMに、出演するそうで。 けさ、『めざましテレビ』で見せたいっこく堂のまねは、思わず歓声をあげたほどの芸。 あ、そーいう話ではなくて。

 サンスポがこのCM出演を記事にしてる。「井上真央がCMに初出演―家庭教師のトライをPR」というやつ。

 でもねー、CM初出演じゃないでしょ? 真央は最初、なんで出てきたんだよ~。池脇千鶴ちゃんの妹じゃん。三井のリハウス。それに、茜をやってたころにも、ヘアカラーかなんかのCMに出てたし。

 だから、この「初」は思いっきり間違い。サンスポは芸能ネタって、意外と弱いんだよな~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.06.29

世間はすずしかった

 うへー、暑い。(T^T)

 でもまだ6月だからと、冷房はがまんしてたのですよ。だけど、午前中、病院に薬をとりにいくんで、久しぶりに外に出てみたら……

 世間様はどこも、すずしいじゃないの。 そうか~、ふだん、ほとんど外に出ないから、気がつかなかったよー。しくしく。

 そういや、人間はともかく、PCさまはもう忍耐の限界だったのだ。

Pcprobe

 CPU60度は、はっきりいって限界こえてるし。

 また、私の仕事場は秘密基地仕様だから、せまいスペースに熱源がたっぷりあるのだ。 これではPCの寿命も短くなっちゃう。

 とか、いろいろ理屈をこねておいて、午後からクーラー入れますた。 快適~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ZoneAlarmこんどはOK

 きのう、個人ユースにかぎり、フリーで提供されるファイアウォール、ZoneAlarmの日本語版がアップデートされた。

 バージョンは6.5.725.000。

 この前のバージョン、6.5.722.000あたりでは、深刻なバグが報告されていたため、きのうの朝から、とりあえず自分でためしてみたが、とくに問題はない。

 最悪、BSoDまであるということだったんで、びびりながら導入したんだけどね~。だったら入れるなって。でも、そこで入れちゃうのがバシラーの悲しい性。ヽ( ´-`)ノ

 自分のほうが問題ないので、午後からとーこちゃんのマシンにも導入してもらって、ようすを見る。 バシラー魂(爆)。

 それでも、問題が出てないんで、だいじょうぶみたいだ。

 ただし、 オートアップデートだと、英語版のサイトに飛んで、問題のあるバージョンにアップデートされる可能性もあるから (ないか)、日本語版のこちらから、DLしたほうがいいと思う。

 そうそう。 ひとつ気づいたこと。アップデートすると、タスクトレイのアイコンのうち、「A」の地色が、いままでの明るい黄色から、ver.4.5時代の暗いオレンジに変わった。 理由はわからないけど、 見た目はかなり悪い。

【追記】
導入、アップデート前に、かならずこちらを参照してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.28

100ドルPCほしい!

 ITMediaに「100ドルノートPCは子どもを救うだけではない」という記事があった。でも、記事より2~3ページめのスライドショーに注目。

 これ、ほしい~。

 前にも書いたかもしれないけど、先進国では、これ、500ドルとかで売ればいいと思うんだよね。それでも、買うもん、ふつう。 いや、ふつうは買わないかもしれないけど、私は500ドルなら買う。

 でね、のこった400ドルで、3~4機を低開発国に無償で提供するのよ。 つまり、PC普及のための、基金みたいな感じ。 買うとそれがボランティアになるってこと。 これ、いいアイデアだと思うんだけど。

 MITのなかの人、そーいうこと、考えてないのだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

またまた自爆ボタン

 なんだか定期的にとりあげてる自爆ボタン。自作としては、「動く改造アホ一台」のKazさんのあと、とくに動きはないが、商品として展開しているタカラと太郎商店では、たてつづけにリリース情報があった。

 まず、太郎商店。 おととし、予約開始までこぎつけたあと、発売中止になった 「USB自爆ボタン」が、どうやら来月に発売されるらしい。ITMediaの「“USB自爆ボタン”復活の仕掛け人たち」が、いちばん新しい記事。

 これまでの「用途なし」から、今回はUSBハブとしての機能を持ち、USBを電源に、音も出るという。 ただ、いまこれを5000円で売っても、ヒットするかどうか、ちょっと微妙かも。 なぜかというと、タカラのほうが安くて高性能だから。

 タカラのは、正確には自爆ボタンではなく、「秘密基地をつくろう」シリーズの「エマージェンシーボタン」。 こっちは音が出るどころじゃなくて、PCのシャットダウン機能があり、しかもシャットダウンの映像がコリコリなのだ。

 これ!

 で、値段は3500円以下。 そしたら、やっぱりこっちを買うでしょう。 って、あたしゃとっくに予約してますけど。ヽ( ´-`)ノ

 ただ、問題は発売延期が、くりかえされていること。当初は今月24日発売の予定だったのが、すぐ7月25日に延期され、今月16日には9月24日に変更との連絡がきた。 まあ、制作者のブログ 「週刊ひみつく通信」で、隊長が土下座してたし、 予約キャンセルする気もないから、待ちますけどね。

 つーことで、今回はpara080さんの「ダメなものは駄目、酒でも飲んで忘れたい」のエントリ「自爆装置内蔵PC‘・・」から、半分情報をパクりました。(^^ゞ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.06.27

きょうから国際競輪

 ビッグレースとしては、次は今週末からの寛仁親王牌なんだけど、見るレースとしては、こっちのほうがおもしろいのだ。

 国際競輪というのは、ひと言でいうと、自転車競技(ピスト) の世界トップクラスの選手を招聘して、日本選手と競輪ルールで勝負するっていうシリーズ。 奈良を皮切りに、7月26日からの立川、大垣まで、全12場で開催される。

 例年は4月からだけど、今年は4月に世界選手権があったせいで、きょうの奈良からのスタートになった。参加選手などはこちらから。

 で、とにかく顔ぶれがすごい。若き帝王テオ・ボス、 アテネのケイリンとスプリントの金メダリスト(去年はさんざんだったけど)、ライアン・ベイリーはじめ、 錚々たるメンバーだからね~。 あれ? ひとりたりない。そうか、ガネは去年で引退しちゃったんだった。orz でも、ジョサイヤ・ヌグがいる(違)。

 今年は同時期に、親王牌とサマーナイトがある関係で(つか、全プロ記念が終わってるから?)、ワールドグランプリがないのが、さびしいけどね (さとうゆみさんによると、来年は復活するらしい)。 そのせいか、全員がそろっての決勝みたいなのは、どうやらないらしい。

 ちなみに、個人的には、ワールドGPもGIと同列にすればいいのにと思ってますが。賞金的に、GPにはできないだろうけど。 いずれにしても、FIはないよな~。

 国際競輪についての記事。コバケンさんはこちら。さとうゆみさんはこちら

【追記】
北津留は親王牌とサマーナイトに出るんで、からみなし。 サマーナイトなんかいいから、テオ・ボスと走るの見てー。

【追々記】
きょう、KEIRIN.JPで特集記事がアップされた。 こちら。 これにもとづいて、上記エントリの内容を、一部訂正しますた。 なお、この記事では、テオ・ボスを「若き皇帝」 としているが、私はやっぱり帝王にしたい。 ま、テオにひっかけたシャレですけど。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.26

豊橋記念は金子!

 豊橋のGIII、ちぎり賞決勝は、打鐘でかまし先行に出た佐藤友和に対し、地元の金子貴志は7番手と出遅れたが、最終1角で佐藤ラインの4番手をとりきり、あっさり捲って記念初Vを地元で飾った。

 2着は粘りこんだ佐藤。 3着は海老根かな?

 GIIはおととし、ふるさと佐世保でとってるけど、GIIIは初制覇。

 で、ほほほ、1-5で51500円ついたぜー。1点勝負(実際は折り返しの2点)でこれだけついたのは、けっこう久しぶりかも。 ぢつは佐藤を追っかけてたのだった。(^^)v

 それと、優勝インタビューは、山咲さくらさんだった。 すっかり元気になったらしい。 まあ、浜松の中継もやってるわけで。 でもよかったよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AMD、こんどこそ快調すぎ!

 こんどはマジで、新規巨額投資だ。ITMediaの「AMD、ニューヨーク州に新工場建設」というニュース。

 ニューヨーク州に32億ドルをかけて、新工場を建設するんだって。 うち9億ドルは州からの助成。 ふーん。西海岸じゃないのか。

 金額からすると、Fab35より大きくなりそうで、この主力3工場でプロセッサ・シェアの半分くらいをつくっちゃおうっていうことね。なんだか、ほんとに話が大きくなってきたぞ。

【追記】
CNetでもニュースが出た。「AMD、32nmプロセッサ工場をニューヨークに建設へ」という記事。 2010年稼働で、32ナノだって。

関連記事
AMD、快調すぎ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.25

カテゴリに「セイザーX」を追加

 かれこれ、70件をこえるエントリになっちゃったんで、カテゴリに 「セイザーX」を新設しました。

 それで、エントリをざっと見直したんだけど、1話のトラバは、 のぐのぐさんだけだったのが、3話からもう、かなりのトラバがくるようになってたのね。 早い人は、もうそのころから、セイザーのすごさを見てとってたんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セイザー、きのうの結果

 アクセス数は984。 もうちょっとで4ケタだったのに、残念。 それで、気になるアレは、

Rusee13

 8位にセイザーX打ち切りもあるから、80件超。(--;

 まあ、ね。これでセイザーは幻の傑作として、不動の立場を得たということで。 DVD売れるぞ~。ヽ( ´-`)ノ

関連記事
セイザー、しかし、もまいら

打ち切りかどうかは、
セイザー、ここにもひとり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.24

セイザーX grand final!

 最後までどこまでも直球勝負で、さわやかに終わりました。 よかったよかった。 結末も、予想のななめ前だったし。

 じつは、3将軍が帰っていく宇宙船が必要だから、ドリルアングラーはまだ動くのかと思ってたのだ。 でも、そもそも宇宙船は必要なかった。たぶん、いまごろは3人いっしょに、バルガレオンに乗って、納豆ご飯を探しにいってるんだろうね。(^^)

 1話と6話で出てきた、あのガキ子供たちが最後も登場。 「人知れず」戦うたっくんたちを見守ってた。

(*´Д`)

 グレートライオに乗ってきちゃったアクアルとサイクリは、あくまでもマイペース。

ア「さっさと仲間たちを援護しなさいよ!」
サ「そうだよ~」

 あげく、れみーに、「いまはエネルギーをためてるの!」 と、いいかえされて、姐さん「すみません~」と、素直にあやまっちゃって。(^^)

 しかし、最終回だと、 ラスボスとの戦いが本編の半分、10分くらいつづくと思ったら、さすがセイザーはこのへん淡泊。 くすぐりを入れながら、開始8分でかたづけました。

 ダークゲランにつっこんだアド、ケイン、ブレの力を借りて、ライオン1の奪回に成功するライオ。 でも、ネオデスカルがすかさず奪い返そうとすると、そこでカプセルの意志が発動。 このへんでも、ブレはうれしそうに、「正義のヒーロー、あ、ここに参上!」。

 たっくんがすかさず、「いつからおまえ、正義になったんだよ?」と、つっこむものの、 「へん、最初っからだ!」 と、動じない。(^^)

 そこでダークゲランの内外から、同時攻撃! はい。 これで闇はかたづきました。 ここは早く流さないと。 ほんとのクライマックスは、これからだからね~、セイザーの場合。

 闇を倒して、 コスモカプセルが12個そろった。 あとは、カプセル消滅を願うだけ。 拓人が代表して願いの言葉を口にすると……

 未来は変わった。 トビーがそう連絡してきて、消滅。

 ここはですね。 トビーのいる未来が、べつのパラレルワールドに移行したと考えれば、だれも死んでないんで。 シャークもだから死なないのよ。 べつのパラレルワールドでは生きてるのよ。 いちおう、そう解釈できます。

 でも、コスモカプセルは消滅しない!

 それを見たシャークが、しずかに語りだした。

 古代からつづく、 コスモカプセルをめぐる歴史のなかでは、カプセル消滅を願った者もいたはず。でも、この連鎖が延々とくりかえされてきたのは、カプセル自身は消滅しない、できない証拠だった。

 コスモカプセルは願いをかなえる力を持つかわり、強力な武器にもなる。でも、12個集まらなければ、もう悲劇はくりかえされない。だれか12人が、それをひとつずつ持ちつづければ。

 それがコスモカプセルの意志だった!

 つまり、セイザー隊がコスモカプセルを探していたのではなく、カプセルのほうが12人の所有者を探していたということ。ひとつずつ、永遠に保存しつづける「コスモカプセルの戦士」を!

 いいね~、この結末。 かなり前から予想してましたけど。 これで、12人はだれも死なない。 消滅しない。

 おおお、シャークの説明に呼応するように、コスモカプセルが12人の前に実体化する。

 あれま。12個めは由衣ちゃんだ。 このへんが、ななめ。(^_^;)

 シャークはやっぱり消滅しちゃったよ~。

 最後の言葉は、「俺がおまえたちに伝えたいのは、ただひとつ。すてきな未来をつくってくれ」だった。

(*´Д`)

 でも、これでシャークの説明どおり、コスモカプセルによる負の連鎖はなくなるはず。なにしろ、同一時空じゃなくて、時を越えて分散させる作戦だから。

 というわけで、 コスモカプセルの戦士12名は、シャークと同様、時空を越えて旅だちます。旅だちの場所は、もちろん安藤家の茶の間。 ここが宇宙の中心だからね。

 向かう先は、それぞれのカプセルにうつっていて、所有者にはわかるとのこと。

 最初に消えるのは、庭の3将軍。 どうやら宇宙にもどり、 もとの自由な生活をとりもどせそう。 でも、春子さんに、「もう宇宙海賊なんかしたらだめよ」と、念を押されてましたが。

 たぶん永遠の別れになる直前、ひとしきり、拓人とじゃれあったブレは、「みんな、最後にいわせてくれ」と、真剣な顔になった。 いや、だから、ブレの表情がわかるんだって。(^^ゞ

「こんなかっこいいこというのは、 俺のキャラじゃないかもしれんが、最後にかっこいいことをいわせてくれ。俺は、おまえたちが……」

 はい、消滅。 去りぎわまで、お約束は忘れずに。

 アクアル姐さんも、「早くいいなさいって!」と、消えながらつっこみを忘れませんでした。

(*´Д`)

ブレアード スタッグビートル7
アクアル ピジョン10
サイクリード スワン6

 次はパトラ、ゴルド夫妻。 ふたりはどこかで、大学芋屋をやるそうで。 すると、現代の地球にのこる可能性もあるのかな? ゴルドさんの腹のぷるぷるが、なんともいえません。(^^)

パトラ ウルフ5
ゴルド マンティス11

 次、ケインとアインツバイン。 3人は未来のラディ星にもどるらしい。 カプセルには、ケインの母ちゃんがうつっていたもよう。 アイン、ツバインの置きみやげ、風呂用タオルが哀しい。

ケイン ビートル3
アイン スピアフィッシュ8
ツバイン オックス9

 そして、アド。カプセルが指定した移動先は、現代のビオード星。この時代から、ビオード星を地球みたいな家族がいっしょに住める社会に変えるために。この、茶の間にきてからのアド演技。すごくよかったぞ。

アド イーグル2

 最後にのこったのは、地球生まれの3人。 この3人のカプセルは、なにもうつしださないし、どこにも行かない。 未来は自分で決めろということ。

拓人 ライオン1
れみー シャーク4 (*´Д`)
由衣 ホエール12

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 数カ月後、 イギリスに向かうたっくんに、「大きくなったな」 と、声をかけるじっちゃん。「おとなになった」じゃなくて、「大きくなった」といった理由は、次にれみーが語ってくれる。

(*´Д`)

 れみーの話はいいや。 いきなり、「拓人」と、呼んだ瞬間は、愕然としたが。娘を嫁にやるものか(爆)。でも、拓人とすてきな未来をつくるんだぞ。

 そして、最後のセリフになる「ただいま~!」と「行ってきま~す!」は、この作品がいちばんいいたかったことを、いちばんうまく表現していたと思う。

 どこまでもまっすぐなセイザーXは、こうして終わりました。できたら番外編くらい、つくってほしいけど、それはまたべつの話。

 林民夫さん、市野さんはじめ、スタッフの人たち、良質なジュヴナイル作品をありがとう。セイザーXは特撮史にのこる名作になりました。みごと。

| | コメント (2) | トラックバック (10)

セイザー、しかし、もまいら

 9時台の1時間で、この数字はねえだろ。

Rusee11

 9時ちょっと前に見たときは、打ち切り1個だったのに。

 せっかく、感動の余韻にひたってたら、これだ。(^_^;)

関連記事
セイザー、先週の結果
セイザー、満員御礼
セイザー、どこからでもきなさい
セイザー、ほんとにうるさい
セイザー、ここにもひとり

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セイザー、すてきな未来を

 最後の言葉は、「すてきな未来を、みんなでつくろう」だった。

 (*´Д`)

 いい終わり方ですた。

 でも、最後、れみーが「拓人」と呼んだところでは、なんというか気恥ずかしいというか。 ばか。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セイザー最終回

 おおお、トビーも出てくるらしいぞ!

 早くも躁状態。(^_^;)

 いいぞ、ブレちゃんの装着ポーズ!

 さ、あとは見入る。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.06.23

Origamiの次はHaiku

 MSが提唱したOrigamiことウルトラモバイルPC(UMPC)は、思いっきりコケたままだが、MSは成功するまで、新製品投入をやめないのか社風。次のバージョンを開発中だそうだ。ITMediaの「Origamiのセカンドチャンスは冬に来る?」という記事。

 その名はHaiku。_| ̄|○

 MSはどうやら、こーいう小型精密機械こそ、日本で売れると思ってるらしい。でも、結論からいうと、売れないのよ。日本人がこのスペックのものをほしいとなったら、迷わずBAIO typeUに行くもん。

 もっとも、この「日本人は精密機械が好き」 っていう思いこみは、A
MDにもある。 たとえば、次期モバイルPCのリファレンス・デザインのコードネームは、既報のとおりYamatoだし。orz

 ま、これは日本AMDと日本IBMを中心に、日本で開発してるデザインだからっていう意味が強いけど。

 そうそう、YamatoはTurion64+NVIDIA製チップセットだそうで、これがATI製になると、Yokohamaという名になる。 こっちはインプレスの「好調なチップセットビジネスを拡張するATI」という記事。

 折り紙、俳句、大和、横浜って……ナンダカナン。(^_^;)

関連記事
その名はYamato!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ZoneAlarmアップデートは尚早

 ZoneAlarmのオートアップデートを利用していると、6.5.714.000とか、6.5.722.000とかのアップデート情報が流れると思う。

 ただ、これらのバージョンはまだ日本語版が出ていないのと、アンチウィルスソフトとのバッティングや、バグなどが確認されているのとで、アップデートは見送ったほうがよさそう。

 ユーザーからの最新報告は、えいどらさんの竜の情報館の「ネットセキュリティ」 にはいって、掲示板を参照するのが、たぶんいちばん早くて確実と思う。

 ちなみに、アンテウィルスソフトとのバッティングは、その前の現行バージョン、6.1.744.001 でも発生しているらしいが、私の環境では問題なく動いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.22

吾妻ひでお公式サイト

 というものが、存在していた。 去年2月にオープンしてたらしい。検索すれば一発だったのに、気づかなかった。 ぬかった。

 あ、こちらです。

 まあ、吾妻さんの場合、生きてるだけでもうれしい(^^; というか、そういう存在なわけだけど、スケジュールを見ると、いろいろ仕事も忙しいらしくて、なによりです。

 サイトのなかでは、「ひでおのカオス日記」 というのがはじまったところで、これは必見。 しかも、1回更新すると、前のを削除しちゃうらしいので、これを見るだけでも、週1回か、2週に1回は巡回しないとならない。ちなみに、いま掲載されているぶんも、めちゃくちゃシュール。

 しかし、吾妻さんも公式サイトを持つ世の中なんだね~。しみじみ。

関連記事
『失踪日記』を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.21

もはや衝動ですら

 ここはパーツ館なのに、PCパーツの話はほとんど出てこないんだよね。 なぜかというと、パーツ館をはじめる直前につくったマシンが、きわめて安定しているから。

 でも、もう2年2カ月、新しいマシンをつくってないから、そろそろまたいじくりたくなってるらしい。おととい、メモリを衝動買いした。

 いや、なんつーか、衝動すらなく、ただ買っちゃったっていうのが正しい。 ほんと、理由がないのだ。

 ぼんやりTWOTOPのネット通販を見てたら、けっこう安く売ってるんで、ぼんやり1GBぶんを注文しちゃったってだけで。

 そしたら、TWOTOPのなかの人も、 こっちがぼんやり買ったって気づいたらしく、 また気が変わらないうちにと思って、速攻で送ってきたのですよ(違)。注文してからとどくまで、20時間とかかんないのね。在庫が潤沢だと、このくらい速いのか。 知りませんでした。

Mem1g_1

 はい。K7なんで、PC3200の512MBを2枚、デュアルチャンネルで。 開けてみたら、なんと、BUFFALO製! ノーブランド品買ったのに。 不思議だ。

 そういや、BUFFALOのメモリを買ったのは、10年ぶりだよ~。 当時はメルコでしたけど。 たしか、6MB! で2万! くらいだっけ?(^^;

 しかも、この段階で、メモリにはシングルとダブルがあったのを、ようやく思いだした。デュアルチャンネル構成にするには、シングルサイドじゃないといけないのであった。さいわい、シングルだったけど。

 って、いまはもうダブルサイドメモリなんて、売ってないのかな?

 そーいうわけで、無意味かつぼんやり買ったもんで、 あとから冷や汗もんでしたが、換装自体は3分で終了。ぶじデュアルチャンネルで認識されますた。

Cpuz

 それにしても、 これまで512MBで充分だったのに、なぜ急に1GBにする気になったのか、やっぱり不明。

 もしかすると、VistaでAeroを使うのに、メモリ1GB以上を推奨してるから? でも、このマシンにVistaを導入する気、ないんですけど。

 マジでわからない~。(--;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨にアッガイ

 アキバblogさんのネタより。「梅雨こそアッガイ 水陸両用の季節ですね」というエントリ。 アソビットキャラシティのガンプラ売り場のPOPに、こーいうコピーがあったそうで。

 そうですか梅雨は水陸両用MSの季節ですか。

 ということで、うちのアッガイも見栄きってみました。

Acg11

 ちょっと埃ついてますけど、ウェザリングということでひとつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.20

ココログ障害で訴訟も

 まいど「通信事故」 がつづいたままのココログだけど、業を煮やしたユーザーのなかには、訴訟準備をはじめた人もいるとか。ITMediaの「ココログ障害に募る不満 訴訟準備のユーザーも」という記事。

 あ、これも岡田記者だ。 ほんと、最近ほとんど「IT戦士」を使わないから、わかんないんだよね。

 ま、障害はほとんど改善されてません。 改善したのは、レスポンスであって、不具合は放置したまま。 当パーツ館でも、タイトル部分のデザインがくずれたまま、もう3カ月以上の放置プレイ中。

 それだけじゃなく、プロキシエラーとか、管理機能もぐっちゃぐちゃ。 6月にはいってからだけで、アップしたエントリが、いきなりぶっとんだのが3回。 追記や変更が反映されない事態は数知れず。

 FC2かSeeSaaで、ココログにある「マイリスト」機能をパクってくんないかな~。そうすれば、すぐ乗りかえるのに~。 有料でもいいから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月はスカパー!の季節

 きのうとどいた『CLUBスカパー!』を、けさ見てみたら、なんだか無意味に熱い。(^^)

Ska

 どうも、ウルトラマン・シリーズをあちこちでやるそうなのだ。劇場版コスモス2本はチャンネルNECO。 Nプロジェクトの『ULTRAMAN』は、キッズステーション。 この『ULTRAMAN』は録画しようっと。

 テレビ版では、TBSチャンネルでティガの前半30話を一挙放送。 コスモスの後半も。ファミリー劇場ではAが終わって、初代がはじまる。

 しかも、これだけじゃない。『日本沈没』公開にあわせて、日本映画専門チャンネルが、7月15日22時から24時間、「東宝パニック特撮の世界」という特集を組んでる。

 オンエア作品のうち、まだDVDに焼いてないのは……水野久美さんのバラゴン、去年撮りそこねたゴラス、いちおうドゴラものこしとこうかな。あと、各作品の劇場予告編というのが、挿入されるらしい。うひうひ。

 まだある。7月3日深夜から、『ブレイブストーリー』の公開記念で、『青の6号』のOVAが一挙放送ですよ。うひうひうひ。 私は興味ないけど、同時に『雪風』もやるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.19

片平が3年半ぶりに優勝!

 やー、感動的!

 船橋オートのヒラ開催、プラスミックカップで、片平巧(19期 船橋)が優勝した。 かつての常勝男も、長い不調期に苦しんでいたが、ようやく復活ののろしをあげた感じ。優勝は2002年11月13日以来、なんと3年7カ月ぶりだそうだ。

 ヒラ場といっても、決勝のメンバーはほぼ最強船橋のオールスター(岩田と早船は特選まわり) で、しかも10mオープンの5号車だからね。 GI級といってもいい。しかも、 前日の準決勝(12R)では、鬼門の雨走路でさばきの走りをしたあげく、2着にくいこんだのよ。これがすごいレースだった。 オンデマンドはこちら

 決勝戦ではスタートよく4番手につけてから、1周で1車さばく、往年の走りを見せ、のこり2周でトップに立つと、以下あぶなげなく押しきった。 2着は山田真弘。

 また、11R特選では、ミスターオート飯塚将光(9期 船橋)が勝って、今節1141と、じつに3勝をあげた。 飯塚は前場所のプレミアムでも、1勝をあげていて、こちらも完全復活の予感。 しかし、ここでGIとかとっちゃったら、怪物だぜ。

 ところで、実況の吉原くんも、かなり興奮したのか、プラスミックカップだからか、最終周回は上司のあの人が乗り移って、「ハンカチをご用意ください」とか、やってたぞ。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

空調服がベッドに!

 久しぶりに、ITMedia岡田有花記者の「IT戦士」が降臨したぞ。 それも、3年連続の空調服ネタが2本!

 空調服の今年バージョン「IT戦士の夏も安心! 空調服がUSBに対応」と、空調服のベッドバージョン「空調ベッドでさらば寝苦しい夜」の2本。

 おお、IT戦士の夏、ニッポンの夏ですよ。(*´Д`)

 とくに、この空調ベッドはいいかも。今年はまだ有償試作品とのことで、買えるのは来年になりそうだけど、とてもほすい。(・∀・)

 それより、岡田記者のキラースピール「IT戦士」の復活がうれすい。 てっきり、封印したと思ってたもんな~。

#パーツ館内「岡田有花記者」検索一覧はこちら
#同じく「空調服」はこちら

【追記】
気がつかなかったが、IT戦士、こんなこともしてたよー。orz

| | コメント (4) | トラックバック (1)

セイザー、先週の結果

 結局、きのうも怒濤のアクセスだった。 3日で2000アクセスこえましたもん。 そこで、お楽しみ「打ち切り」の結果(爆)。

Rusee05

 おおお、バレーダが差しかえした! たった2日で、1週間ぶんの打ち切りを逆転するとは。 偉いぞバレーダ!ヽ( ´-`)ノ

 というわけで、きょうから平常運転にもどれるといいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.18

うちのサッカー

 朝、漫然とテレビをつけて、コーヒーを飲みながら、NHKのワールドカップ特集を見はじめる。 すると、解説者を見たとーこちゃんが、

「あ、戸田がいる~!」

 いや、だから、あれは森岡だってば。(^^; たしか、先週も同じ会話をしたですよ。

 つづいて、その隣りにすわっているのが三浦泰年だと気づいた私、

「あれ、ヤスじゃん。なにやってんだ? ヴィッセル首になったのか?」

 すると、とーこちゃんがいきなり、

「ほんとだ、ヤスだ。 なんでにこにこしてるの? まるでいい人みたいじゃない! おかしい! ぜったいおかしい!」

 いったい、過去になにがあったのだろう?(^^;;;

 ま、たしかに、うちではヤスとか井原、レッズの福田なんかは、だんぜんヒールだったが。 それにしても、そこまでいうか。(^^ゞ

#ちなみに、ヤスはヴィッセルをとっくにやめて、いまは静岡FCにいるんだって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セイザー、満員御礼

 なんだかんだいって、きのうは900近くまでアクセスが伸びた。 すごいな~。ふだん、600台がいいとこなのに。

Rusee03

 つーわけで、セイザーさまさま、打ち切りさまさまだね(自爆)。 バレーダはがんばったものの、後半追い脚を欠いたかたち。

 うってかわって、きょうはアクセスも検索も、おちつきをとりもどしている。

Rusee04

 朝9時半現在。 まみちゃんのは、ヤンサン関係だろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.17

セイザー、バーダー船長幻想

 朝、「まもなくセイザー」で、たっくんは闇のなかで、バーダー船長に会うんだろうかと書いた。これはつまり、例の伏線のこと。もし説明があるなら、今回しかないと思ったんだけど……なかったね。(^_^;)

 例の伏線というのは、第10話「船長の死」前半で、バーダー船長のロボットが落雷で壊れる直前、 「ブレアード、どうして死んだんだ?」と、つぶやくシーンがあるから。 いまDVD第3巻で、正確なセリフを確認しますた。 結局、1日じゅう、ずっとセイザー見てたぜぃ。(^^;;;

 きっと、いまもあちこちで話題になってると思うが、これっていかにも伏線っぽいのだ。違う可能性も高いけど。 なんかのミスディレクションにするつもりだったとか、途中で使わないことにした設定だったとか、理由はいくらでも考えられるわけで。

 でも、 もし伏線としたら、その答えが出てくるのは、今回だけしかないと思ってたわけです。 最終回は敵との最終決戦が半分、あとは主人公たちの別れと旅だちを描かないとならないから。バーダー船長が出てくる、時間的余裕はないはずで。

 で、出るとしたら、どういうかたちか、妄想してたんですね。(^^)

 さて、妄想の結論。

「ブレアード、どうして死んだんだ?」は、ロボットのバーダー(以下、ロボット)が起動して、最初に聞いた言葉。ほんもののバーダー(以下、船長)は、自分の身代わりロボットをつくり、起動を確認すると、闇の世界に突入した……ブレアードたち3将軍を、生きかえらせるために!

 そう。地球にやってくる前、3将軍はなんらかの事故か海賊稼業の結果、死亡していたというお話。 でも、子供同然の3将軍を失った船長は、ロボットに自分の全記憶を移植すると、それにバルガレオンを託して、闇に突入したのでした。 3将軍を生きかえらせるためには、闇のコスモカプセルが必要だから!ぉぉ!

 ロボットのほうはというと、破壊される直前、最初に記憶した言葉とかを発するってのは、HALちゃんからの伝統で、だからこれは、船長が闇に突入する直前につぶやいた言葉に決定。(^^)

 いえ、あくまで妄想ですから。(^^)

 船長はいちおう「悪」属性なので、闇に順応はできるし、闇のなかを自由に活動できる。 でも、順応してしまったら、二度ともとの世界にもどれない。 それを承知で、子供たちを助けるため、おのれの身を捨てたわけです。 なんだ、船長、かっこいいじゃないか。

 それで、うまいこと闇の ドラゴンボール コスモカプセルを集めて、3将軍は生きかえったけれど、船長は闇に閉じこめられてしまった。

 というストーリーがあって……

 けれども、今回、光の戦士であるたっくんがやってきて、あとを追ってブレちゃんもやってきて、ブレちゃんはめでたくナマ船長と再会し、光の戦士の力を借りて、闇から脱出できましたとさ。 めでたしめでたし。めでたし権兵衛、ということで。

 という展開を、妄想していたのでありました。へへ。

 でも、たっくんとダークライオの対峙を見ると、そこまで描く時間はとてもなかったね。 当然、この妄想は本編と関係のない枝葉だし。

 いずれにしても、これで「どうして死んだんだ」の謎は謎のまま、本編では語られないと思う。 でも、好きな人が同人誌とかで、 こういうストーリーの外伝をつくったりしたら、ぜひご一報ください。 購入させていただきますんで。(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

セイザー、どこからでもきなさい

 のつづき。 その後の検索キーワードの推移(爆)。

Rusee02

 打ち切りは順調に増えてます。 もうネタにしちゃうぞ。(TnT)

 2位のkeirin.jpは既報のようなトラブルのためと思われ。

 バレーダさんのあんまりな死は、やっぱり全世界にけっこうなショックをあたえたらしく、急に増えてきますた。 よかったね、バレーダ。棒でもずいぶん注目されてたみたいで。私もあれはあれで、味だと思ってましたよ。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セイザーX、the Climax 2-2

 本日3回め、見直したところ。ヽ( ´-`)ノ そしたら、

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 そこでブレが、「よし、行ってこい、拓人!」ヽ( ´-`)ノ

 でも、つづいて、「そして、そのまま帰ってくるんだ」(*´Д`)

 つながってるね。拓人とブレ。 「(悲痛な覚悟は)冗談だよ、ブレアード。おまえに会えたこと、感謝してるぜ!」

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 ここのところ、べつの解釈もできそう。

ブ「よし、行ってこい、拓人!」
た「いまのだれ?」
ブ「そしてそのまま、帰ってくるな」

 かも。「帰ってくるんだ」と、聞こえるけど、流れからすると、こっちのほうが自然。

 そうすると、次の「冗談だよ」は、「いまのだれ?」に対して、冗談といってるらしい。 うん。こっちのほうが正解っぽい。

 で、またまた見ていたのは、特撮部分を再チェックするため。本編がすごいんで、つい特撮は忘れがち(これが正しいあり方) だけど、ダークゲランの巨大さを、 基本的に遠近感と、小道具だけで表現してるのね。 もちろん、合成処理多数はあるけど。 さすがは川北組。年季が違う。

 あともうひとつ、これも気になってた点。そーすると、ネオデスカルはこの過去界に、神になりにきたわけね。 ダークゲランとの合体まで、織りこみずみだったってこと。きっかけはもちろん、セイザー隊が過去に向かったからだけど。

 神になるため過去界にくるっていうのは、ストーリーとしてはありがちな展開ながら、これをテレビドラマでやったのは、はじめてかもしれない。 まだまだ、いろいろ深そうなセイザーであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KEIRIN.JPにトラブル

 セイザーが一段落して(^^; 高松記念のようす(聖隆の成績)を見にいったら、アクセスできないでやんの。(--;

 いまはもとにもどってます。

2006.06.17 本日、11:27から14:45にかけてKEIRIN.JPでシステム障害が発生いたしました。

 だそうで。 すこし重めだったけど、それと関係あるのか? こういうことがあるから、GIの直後に切り替えたはずなのに。あまりにお約束っぽいミスというか、ココログみたいだな~。

 あ、いまはso-netブログっぽいっていうのか。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セイザーX、the Climax 2

 今回、ストーリーを追って書いてますんで、読むとぜんぶわかっちゃいます。

「みんな違って、みんないい」

 見てるうちに、金子みすヾのこの詩を思いだしちゃったよ。 いや、これは座右の銘にしてる言葉だから、クライマックス2週めはこの言葉につきると思ったってことで。

 金子みすヾについては、こちらから。 この詩は第5章で説明。

 さて冒頭。 ブレはドリルアングラーで戦いながら、 「いい船をのこしてくれたな、ジャッカル」と、死んだ友を思いだす。よかったなジャッカル。ブレの心にのこって。

 それに対して、バレーダ。(^^;;;

 ある意味、 偉大なるガレイドさまと同じだけどね。 先週、ようやくやる気出してきたところだったのに~。 もしかして、スタッフにも棒が嫌われていたのか(違)。 ジャッカルとグロ姐さんは、ある意味、かなりしあわせだったらしい。(^^;;;

 恐獣ダークゲランはアド、ケイン、ブレの共同作戦で、一度は爆発したものの、ネオデスカルが転送機を使って一体化をはたし、超巨大化してよみがえった。

 ライオン1はネオデスカルが持ち去ったため、とりもどすには、転送機であとを追うほかない……そう決意する拓人。

 当然、アドやケインはとめようとする。 もどれる可能性は、ほとんどないから。だけど、ぜったい死ぬとはかぎらないと、拓人の決意はかたい。

 そこでブレが、「よし、行ってこい、拓人!」ヽ( ´-`)ノ

 でも、つづいて、「そして、そのまま帰ってくるんだ」(*´Д`)

 つながってるね。拓人とブレ。

「(悲痛な覚悟は)冗談だよ、ブレアード。おまえに会えたこと、感謝してるぜ!」

 拓人はそういいのこして、転送機を作動させた。

 一方、 ドリルアングラーでは、ブレが泣きじゃくっている。 見かねたサイクリが、「ブレアード、泣いているのか?」と、硬そうな布みたいなものを渡そうとするが、ブレはそれにも気がつかないで、

「俺が泣くわけがねえ! 俺もおまえに会えたことを、感謝してるぜ、拓人!」

(*´Д`)

 こういう感じでね、思いっきりシリアスですよ、今回は。さて、ダークゲランの体内で実体化した拓人の前にあらわれたのは、 闇のライオだった。 ネオデスカルはすでに実体を失っているため、拓人には「闇の自分自身」に見えるとのこと。

 そのネオデスカルあらためダークライオが、拓人にたずねる。「おまえはなにがやりたいのか?」。

拓「コスモカプセルを消滅させて、未来を変える」
ダ「だったら、目的は私といっしょだ」

 そうなのだ。 現象面は。 でも、決定的に違う点がひとつ。

ダ「地球が闇につつまれれば、コスモカプセルの効力は消える。 当然、未来も変わるだろう」
拓「でも、それじゃ未来は闇のまんまだろう? 」
ダ「すべてが闇でひとつになるのだ。 過去からつづいていた、コスモカプセルをめぐる戦いに、終止符がうたれ、すべてがひとつになるのだ」

 闇による支配か、光による支配か。ゾロアスターの昔からの、永遠の争闘です。

そのころ、「外」 ではアドルイーグルにつづいてマグナビートも闇に侵食され、戦線から脱落した。のこるはドリルアングラーと、拓人のいないグレートライオだけ。

 ブレはケインの、「ぼくはやるときはやるんだ」にあわせて、「俺もやるときはやるぜい」と、 ノリノリだったが、 この絶対的劣勢を見て、ついに悲壮な決意をかためる。

ブ「よし、俺は恐獣の体内にはいって、みずから爆発する」
ア「ブレアード!」
サ「そんなことしたら、痛くて死んじゃうぞ」
ブ「いいから! 俺たちが消えれば、すべてがまるくおさまるんだ。それなのに、拓人は俺を捕まえても、なにもしなかった。それに報いるために、俺たちがみずから消えるんだ」

(*´Д`)

 もう、刺激強すぎですよ、ブレちゃん。でも、セイザー隊が自決を許すはずがない。すかさず、れみーが介入。

「やめて!これ以上の悲しみはもうたくさんよ!恐獣のなかにはたっくんがいるのよ。 たっくんが戦ってるの。 たっくんを信じて」

(*´Д`)

 このへんの、ラグナロク(神々の黄昏のほう)を連想させる音楽、矢野さんらしいね。 音楽も神がかり。

 ふたたび「体内」の拓人たち。

「すべてがひとつに?」
「そうだ。すべてがひとつになれば、争いも消えるのだ。 戦いのない世の中になる。それこそが、古代から人類が夢みていた、理想の世界なのだ」
「それはすべて、おまえになるってことだろ。おまえにしたがわないものは、すべて排除されるってことだ。すべてをひとつにしちゃいけないんだ。
 俺はこの戦いに参加してから、いろんな人に会ってきた。未来の宇宙からやってきたやつらと、考え方があうわけがない。最初は衝突もした。でも、そんなやつらとも、心をかよいあわせることができるんだ。違った価値観のままでも、心をあわせることができるんだよ。 敵だったやつでさえ、いまでは俺たちの仲間なんだ。
 みんなそれぞれ違うから、対立もするし喧嘩ももする。でも、だからこそ、わかりあえたときがうれしいんだ。なによりも、うれしいんだよ。世の中で、 こんなにもうれしいことが、ほかにないほどにな。 俺はこの戦いで、それを学んだんだ」
「違う人々がいるから、 世界から戦いがなくならないのだ。すべてがひとつになれば、争いも消える!」
「違う。 それは違う!そんなつまらない未来を、俺はつくりたくない。アドやケインや、れみーやシャーク隊長や、 ブレアードまでいる世界のほうを、俺は望む。たとえときに喧嘩したとしてもな!」
「やはり、おまえには消えてもらうしかないようだな」

 長いセリフだけど、これが市野監督のいっていた、 アメリカと非アメリカなるものとの対立を、彷彿させるってやつね。でも、これが戦いの本質なんだよね。 最後のセリフは、いかにもアメリカですが。(w

「戦い」を描く創作の9割は、善悪、陰陽、光と闇、法と無秩序といったものの対立が、根底にあるわけで。

 もちろん、いろんな解釈があっていいし、だからこそ「みんな違って、みんないい」と、思ったわけですが。

 いずれにしても、このテーマを真っ正面からあつかったんだから、さすがセイザー。 最後まで、どこまでもまっすぐだったよ。子供にも、このメッセージはきっと伝わるはず。それも、きっと原体験として。 この真摯な制作姿勢には、頭が下がります。

 また「外」。 ドリルアングラーも小破らしいが動かなくなったが、アドの分析だと、体内と外から同時に攻撃すれば、ダークゲランを撃破できるらしい。でも、それをだれかが、体内の拓人に知らせないとならない。

 さいわい、アドルイーグルのコアブレイバーは、闇の侵食をうけていないらしい。そうと知った副長たちが、コアブレイバー回収に立ちあがる。

(*´Д`)

 副長たちにも、最後の見せ場を用意してたよ、市野監督。 すごいすごい。

 バトルスーツを脱いで、イーグルにもぐりこんだものの、闇にじゃまされて、進めなくなったアインツバイン。 でも、その前に颯爽とあらわれたパトラさん!

「じゃ~ん、助っ人参上」

 侵入はお手のものなのだ。そして、

パ「さ、ゴルド!」
ゴ「OK、奥さん」

 おお、ゴルドさんも見せ場たっぷり。 さらに、アインツバインが通過すると、

パ「役にたったね。あたしたち」
ゴ「バトラのおかげですよ」

 正直いって、パトラさんとバレーダ、待遇に差がありすぎ。 ああ、スタッフさん、そんなに棒が以下同。 いえ決してそういうわけではないようで。(^^;;;

 コアブレイバーの準備がととのい、乗ろうとするアド、ケインに、 ブレがすかさず、「俺も行かせてもらうぜ」。

 シャークも行こうとしたが、 そこに春子さんたちといっしょにやってきたじっちゃんが、それをとめる。

「未来をつくっていく者たちにまかせるんだ、シャーク」

 うは~。 コアブレイバーに向かう3人は、こんどは西部劇調の音楽に乗って、『コナン・ザ・バーバリアン』の世界。 またしても矢野さんいいね!

 さらにさらに、シメはなんと宗二郎さんが、「たのんだぞ、未来を!」

 ブレはそれが聞こえたかどうか、「待ってろ拓人、待ってろ拓人」と、うれしそうに歌ってましたが。(^^)

 そして、拓人は人知れず戦う。

「おまえがいうような未来なんかに、ぜったいさせない。 未来は俺たちがつくるんだ!」

 次回、感動の最終回!

| | コメント (6) | トラックバック (10)

セイザー、ほんとにうるさい

 もうね。朝9時でこれですよ。

Rusee

 まったくほんとにうるさい。 つか、ほとんどスパム。 「セイザーX 打ち切り」で検索してくるやつは、このエントリをよく読むように。 コメントも。

 なお、4位ツンデレはアクアル姐さんのことらしい。 5位腹筋はたぶんれみー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まもなくセイザー

 ただいま8時45分。 どきどき(爆)。

 たっくんは闇のなかで、バーダー船長に会うんだろうか?

 いえ、妄想です。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.16

やっとゲット

 ふー。 30回はやったぞ。

 これをゲットしたかったのだ。(^^)v

 a-chanさんのところに貼ってあるのを見つけて、何度かやってるう
ちに、 こんどはコアミさんもゲットしてて。 ところが、最後の壁がどう
しても越えられなくて。

 なんのことか、わかんないっすね。 これ、ペプシNEXのサイトにあるゲームをクリアすると、バナーがもらえるという、ただそれだけの話です。

 しかし、こんなことばっかりやってて、仕事になんねー。(^_^;)

| | コメント (6) | トラックバック (4)

びわこ旅打ち おまけ

 先日、大津びわ湖競輪場から、でっかい宅配便がとどいた。

Cy01

 ほんとにでっかい。 折りたたみ自転車だ。 あ、あれか~。

 宮杯の最終日、弥彦のすぴRitsが模擬レースをやったんだけど、そこの優勝者当てクイズに応募したんだった。

 投票したのは、もちろん9番車の渡辺まりさん。  弥彦の中継や『ミラクルC』を見て、いちばん脚があるのは知ってたし、3日め、競輪場についたら、ちょうどすぐ目の前で、取材やってたから、 迷いなく9番車にしたのだった。

 でも、賞品がなにか、ほとんど見なかったんだった。 こんなでかいのが当たっちゃったか~。(^_^;)

 それに、じつは模擬レース自体も見逃しちゃったのであった。 車券買ってて。 ロケハンまでしたのにな~。(^^;;;

Cy03

 ありがとうございます~。でも、車券が当たるほうがうれしいよ~。

 うち、夫婦ふたりで自転車3台あるし。 輪行の趣味もないし。

Cy02

 さいわい、甥っ子に聞いてみたら、ひとりがぜひほしいということなんで、さっそく浦和のほうにもらわれていくことになりました。 しかし、思いっきり意外なオマケがつきました。

 もう、これだけブログのネタを提供してもらうと、来年も大津びわ湖に行くしかないかなと考えている、きょうこのごろ。(^^)

【追記】
そういえば、『ミラクルC』 がなくなって、いま競輪紹介番組がないんだよね~。 すこしさびしい。 たとえば、内林の奥さんが水月さんだっていうのは、こういう番組がないと、知るチャンスがないわけで。 願う復活。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.06.15

御愛顧感謝、本日2周年

 本日、東洋亭パーツ館はスタートからまる2周年を迎えました。 日頃の御愛顧に心より感謝申しあげます。_(._.)_

 そーいうわけで、まる2年ですよ。1周年のときは、6万3000くらいだったアクセス数が、2周年では20万3000をこえてます。 びっくりですね~。 コアな話が多いのに。

Y2

 エントリ、コメント、 トラバの数は上のとおり。 エントリは1日平均で1.7本くらい。トラバは大半がこの1年のもので、たぶんセイザーが中心。 というような感じでしょうか。

 これからも、このくらいのペースでつづけるつもりですんで、 どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.06.14

KEIRIN.JP正式スタート

 これまでの競輪らんど、データプラザと、 ネット投票の各サイトを統合した新オフィシャルサイト、KEIRIN.JPがけさから正式運用を開始した。朝10時現在は、ネットバンクとの接続に不具合があるそうで、投票はできないけど。 ま、これは生みの苦しみというやつで。

 それでも、投票以外は問題ないので、いろいろ遊んでみた。そのリポートをひとつ。

 まず、トップページに「マイページ」 というボタンがあるので、これを登録しておくと便利。

Kei01

 具体的には、ここにはいって、IDなどユーザ情報を入力し、「秒速ログイン」 にチェックを入れて、ログイン。 そのページをブックマークしておく。 これで、次からはブックマークから一発でログインできる。

 また、よく行く競輪場や、贔屓選手なども登録しておくと、手間がはぶけたり、 選手の斡旋状況が一覧でわかったりする。 うん。 このマイページは便利だと思うよ。

 なにより、いままで、入金指示とネット投票の2回、パスワードや会員番号を入力する必要があったところ、その手間がぜんぶなくなったのが大きい。

 次。データページ。ここのトップは開催案内から。

Kei02

 いままでの情報にくわえて、「注目選手」という項目が追加されている。 これも親切というか、なんだかいたれりつくせりだね。 あとは買うだけというか。(^^ゞ

 それで、入金指示なんだけど、これがおかしい。

Kei03

 なぜか、テンキーがあるのよ。(^^) マウスでこれをクリックするほうがいいと、考える人もいるかもしれないけど、 むしろこれは洒落と見た。 理由はあとで。

 さて、それで、投票に進むと、従来のベーシック、スピードにくわえて、アドバンス投票というのがある。ポジショニング、ダンゴ、マークカード、出目の4種類。

Kei04

 ポジショニングというのは、展開予想から着順を決めるやり方。私もそうだけど、競輪ブログの人がよくやってる、アレ。ダンゴはその名のとおり、予想の印が打てるものらしい。

 出目は昔からよくいわれる、「1Rの出目が最終レースにかぶる」とか、あの出目から予想するやつ。 ま、いろんな人のニーズにわせてということなんでしょう。 つか、これも洒落なのかな。

 そのなかで、思わず吹いたのが、マークカード。これ!

Kei05

 つまり、いわゆるひとつのマークシートですよ。 あの、本場や場外に行くとあるやつ。 これ笑える。 前述のテンキーが洒落と思うのは、これがあるから。 次は使ってみよう。この画面にはいったら、マウスポインタが、例の本場に置いてある鉛筆マークになったりすると、も
っとうれしいかも。(^^ゞ

 投票のほか、データ欄もかなり整理されて、使い勝手は格段に向上してる。このリニューアルは大成功でしょう。

 ただ、これまで競輪らんどで見ていた情報が、とりだしにくいのも事実。 デザインが変わって、サイトマップにも変更があったからだけど。 これは要するに慣れの問題なので、おぼえていくしかない。

 競輪らんども、数週間のこしといてくれれば、両方を比較して、新しいデザインに慣れやすかったかも。 もう閉じちゃってんだよね。 すごい速攻。(^_^;)

 という、ファーストインプレッションでした。 全体として、年よりにも操作しやすくしたってこと? たぶんそうだよね。 もしかして、団塊世代とりこみ作戦の一環とか?(^^)

【どうでもいい追記】
わお! SPEEDチャンネルのKEIRIN.JPオープンのCMは、川崎の顔、宮田めぐみさんですよ。 びっくりだな~。 いまはなき『ミラクルC』に
もよく出てたし、ネームバリューもあるわけで、 これからは川崎と小
田原城(笑)以外でも、露出していくんだろか。(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.13

90期の星、記念制覇へ!

 制覇すると決まったわけじゃないけど。(^_^;)

 本日決勝の武雄の記念。競輪界の将来をになう逸材、90期の北津留翼がGIII参戦2場所めにして、早くも決勝戦に駒を進めてきた。

1 荒井 崇博 28歳 佐賀 82期 逃 109.05 初4, A1, A1
2 兵藤 一也 28歳 群馬 82期 追 114.15 初1, 優1, A2
3 小嶋 敬二 36歳 石川 74期 逃 110.02 初6, A1, A1
4 池尻 浩一 37歳 福岡 63期 追 107.20 初3, 優4, A2
5 村本 大輔 30歳 静岡 77期 追 109.11 初1, 優5, A3
6 北津留 翼 21歳 福岡 90期 逃 104.69 抜5, B2, B1
7 小橋 正義 38歳 新潟 59期 追 106.96 初2, 優3, A3
8 古川  圭  38歳 福岡 65期 追 102.23 初9, A6, C1
9 濱口 高彰 38歳 岐阜 59期 追 109.10 初3, 優7, B1

395 127 648

 正直いって、きびしいメンバーだ。 宮杯の決勝組がふたりいるし、地元の荒井はあえて福岡と別線を選択。 さらに、出る杭は打つと宣言している小嶋のラインはGIウィナーがそろった。

 でも、だからこそ、出る杭になるチャンス。 とくに、地元の荒井を気にすることなく、福岡3者で戦えるのが大きな強み。

 もちろん、荒井を勝たせるため、 死に役で先行する可能性はあるものの、小嶋がそうはさせじと、手ぐすねひいてるみたいだから、そうすると、かえって恰好の捲り展開になるかも。

 世代交代を加速するためにも、ここは北津留に勝ってもらいたい。 北津留の目標は北京オリンピックなんだから、こんなとこでゆっくりしてるひまはないのだ。

 ということで、6-全。 あ、兵藤からはおさえます。せこい。(^_^;)

 しかし、ふだん、武雄の記念なんて眼中にないのに、きのうきょうと勝負してるっていうのは、これは完全に北津留効果。 やっぱり、新しい星が出てくると、そこに目がいくものなのよ。

【追記】
展開は予想どおり。 うまく中段、小嶋ラインの4番手にはいって、格好の捲りごろだったのに、最終3C手前でインにはいっちゃった。orz

アウトから発進すれば、捲り一発だったのに。まだまだキャリアがたりないか。 でも、キャリア不足を力でねじふせるようにならないとね。

さらに、最後の直線、兵藤がきたと思ったら、濱口が伸びちゃって。2日とも、濱口にやられたよ~。(TnT)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

セイザー、パーツ館見てる?(^^;

 セイザーXをたばねる市野監督の「しがらみ日記」 6月12日付に、恩田陸『ねじの回転』というSFが紹介されていた。 恩田さんという人は存じあげなかったが、あの名作ドラマ『六番目の小夜子』の原作者だそうだ。

 ま、その人はいい。問題は市野監督がSFを読むということ。

 これって、先週、パーツ館で「市ポンはSFとか知らないみたい」(セイザーX、アクアルの願い)と書いたのに対する、アンサーだろうか?

 まさかね。(^^;;;

 でも、同じエントリで、例によって内輪うけは大嫌いと書いたところ、翌6月10日付の日記 「祝! ドイツW杯開幕!」で、 なぜそういうことになっちゃったか、きちんと説明されていたのよ。 そのときから、おかしいと思いはじめたんだよね。

 やべ。 市野監督、パーツ館見てるんだろか?

 競輪らんどのKさんのこともあるからな~。 ネットの世界じゃ、なにが起こるかわかんないけど……妄想であることを祈る。(-人-)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.06.12

東小野がGI初制覇!

 きのうの伊勢崎オート、 共同通信社杯プレミアムカップ優勝戦で、飯塚の25期、東小野正道が初優勝を飾った。 東小野のGI制覇も、これがはじめて。

 レースのもようはこちらから。 雨はあがったものの、濡れ走路のなか、 スタートをはりこんだ東小野、濱野淳、田中茂がトップ争いを演
じたが、1周1Cで最内の東小野が飛びだし、 そのまま8周回を押しきった。 2着は田中、3着は8周1Cで濱野のインを差した有吉辰也で、飯塚勢がワンツースリー独占。

 今年はブログのせいもあって、いちばん気になる存在の東小野だが、実力を考えれば、GI初Vは意外なくらい。 以前、SGにいちばん近い男と書いたけど、9月のオートレースグランプリは地元開催だし、たしか今回の伊勢崎と同じ、ナイター(仮設)だったから、 ここでSGウィナーになるかもよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.06.11

セイザー、ここにもひとり

 いました。 セイザーXに帰依した人が。(^^)

 真・南海大決戦さんの「超星艦隊セイザーXの最終局面にあたり」というエントリ。

 そうなのです。グランセイザーは個人的にそこそこ好きだったけど、ジャスティはだめだめだったから、最初は期待しなかったのに。ところが、見はじめたら、セイザーXは1話めから、どっぷりですもん。

 こいつは日本特撮史にのこる名作。 10年に1本の傑作ですよ。 調べたら、林民夫さんは『サザエさん』の脚本も書いているそうで、なるほど、日本一「お茶の間」の使い方を熟知している脚本家さんかも。(^^)

 いまだに、「セイザーX 打ち切り」で検索してくる連中がいるけど、そーいう感性って、完全におかしい。

 35話なんか見たら、泣くぜ。 ふつうの感性の持ち主なら。

 作品を自分の目で見て、自分の感性で評価しろよ。 そうすれば、こういう検索キーワードがありえないと、「自分で」わかるから。

 ぜいぜい。ブログ炎上するかな(笑)。 でも、正義はこっちにあるぜ~。

 ちなみに、もちろん打ち切りではない。はじめから38話で撮ってる。もともと、3クールで構成されたストーリーなのだ。だからこそ、ゆるみがほとんどない。

 ま、打ち切りと作品の評価とは、本来まるで関係ないけどね。 打ち切るかどうかは、おもちゃの売上で決まるわけで。

『機動戦士ガンダム』は打ち切り、それも予告なしだったしねえ。 『宇宙戦艦ヤマト』も打ち切り。 『伝説巨神イデオン』もまたしかり。 『ダグラム』もだっけ? 最近では『ガサラキ』もそうかな? それが、どの作品も、いまは傑作と呼ばれてるわけで。 ネクサスは……これだけは大きな例外ですが。(^_^;)

 とにかく、枚挙にいとまがありません。(´・ω・`)

 なんだか、話がずれちゃいましたが。

 どうしても、セイザーloveなもんで。(^_^;)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ボウケンジャー#17

 なんだか、先週につづいて、またほぼリアルで見てしまった。

 先週から登場した、第10の飛行メカ(メカ多杉(^^; )、射出方法にしても、飛行姿勢や合体のしかたにしても、なんだかジェットスクランダーみたいだ。 なつかし~。

 えーと、それで、アシュですか。 人間の亜種? 違うな。 阿修羅? それも、六道のほう。 こっちのほうが、意味(外見)としては正しい感じ。 人道と畜生道のあいだってことで。

 アシュはネガティブシンジケートとは別系統の敵になるみたいだけど、そうすると、まだまだ敵キャラの種類が増える可能性があるのかね。 あんまり増やしても、敵の魅力がそれだけ稀釈化しちゃうと思うけど。ガジャの出番が、それだけすくなくなるし。

 でもまあ、そこそこおもしろいから、いいか。

 ちなみに、メビウスは予約録画からはずしました。 ネクサスだってはずさなかったのにー。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

AMDはEfficeonを販売

 intelちゃんの動きとは無関係だが、AMDはMSのプリペイドPC規格FlexGo向けに、トランスメタのCPU、Efficeonを、AMDブランドで販売することにした。 ニュースとしては、CNETの記事「AMD、トランスメタのEfficeonチップを販売--MSのFlexGo向けに」がくわしいかな。

 Efficeonはトランスメタの低消費電力CPU。 前身のCrusoeの発達型で、低消費電力技術Longrun2を搭載する。ただ、これもCrusoeと同様、intelちゃんの圧力に潰された恰好で、すっかり表舞台から消えたと思っていたが、 2年前からMS、AMDとの極秘プロジェクトで、
唯一のFlexGo向けCPUとして、開発がつづいていたそうだ。

 2年前から、なんだかMSとAMDの仲がいいと思ってたら、 こーいうプロジェクトもやってたったんだ。

 FlexGoについては、MYCOMのここがくわしいけど、 要するにブラジルやインドといった市場向けの、プリペイドPCの規格。 MITの100ドルPCや、AMDの廉価版ネット接続環境PICなんかと、ターゲットとする市場は同じだけど、「初期投資抑制」というのが目玉のコンセプトになるもの。

 EfficeonはCrusoe時代からおなじみの、x86命令をソフトウェアでエミュレートする機能がウリで、これを拡張すれば、かんたんにプリペイドに対応できるらしい。 それに、低消費電力技術Longrun2も、新興市場には最適なんでしょう。

 それしても、PICにも使用する、組みこみ専用のGeode GXにつづいて、Efficeonも自社ブランドにとりこむとなると、いわゆる新興市場向けのAMD=MS連合っていうのは、かなり強力なラインナップになるかも。

関連記事
AMDの情報端末

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そしてPentium投げ売り

 ところが、転んでもただで起きないのがintelちゃん。 というより、最初からこれが目的だったのかと、感心したのが、ITMediaの 「Intel、値下げの加速でAMDに対抗」という記事。

 実際には、この値下げは先月末ごろ発表されていて、 PCWのコラムの「Pentium 4/Dブランドの大安売りに出るIntelのCPU価格戦略」なんかで、報道はされていたけど、要するに、「Pen4やPen Dはなんちゃってでした。 次のcore系製品はちゃんとしてますんで、失敗作は大乱売します。 これでPentiumブランドはおしまいにします」 ってことだよね。

 なんだか、商売上手だ(爆)。

 だけど、これだと、メーカー製PCはしばらく、安かろう、悪かろうの製品ばっかりになっちゃうんじゃない? それだけじゃない。 市場全体が値崩れを起こして、PC産業自体の混乱に発展するかも。

 実際問題として、AMDは今週、対抗してソケ939、AM2のCPU価格を、最大で5割も値下げするし。

注 :この価格改定は、まだアナウンスされてません。ただ、アキバの一部ショップが、 きのうあたりから、 この新価格に対応した値下げをはじめてるもよう。 AKIBA Hotlineのこの記事より。

 ま、AMDは価格で競争はしないので、これは新ソケAM2への移行をうながして、 いっきにデュアルコアを浸透させる狙いだと思うけど、intelちゃんのこの大乱売は、動きとして不気味。 消耗戦に持ちこむつもりかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

負けを認めたintelちゃん

 先週は台湾で、COMPUTEX TAIPEI 2006が開催されたこともあって、じつはPC関係のニュースがかなり多かったのだ。 だけど、長文がつづいたせいで (って、自分のせいです)とても手がまわらなくてねー。(TnT)

 そのなかで、とくに注目した記事が、PC Watchの「笠原一輝のユ
ビキタス情報局」 という連載の「 “我々は帰ってきた”、Intelが復活宣言」

 タイトルだけ見るとわからないけど、要するに、intelちゃんがAMDに対する、 ここ数年の敗北を認めたうえで「帰ってきた」、つまり、反攻に転じると宣言したわけ。

 intelちゃんが敗北宣言ですよ。 ずいぶん変わったね。 この記事を見てもわかるとおり、AMDへの対抗心むきだしだし。

 うーんと、自作ユーザだと、たいてい知ってることなんだけど、ここ5年ほど、intelちゃんの主力製品は、NetBurstっていうアーキテクチャを採用してきた。 ところが、こいつ、クロック速度=性能にならない困りもの。

 さらに、電流のリークが大きくて、したがって発熱もすごいという、正直いって「失敗作とちゃうの?」つーくらいのしろものだったのですよ。 いわゆるPentium4ブランドのやつね。

 それだけでなく、デュアルコア化でも、実際には2年近く、AMDに遅れをとっていて、現在も本来の意味でのデュアルコア製品は、発売できない状態がつづいてる。Pentium Dっていうのは、なんちゃってデュアルなので。

 でも、intelちゃんはマスコミを総動員して、AMDより自社製品のほうがすぐれていると、ずっとキャンペーンをつづけてきたわけ。

 その方針を、今回、大転換したということで、 これはすこし大げさにいうと、歴史的ターニングポイントなのですよ。

 理由はたぶん、3つある。 第一。例の独禁法訴訟。 第二。アメリカでのシェア過半数割れ(小売りデスクトップ・ベース)。

 このふたつはネガティヴ要因だけど、第三はポジティヴ。つまり、次の次に出る真正デュアルコア製品のCore Duo、コード名Conroe (デスクトップ)、Merom(ノート)が、かなりいい性能らしいのだ。

 この製品で、AMDの技術的優位に対抗できると、intelちゃんは確信できたんだろう。 それで、これまで主張してきた技術的優位は嘘でしたと、認めちゃったんだな。

 それはそれでいいんだけど、 この敗北宣言、 ニュースにしたのはPCWだけだぜ。 ほかのネットマスコミはスルー。 なぜそこまでintelちゃんの顔色をうかがうのかね。もちろん、大口スポンサーだからだけど。ヽ( ´-`)ノ

(つづく)

関連記事
intelのデュアルコアって(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

324巻『ユーロクとの戦い』

 またまた忘れてた。月曜にはスキャナでとりこんでたのに。 旅打ち日記が長びいたからなー。

Pr324

 そーいうわけで、324巻。「宇宙のチェス」サイクルも、いよいよ終了間近まできた。 ろーだんの脳は銀河系にもどれるかどうか、というお話。 翻訳は増田さん、青山さん。

 曜日の関係で、もう書店にならんでるか。 すんません、遅くなりまして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.10

セイザーX、the Climax 1

 さあ、最終3話開幕。総力戦がはじまり、セイザー装着組4人の変身はフルバージョン。 ロボット変形はドリルアングラーをふくめて、こちらもフルバージョン。

 ただ、そのへんの特撮が中心なので、大騒ぎはおあずけ。 むしろ、「私も戦いたいなあ」と、由衣ちゃんがつぶやいたとたん、すかさず春子さんが、「やめてよ!心配はたっくんだけで、たくさん」と、たしなめるという、かなりシリアス路線。

 そのあとも、たっくんとアドが、たがいに影響をうけあっているとか、捨て身の攻撃に出たアドを、ケインがたしなめるとか、重苦しい(笑)展開がつづく。ま、最終回に向けたストーリーだから、ここはシリアスに徹するだろうなと、そう思って前半終了。

 だけど、こいつはセイザーなのだった。つねに見る者の予想の半歩ななめ前を行ってしまう、セイザーなのだ。 見くびってましたよ。 またしても。

 ネオデアークに突入しようとするたっくんを制止するれみー。

れ「ここは慎重にならないと」

 一方、安藤家の庭先では、サイクリを正気にもどそうとあせるブレを、アクアルがとめる。

ア「だから、闇雲につっかかるだけじゃだめよ。がまんして」
ブ「じゃ、どうすればいいんだ?」

 グレートライオ内にもどって、

た「どうすれば……」
れ「考えるのよ!」

 両者シンクロ。

ア「考えるしかないでしょ!」
た、ブ「う~ん。(ー~ー;) めんどくせ~! 行くぞ~!」

'`…,、'`,、… ('∀`) '`,、…'`,、

 久しぶりに出ました。 ブレの必殺技、「めんどくせ~!」ですよ。 しかも、今回はたっくんとデュエットがうれしそう。 賢人になっていたブレも、そのブレに闇雲さがなくなったといわれつづけた拓人も、いざとなると、もとにもどるんだね~。

 さすがのれみーが、「人の性格って、かんたんには変わらない」と、唖然としてましたが、これでこそ火属性のふたり。あ、れみーも火属性か。火の玉娘。(^^)

 しかも、ここまでが重かったから、それだけでカタルシスですよ。 なかなかいい演出。 転んでもただじゃ起きない(違)。

 おかげで、グレートライオはネオデアーク突入に成功。ブレはサイクリの催眠装置を発見して、ぶじ正気にもどすのに成功。惜しい。 物干し竿にぶつかって、帽子がとれるんじゃなかった。(^^)

 だけど、ネオデスカルはなんだかのんき。 ダークアルマーはアドに破壊され、グレートライオは艦内に突入したのに、「なにを考えているんだ」じゃ、ぼんやりしすぎ。でも、バレーダはやる気になったみたいで、「あいつらをかたづけてまいります」と、あっという間に戦闘モードに着替えてた。 バレーダははじめて生き生きしてきたぞ。

 ちなみに、あれは耐寒冷地モードじゃなくて、戦闘モードでした。再訂正。たしかに、あのコスチュームで立ちまわりをするのは、アイドルタレントには無理っす。 きょう見てて、わかりました。(^_^;)

 ゾンネットちゃんやシェリンダは、なかの人がヌードOKだったから、あそこまでできたわけで。(^^ゞ

 さて、サイクリが正気に返って、最後は3将軍の世界を満喫。 11話以来だから、ものすごく久しぶりのそろい踏みなのだ。

 やられまくるシャークリーガーの助太刀に颯爽と登場して、

ブ「お待たせしました~、でへ」
ア「やっと3人そろったから、助けにきてあげたわよ!」
サ「ねー、なにやってんの? なにやってんの?」

 ですから。 さらには、ブレちゃんを中心に、大見得を切ります。

「いいか、おぼえとけ恐獣野郎! 俺たちは、あ、誇り高き宇宙海賊、あ、3将軍、アクアル! あ、サイクリード! あ、ブレアードさまだ~! よーし、決まった」

 ほとんど、子鬼のトリオです。(^^)  そうすると、順番からして、ブレちゃんはキスケ!(爆)

 正気に返ったサイクリは、さっそくらしい発言を連発。

サ「そんなこといったら、怒らないかなあ、恐獣が?」

 それがうれしくてしかたない、アク姐とブレ。

ア「あ~~、サイクリードだ~~!」
ブ「おお、よしよし、よしよし」

 ダークゲランとの戦いになればなったで、姐さんは、 「敵だったやつらのために戦うなんて、かっこいいわね、私たち」と、数週間前とは正反対の発言しまくりだし。

 でも、最後の恐獣ダークゲランはさすがに強くて、ドリルアングラーもあっという間に劣勢に。 それでも、3将軍はうれしそうです。

ブ「いきなり、やられちゃうのかよ~」
ア「かっこ悪いわね、私たち」
サ「だれか俺に、状況説明してくださ~い!」

'`…,、'`,、… ('∀`) '`,、…'`,、

 やっぱり、セイザーはこうじゃなくちゃ。

 一方、ネオデアーク内では、拓人が司令室にたどりついた。 バレ
ーダはいない。 れみーとパトラさんを倒しにいったにちがいない。

 でも、拓人はいまこそ使命をはたすとき。ついにネオデスカルと対峙して、

「いまと未来の地球を救うのが、俺の使命なんだ」 と、コスモカプセル、ライオン1をさししめし、「それ、返してもらうぜ!」

 おお、たっくん、かっこいいぞ。 人知れず。

 To be continued.

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2006.06.09

リンク集「3競・オート」に追加

 リンク集「3競 ・オート詳細情報」に、TOMさんこと沢ともゆきさんの「公営レース賛成派  打って残そう公営競技」を追加した。

 TOMさんは本業が私と同じエディターで、編集プロダクションを経営されているとのこと。今年から、本業のかたわら「公営ライター」としても活動を開始し、今月から隔週刊『週間レース』誌で、連載「公営レース賛成派」をスタートさせている。

 私はBank of Dreamさんとのコラボ企画 「ギャンブル7(G7)」 でその存在を知ったが、またまた濃い人なので、リンクさせていただくことにした。ま、心情的には………(・∀・)人(・∀・)ナカーマ……という感じで。 実際は私ごときはペーペーですけどね。

 しかし、まさかこのジャンルで、Bank of Dreamさんとならぶ人が出てくるとは思わなかったな。世の中、捨てたもんじゃないね。(^^)

 各競技のルールとか、見どころなどは、さすがエディターさん。うまくまとまっているので、参照してください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セイザーX、れみーの思い

 つづいて、れみー編。 といっても、こっちも3将軍大活躍ですけど。

 コスモカプセルが消滅したら、自分の存在も消える……ついにシャーク隊長本人から、そう聞かされたれみー。 だから、茫然自失かと思ったら、なぜか達観したような表情を浮かべてる。

 そして、慰めようとしたたっくんに、

「存在が消えるときって、どんな感じがするのかな?」

 さらには、

「シャーク隊長が消えたら、私も消えるかもしれないの。コスモカプセルに願いをとなえたとき、はじめて私は自分がだれか、知ることができるのよ」

 うは。 それで、こういう表情だったのか~!

 れみーにとっては、自分のアイデンティティを得るほうが、死の可能性より大きな意味があるんだ。しかも、死ねば隊長が父親かもしれないという、昔から抱いていた「あこがれ」にも答えが出る。

 つまり、れみーは死を待望しているわけ。 死ぬことで「あこがれ」が成就する。 これは特攻隊員の法悦に近い感覚だろうな。わかんないけど。

 だからこそ、ディバイダーにもつっこんでいくわけで。

 脚本と演出すごすぎ。まみちゃんも迫真の演技だよ~。17歳でこの表情ができるのか~。驚いた。

 こういうところ、どうせ子供にはわかんないからと、スルーしちゃうのが、最近の円谷。 はじめから描かないのが東映。 ところが、市野組は描いちゃうんだよな~。

 でもね、子供にも響くんだよ。 こういうところが。 実際、帰マンまでのウルトラや、ティガダイナは、ちゃんと描いてたし、おかげで、傑作といわれて、何年たっても名がのこってる。

 ジュヴナイルというのは、そういうものだと思います。

 とはいえ、特攻するのは本末転倒。 自分が先に死んじゃったら、「あこがれ」がかなうかどうか、わかんないじゃん。

 という以前に、むちゃしすぎ。 そこで、ついにじっちゃんが、れみーの出自を語った!

 うはー、これが伏線でしたか。あたしゃあのとき、シャークが未来にもどったのは、 ジャッカルを救うためだとばかり思ってましただよ。でも、コアミさんが書かれているとおり、これならすべてに強い動機づけができる。 林民夫恐るべし。 私のなかでは、どうも太田愛さんをこえちゃったようだ。

 それにしても、れみーの身体能力を考えると、装着できないとは信じられません。 もちろん、理由はいくらでもでっちあげられるけど。 たとえば、振動に弱いとか。 これまでにも2度、ライオのなかで強い振動をうけて、負傷してるし。

 それとね。(´・ω・`)

 ひとつ、思ったんだけど、れみーは1960年に3歳くらいだったんだよね。 57年生まれ?

 私とおない年じゃん。

 (゚▽゚)

 すんまへん。 ばかです。

 閑話休題。 というような、シリアスな話を、庭に立って聞いていたブレとアクアル。 催眠装置の調子が悪いらしく、頭がばかになっちゃったサイクリの口をふさぎながら、

ブ「くそ、そもそも宇宙海賊さえこなければ!」
ア「私たちでしょ、それ」
ブ「マジ!?」

 主役を主張するね~。(^^)

 でも、このへんの会話を聞いて、アクアルも心を動かされたようで、

「なんとなく、わかった気がしたわ。あんたがやつらに協力しているわけが」

 さらには、調子っぱずれなサイクリに、

「いいかげんにしなさい、サイクリード! 3人でまたすごしましょ。 3人ですごすところが、私の居場所なの」

 林さん、うまいね~。

 さて、自分の出自を知ったれみー、意外にもすべてをうけいれたうえで、シャークに翻意をうながします。隊長が未来より、自分の命を優先したように、今回は使命より、シャークの命を優先させたいとい
って。

 ここも魂のはいった、渾身の演技だったよ~ >松山さん。

 というところで、情報はこれでだいたい出そろったかな。 あとはラストのハッピーエンドまで、 怒濤の展開がつづくはず。 シャークが助かるかどうかが、いちばんのポイントになるけど、セイザー隊はほんとにこの時代にのこるのかどうかも、気になるところ。

 れみーだけは、安藤家で暮らす感じになったかな。 でも、なんたって予想のななめ半歩先をいくセイザーだから、なにが起きてもふしぎはない。だいたい、コスモカプセルの「意志」はどうなのか、そのへんでずいぶん変わってくるし。

 という期待をいだきつつ、あと3話でおしまいだよ。 しくしく。

#茶筒、2005年にきてから拾いにいったのかにゃ? 現代の洋紙では、500年の経年変化には耐えられない……なんつーとこをつっこんじゃいけません。(^_^;)

#16話か17話で、ゴルドさんになんかたのんでたでしょ。 あのとき、とりにいかせたとか? しつこい。(^^ゞ

#エンディング。すげー。 なんかよくわかんないけど、感動的。 いちばんは由衣ちゃんの迷惑そうな顔。 25点じゃねえ。(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (2)

20万アクセス御礼

 きのう夕方、ココログのメンテ中に、20万アクセスをこえました。あと1週間で2周年というところでの、大台突破です。 毎日のご愛顧、どうもありがとうございます。_(._.)_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.08

セイザーX、アクアルの願い

 すんまへん。できたらさらっと流したかったんですが、話が二極分化しちゃうんで、2本にわけます。またしても濃すぎて。(^^;

 前編が「アクアルの願い」、後編が「レミーの思い」です。TBは前編のこちら、「アクアルの願い」 のほうにお願いしたいと思います。 もちろん、「レミーの思い」のほうでも、両方でも(笑)けっこうです。

 まず、今回も神だったアクアル姐さんから。  おお、シャーク隊長のご先祖さまだし、由衣ちゃんのシャツをみごとにたたむし (なかの人すごすぎ)、ブレが3話かかった境地に、15分で達しちゃうし。さすがは3将軍のリーダーです。いや、リーダーじゃないけど。

 このへん、やっぱり縁側のポチ待遇を省略して、いきなり茶の間から安藤家にはいったせいでしょうか。 春子さんも由衣ちゃんも、 いつにも増して、気をつかってたみたいだし。ふたりとも、アクアル姐さんが繊細だと気づいたのかも。(^^)

 一方、サイクリはお約束どおり、縁側のポチ。 でも、腰縄がないだけ、ブレより待遇いいかも。 バリアで飽きずに遊んでるし、洗濯物を興味深そうに観察してるし。正気にもどったら、全自動物干し機とか、つくってくれそう。

 それを見ながら、ブレが説教します。

ブ「力をあわせた日々を思いだすんだ」
ア「力をあわせたことがあったかしら、私たち?」
ブ「楽しかった日々を思いだせ」
ア「どこが楽しかったのよ?」

 ちゃちゃを入れまくる姐さん。完全にじゃれあってます。これが3将軍本来の姿なのかも。 さらに、なぜ安藤家にいるのかとたずねる姐さんに対して、

ブ「ここならサイクリードも、もとにもどるかもしれねえんだ」
ア「ふつうの家じゃない。なにがあるっていうの?」
ブ「それは……うまくはいえんが」

 ま、ね。 安藤家が宇宙の中心とは、さすがに説明しにくいかも。

 それにしても、この縁側を「ふつうの家」といえる姐さんはすてきだね。 だからこそ、洗濯物もたためるわけで。 バルガレオンのなかにも、こういう縁側つきの家があったほうに100ガバス。

 でも、ブレちゃんと昔どおりに話せるようになったせいか、ついに姐さんの「ツン」も崩れはじめます。

「私たちは宇宙にもどればいいのよ。そうすれば、セイザーXのやつらも、歴史が変わってよろこぶんでしょう?」

 ところが、ここでブレちゃんが、意外な知性の高さを発揮。

「それはだめだ。ネオデスカルがコスモカプセルを集めて、地球制圧の願いを唱えたら、たぶん俺たちは、宇宙のどこにいても、この地球にもどっちまうはめになるからだ」

 なるほど。 たしかに。 そういや、 ブレちゃんは3将軍のなかで、知性も平均以上って設定だった。忘れてたけど。考えたら、たしかに最近のブレちゃんは賢人だもんね。 ただ、くすぐりも忘れませんけど。

「ま、俺たちには、サンダーラのような、強力な意志の力がねえからな」

 すかさず姐さんがつっこみます。

「いばっていわないでよ、そんなこと」

(´・ω・`)apooooonnn

 そのあいだも、サイクリは洗濯物とたわむれてます。それを見たせいか、アク姐はついに「ツン」の看板をはずして、

「私は……自分の居場所がほしいだけよ。こんな気持ち、あんたにはわからないでしょうね。
私にはもう、なにもないのよ……ひとりでそんな思いを抱えて」

 そういわれると、黙っていられないのが好漢ブレちゃん。

「おまえはひとりじゃねえ!」

 でも、切り返しはアク姐のほうが上。

「俺がいるとか、いわないでよ!」

キタ━━━(゚∀゚)Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!

 もうね、アクアルさん最高です。 セイザーにつきあっててよかったと思える瞬間。アクアルたん、ビジンダーをこえて、着ぐるみ敵キャラの最高峰にのぼりつめますた。

 とはいえ、主役のブレちゃんも、まきかえしに必死。

「おまえはまだ、わかんねえだろうがな。 みんな、どこかでつながってるんだ! 俺はここでそれを学んだ。 ねえ?」

 あいたたたた。 春子さんとその娘さん、 このシリアスな話を聞きながら、しっかりスナック類を用意してましたですよ! さすがは大宇宙の中心。

 ちなみに、春子さんに「ねえ?」と、聞いたのは、この言葉が春子さんのうけうりだから。 このへんも、脚本の林さんすごい。 38話ぶんのセリフ、行動すべてが連動してる。

 さらに、由衣ちゃんはサイクリを指さして、声にならない悲鳴をあげた! 一同が縁側を振り返ると、

 サイクリ、干してあったシーツをかぶり、ぱたぱたしながら、

「翼がほしい~~~っっっ!!」

 さらにさらに、もういっちょ、決め手が。 ブレ。

「こら! 洗濯物にさわるな~~っ!」

 3将軍、神になりました。

 つか、ずいぶん前から神だったんだけどね。 敵キャラが個性的なほど、その作品は完成度が高くなるっていう法則がある。 現実問題として。 正義のキャラじゃないのよ。作品の価値を決めるのは。

 3将軍、神になりました。(´・ω・`)

 これで、やっとストーリーの半分だからね。

 私は内輪ウケが大嫌いだから、市ポンとかが映像に出てたのは無視する。 つか、特撮史上にのこる傑作、セイザーXだから、予算圧縮のため、スーツアクターとか監督とかを、エキストラに使ったと思うことにする。 あ、SAさんは出てきていいんだ。 役者なんだから。 でも、市ポンはだめ。

 そこを見なければ、今回の作品もほんとに神だった。もちろん、いちばんはアクアル姐です。 すごいね!

 市ポンはSFとか知らないみたいだけど、それは関係ない。「このお茶の間」を理解したクリエイターは、やっぱりレベルが高いと思う。 だから、市野監督、GJだよ。

 次がもしあったら、内輪ウケを完全に排除して、もっと神がかった作品をつくってください。 つー感じがひしひしとしました。(^^ゞ

(「れみーの思い」につづく。まだ書いてないけど)

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2006.06.07

びわこ旅打ち5

 話は前後するけど、ginoranのライブにあわせて、 コバケンさんに出てきてもらったとき、日自振の広報担当の方をご紹介いただいた。

 Kさんという方で、競輪らんどの運営を、ほぼおひとりで担当されているそうだ。 当然、今回のKEIRIN.JPへの統合も、Kさんのお仕事とか。

 それはいいんだけど、Kさん、開口一番、「プロフィールのイラストにそっくりなんですね!」。orz

← 

 やばい~、日自振の人もパーツ館見てるのか~。

 さらに、コバケンさんが追いうち。

「あのイラスト、とーこちゃんが書いたんだって」
「だから似てるんですね~」

 とーこちゃんで話が通じてる。( ̄□ ̄;)

 まだまだ追いうちがつづく。 こんどはKさんにBank of Dreamさん
を紹介したところ、しばらく話してから、

「ああ、あのBank of Dreamさんですか~。よく拝見してます」

 これには、バンドリさんとふたりで(((( ;゚Д゚)))

 ま、ネットですから、だれでも読む可能性はあるわけですが。でも、競技関係者の人が、そこまで幅広く目をとおしてるとは、正直思ってなかったっす。 とはいっても、それで書く内容が変わるわけじゃないけどね。(^^)

 さて、この4人に、 コバケンさんの知りあいらしい人をくわえ、昼飯は5人でホルモンうどんを食った。それも、コバケンさんのおごりで。ごちそうさまでした。

Biwa02

 こういうやつ。 店の名前はそのものずばり「うどん屋」。

 関東にはない味だなと思ってたら、全国の全競技場120カ所くらいを全場制覇しているBank of Dreamさんによると、 ホルモンうどんがあるのは、京都向日町とここだけだそうだ。

 前夜、魚叡の大将から、ホルモンうどんは「こんぶ載せ」がうまいと聞いていたので、そのように注文。

 そしたら、これがほんとにうまい。 ホルモンはガツからフワまで、いろんな部位がはいってて、でもいわゆるモツ煮込みの味じゃなく、関西風の牛スジの煮込みがあるでしょう。あんな感じ。だから、適度にこってりしているのに、 関西風のだしをじゃましない。 そのかげんが絶妙。 さらに、おぼろこんぶのトッピングも、たしかにきいてる。

 このホルモンうどんを食ってるうちに、 また来年も遊びにきたくなってきたぞ~ >大津びわこ。

 ちなみに、下はブログ用の写真を撮影中のコバケンさん。その場でご本人の使用許諾を得ています。(^^)

Koba02

 その写真を掲載したブログはこちら

 さて、またBank of Dreamさんと一般席にもどり、しばらくすると、すぐ横に陣どった若いの4人組が、 大騒ぎをはじめた。 どうやら、14万車券をゲットしたらしい。 それを見ていたバンドリさん、「あの4人、岸和田BBのスタッフや!」。

 岸和田競輪場では、岸和田で開催、場外発売する全レースについて、予想や展望をネット配信している。 これが岸和田BBスタジオで、男2~3人が DJ形式でしゃべくる一方、現場からのレポートなんかもはいる。その番組で、私も見たことのある顔が、たしかにいた。

 スタッフなんだから、記者席にもはいれると思うんだが、それでも一般席で見ているっていうのは、 車券が買いやすいからかな。 とにかく、なんだか大盛りあがりだったけど。

 これも、さすがGIならではなんでしょう。

 そういうわけで、 大津びわこ競輪場と大津近辺で、まる2日遊びまわり、 お世話になったBank of Dreamさんと別れて、京都駅の新幹線ホームについたのが、18時ごろ。そうすると、決勝に乗った選手たちも、もうぞろぞろいるのね。

 あっちに兵藤と……あのうしろ姿は金子真也かな? 手島は兵藤とは別線で、武田と帰るらしい。 なるほど、ライン重視か。 などと考えながら、ホームを進むうち、村本とばったり。 晴智くんがいっしょだ。 晴智くんは7Rだったけど、 ゴルゴの優勝を信じて、 待っていたにちがいない。

 うー、 なんか声をかけようと思ったけど、とっさになんにも思い浮かばないよー。でも、目があっちゃって、そらせないしなー。かろうじて、「お疲れさまでした」と、それだけいう。 ゴルゴは定番の「うぃっす」だけね。

 もちろん、ゴルゴだから、近よりがたい感じじゃないけど。「残念でした」もおかしいし。でも、ゴルゴ好きだから、目があっただけでもうれしかったよ。 またビッグの決勝に乗ったら、ゴルゴから買うからなー。

 というオマケもついた、非常に濃くて、 あらえっさっさな旅打ち初体験でした。 おしまい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

びわこ旅打ち4

 そういうわけで、ginoranが一段落して、ようやく競輪。

 今回の宮杯は、初日1レースめから落車のオンパレードで、最近の悪い流れをひきずっていたのだが、3日め、4日めは非常にいい展開で、たしか3日めは落車1、審議1、失格1(いずれも内林最後のレース)、4日めは落車1、審議3、失格なしだったはず。

 そうなると、自然にいいレースがつづく。 車券的には荒れ気味だったが、これはある意味、新旧交代のせい。番組には多少問題があったと思うが、レース自体はどれも見ごたえ充分だった。

 ということで、最終の3レース。 9RはBank of Dreamさんも私も勝負した。 ここの注目は金子貴志。

 金子は今場所、初日こそ失敗レースで、勝ちのこり権利を失ったものの、2日めから11の連勝。相手は自力が武田、伏見、稲垣、追いこみが有坂、志智、手島、前拓、澤田。 私の狙いは当然、金子からになる。

 レースは金子が正攻法で、その番手が志智。つづいて、伏見-有坂の北日本、関東の武田-手島、後方待機が稲垣-前拓-澤田。 赤板で武田が動いて、伏見を牽制すると、それにあわせて、打鐘で稲垣が発進。 結局、武田と稲垣のもがきあいになった。

 金子と伏見のラインは、それにあわせて後方からの捲り。BSでようやく武田が稲垣との勝負をつけたところで……ありゃ、手島がはなれちゃった。(^^; そこで4Cすぎ、金子が武田をかわし、さらに伏見ラインも。

 で、結局、9金子、7伏見、5有坂で決着。 あたしゃ、金子=手島、=武田、-志智だったんで、あえなく撃沈。

 一方、Bank of Dreamさんは薄くひろく、30点の蛭子買いながら、かなりのプラスになったもよう。他人の財布に興味はないので、どのくらいプラスかは聞かなかったけど。(^^ゞ

 10Rは荒井-合志-友定、平原-高木、小嶋-慎平、村上、高城の細切れ戦。 Bank of Dreamさんは私が高校の後輩、高木から買うはずと、冗談でいっていたけど、ぢつは村上に期待してたのですよ。

 理由。 前日、ウッチーが引退したから。村上がいちばん世話になっているのは、松本整さんじゃなく、ウッチーだったわけで。 引退を知ったときは、山幸に次いで、大泣きしてたらしいし。引退に花をそえるため、ラスト1周は当然、逃げてみせると思ったのね。

 そしたら、いきなり後方待機。orz

 ま、最近は捲り選手ですから。 それでも、道中は勝負してたみたいだけど、これでは着にからむはずもなく。 村上=合志、村上=慎平も轟沈。

 決勝戦11R。 ま、優勝したのはごぞんじのとおり、山埼ですけど。

1 山崎 芳仁 26歳 福島 88期
2 山口 富生 36歳 岐阜 68期
3 佐藤慎太郎 29歳 福島 78期
4 坂本 英一 38歳 栃木 59期
5 岡部 芳幸 35歳 福島 66期
6 井上 昌己 26歳 長崎 86期
7 兵藤 一也 28歳 群馬 82期
8 山内 卓也 29歳 愛知 77期
9 村本 大輔 30歳 静岡 77期

1359 628 74

 こんな感じで、村本は単騎気味で、初手福島の4番手。

 本線は魚叡でいったとおり、福島のBOXだけど、気になってたのが井上の動き。 まだ若いから、 タイトルより記憶ってやつで、カマし先行に出るんじゃないかと思ったのだ。 そうすると、 マーク勢がいっせいにそこを追走してきて、福島勢は後方で勝負権を失うかな? だとすると、先行ものこれるといっても500バンクだし、兵藤や村本がチャンスか……

 そういう考え。 でも、だれが勝ってもおかしくないわけで。

 こーいうときは夢車券。ヽ( ´-`)ノ

 やっちゃいましたよ、また。

Biwa05
 村本からの総流しは、去年のグランプリ以来、2度め。 結果、これが大津びわこの思い出車券になりましたとさ。_| ̄|○

 レースは……まあいいや。 山埼おめでとー。 あたしゃたしか、以前「GIにいちばん近い男」 って、パーツ館でも書いたんだっけ。 それを思いだしたのは、帰りのバスに急ぐあいだだした。

 結果ですか? 宮杯4日間で、20kくらいのマイナスですね。車券だけでいうと。 つか、つっこめる予算は2万までと決めてたんで。

(次回最終回)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.06.06

びわこ旅打ちginoran編

 閑話休題。 いや、これが本題でもあるんですが。(´・ω・`)

 いちおう、ginoranに関するコメントは、このエントリにお願いしたいと思います。

Ran001

 ginoran初のミニアルバム『カラフルキャンディ』は、自社のインディレーベル「DUST」での発売で、いまのところamazonなどでは購入できません。 購入はginoran.comのDiscographyからどうぞ。 電話問い合わせは0729-87-0430ダストコーポレーション・オオサカまで。

 過去のマキシシングル2作、『O-HA-YO』と『この夏をわすれない』は、amazonのこちらから購入できます。

 この2曲を聴いてもらうと、ginoranのつくる、歌う歌詞が、日本語の基本的な単語を、その概念ごと、 すごくストレートに切りとって表現しているのがわかります。たとえば、デビュー曲「O-HA-YO」の「おはよう」とか、「らくがき」の「ありがとう」とか。

 これがアーティストginoranの、いちばんの魅力なんですよ。 この日本語感覚は、いちおう日本語を商売の道具として使っている私にとっても、ものすごく新鮮なのです。 これがginoranを好きになった、 いちばんの理由。

Ran03

 もちろん、見た目はこのとおり「めっちゃかわいい」って感じで。今回のミニライブでも、同世代の女の子から、さかんに 「かわいい!」って声がとんでたし。

 ただ、今回で意外だったのは、これまでおなじみだったヒップホップ系のダンスがなかったこと。ginoranは本来、そっち方面の志向が強いと思っていたので、最初は驚きました。

 とはいえ、歌詞の魅力を最大限にひきだすには、 「じぶんさがし」みたいな感じのほうがいいと思うので、この方向はむしろ歓迎です。 衣装も完全にフェミニン(死語か?)だったし。

 いずれにしても、ginoranはまだ成長中というか、 この才能をどうアピールするか、模索中の歌姫です。 私は本人にも 「アイドル」といっちゃいましたが、 本来はいわゆるアイドルとは一線を画すアーティスト、 あるいは歌姫だという認識です。

 いまのところ、インディですが、ここ1~2年がメジャーに向けての勝負になると思いますので、ぜひよろしく応援をお願いします。ホンネをいうと、インディでもいいから、いまのginoranが好きなんだけど、でもメジャーになってもらいたいよ、この才能には。

 ほんと、この世代にしては、希有な感性の持ち主だから。 だいじに育てなくちゃ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

びわこ旅打ち3

 とーこちゃんが「仕事しなくていいから、早くつづきを書け」と、いうもんで、お言葉に甘えて。 私としても、早くこれを終わらせて、セイザーを書く準備にはいりたいし。(^_^;)

 4日日曜は朝7時に起きる。 連日の睡眠不足と、 軽い二日酔いのせいで、頭が重い~。 たいして飲んでないんだけどね。 ぼんやり『ボウケンジャー』を見ながら、前日の出来ごとを反芻。

 どうもバウムクーヘンのことが気になる。なんたって、初対面の人にむちゃなお願いをしちゃったのだ。3番手捲りさんが忘れてても、文句はいえない。

 そこで、自力でもうひとつ、なにか探すことにする。 バウムクーヘンはスタッフの人の差し入れにすればいい。

 そう考えて、8時から行動開始。 冷静に考えると、要するに理性がぶっとんだままの状態で、行動しているってこと。本人はプレゼントのことしか、眼中にないわけで。ヽ( ´-`)ノ

 まず、フロントに降りて、女性のフロント係をつかまえ、 「きょう競輪場で知りあいの女の子がミニライブをやるんでなんかプレゼントを持っていきたいんだけどこじゃれたパッケージングをしてくれるチョコレートとかそういうものを売ってる店が近くにありませんかたとえばゴディバみたいな」と、まくしたてた。

 この部分、一部脚色してあります。でも、ginoranが「知りあいの女の子」になっちゃったのは事実。まくしたてたのも。(^^;;;

 フロント係の人は、親切にいろいろ考えてくれたあげく、大津の隣りの膳所(ぜぜ)駅に、西武デパートとパルコがあって、そこなら手にはいるかもしれないと、教えてくれた。

 さっそく部屋にもどって、荷物をまとめ、9時ごろチェックアウト。そのまま駅に向かい、9時半には膳所についた。そこではじめて、西武デパートがどこにあるか、知らないのに気づく。

 でも、まだ酔っぱらってるようなもんだから、こういうときは勘がはたらく。 人の流れに乗ったり、はずれたりしていくうち、やがてパルコの建物が見えてきた。

 ここで、Bank of Dreamさんから電話。そうだった。この日はなるべく早く本場に行くと、約束してたんだった。orz

 急な買い物があって、膳所にいると謝り、買い物が終わりしだい、本場に向かうと約束。そのあと、西武の前で開店を待つことしばし。

 扉が開くと同時に、名店街に直行すると、ああ、ありましたよゴディバ。(*´Д`) ありがとうホテルのなかの人。

 さっそく、店員のお姉さんに、さっきと同じ説明を展開。「きょう競輪場で知りあいの女の子が」以下同。で、おすすめ品を選んでもらってから、包装されるのを見て、ふと気づいた。

「すいません。これ、手渡すのが3時間後くらいになるんですけど、それまで持ち歩いて、大丈夫でしょうか?」

 気づいてよかった。やっぱり大丈夫じゃないそうだ。 あたしゃ自慢じゃないが、「女の子にプレゼント=チョコレート=ゴディバ」しか知らない。 前夜と違い、自力では、ほかに思いつかなくて、ここまできたわけだ。ゴディバがだめだとすると、ほかに選択肢がなくなる。

 絶望して、なんとかならないか、お姉さんにお願いしてみる。「そうですね。保冷パックがあれば……」「それ、このデパートにおいてありませんか? いくらかかってもいいです」

 お姉さん、ほかの店の人に聞いてまわってくれ、どこかから調達してくれた。それも、無料で。 ありがとう、ありがとう。 西武デパート膳所店1階のお姉さんたち。(´Д`)

 それに、たっぷりドライアイスをつめて、完全に密封してもらう。さらには、試食用のチョコまでもらった。 チョコはあまり食べないうえに、二日酔いで気持ち悪かったが、2度3度とすすめられたし、これはいただかないわけにはいかない。 とにかく、ゴディバ係のお姉さん、ありがとうございました。_(._.)_

 こうして、ぶじプレゼントを調達し、 京阪膳所から皇子山に向かう。この駅は西大津に隣接していて、そこからまた無料バスで大津びわこに到着。 なんとか1Rに間にあった。

 すぴRitsの模擬レースの勝者予想に投票してから、3番手捲りさんに電話をかけようとすると……なんと、 目の前に発見。 なんか嘘みたいだが、本当なのだ。 なぜ見つけたかというと、場内でいちばん目だつ予想屋さんを、手伝っていたから。例の3番手捲りのTシャツ姿で。

 この予想屋さん、露出度がすぴRitsなみに高い、なんかのコスプレをした女の子を連れているため、めちゃめちゃ目だつのだ。 まもなく、斡旋停止さんも発見。このおふたりのTシャツをデザインしたのも、同じ予想屋さんだそうで、この人たち、なかなかただ者じゃない。

 ちなみに、このTシャツはいずれネットで通販する予定とのこと。 写真はコバケンさんがブログで掲載する予定で、発売が決まったら、やはり同ブログに知らせてもらうことにした。もしアップされたら、当パーツ館でも紹介する予定。 ね、このへんもweb2.0っぽいでしょ?

 ここで、 ぶじバウムクーヘンもうけとって、Bank of Dreamさんと合流をはたす。 特観席はこの日も完売だったため、その下の無料席のいちばんいいところを、場所とりしていただいていた。そーいうわけで遅くなりましたが、かさねがさね、どうもお世話になりました >バンドリさん。

 ここで、コバケンさんから電話がはいり、合流する時間を確認。ちなみに、コバケンさんの第一声は、「きのう現在の売上だけど、去年比で100%を越えたよ!」。 やっぱり、関係者としては、ここがいちばん気になるところだもんね。

 場内も前日よりさらに混雑してる。 私が聞いたかぎりでは、北海道や青森、弥彦、静岡、広島、佐世保などから旅打ちにきたといってた人がいたし、若い人、カップル、家族連れもたくさんいた。ふだん、大宮の場外で「爺一色」の風景を見慣れている私としては、これが同じ競輪場かと思うほどだ。

 4R後に待ちあわせたのだが、結局、 4Rはいっしょに金網のところで見た。 このレース、私が注目している福島の88期、金成和幸が出てたんだけど、 金成は勝ちを意識するあまり、7番手から車間を切って捲ろうとして不発、 9着敗退に終わる。 同期で同じ北日本の佐藤友和が、2日めに神山をたたいてGI初勝利をあげていたから、意識してたにちがいない。

私「GI初勝利おあずけ。狙いすぎ」
木「ここは1着とるより、先行して存在見せつけなくちゃだめだよ」

 なんと、競輪の専門領域で、コバケンさんとタメで話しちゃったよ。やばいけど、金成かなりうれしい。(^^)

 このあと、5R発売中に、ginoranのこの日1度めのミニライブ。

Ran01_1
「きょうも見わたすかぎり、おっちゃんばっかりやなー」と、いつものranちゃんトーク。 結局、ステージ上の写真で、かろうじて使えるのは、これだけだったorz

 それが終わったあと、コバケンさんや合流したBank of Dreamさんと、即売コーナーに。ここでいきなりマネさんに、「コバケンさんとranちゃんのツーショット、お願いできませんか?ツーショットが撮影できれば、もっとお客さんが集まりますよ」 と、ぶっつけ交渉。すっかりその場をしきってしまう。(^_^;)

 ほら。理性が飛んでるでしょ? その状態で、昔、アイドル誌をやってたころの、撮影のしきりと同じことをやっちゃったわけです。

 もう、ほんとにむちゃというか、傍若無人の展開で、とくにマネさん、たいへん失礼しました。コバケンさん、ご協力いただいちゃって、申しわけありません。_(._.)_

Biwa031
そーいうわけで、コバケンさんとranちゃんのツーショット。あまりの傍若無人ぶりに、ふたりとも苦笑してますorz

 とんだ賑やかしでしたが、すこしはCD売上に貢献できたらいいのですが。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びわこ旅打ち2

 さて、夜の部もじつはミニオフ会が設定してあった。

 ふふふ。

 名専門解説者の「コバケン」こと木庭賢也さんと、サシで飲もうというのだ!

 コバケンさんにも、以前から何度か、 お誘いをいただいていたのだが、こちらが忙しくて、なかなか実現できなかったのである。それで、大津なら近くにいるはずなので、1時間くらい時間を割いてもらえるかと、連絡してみたら、なんとホテルが同じだった。(^^)v

 だったら、 帰りの心配をしなくてすむので……と、いうことで、コバケンさんが今回発見した店で、待ちあわせることになったのだ。

 当日は最後のTVKの仕事アップが、8時半すぎになるというので、私は大津港の夜景を撮ったあと、8時すぎに浜大津駅近くの「おとと居酒屋魚叡」(地図)に向かう。

 ちなみに、カメラの調子か私の腕か、 どっちかが悪くて、今回の写真はほぼ潰滅状態ですた。ranちゃんも200枚ほど撮ったものの、 かろうじて使えそうなのは、4点しかなかった。(TnT)

 この店、今回の宮杯のプレイベントで、記者さんたちが見つけ、コバケンさんも初日にきて、すっかり気に入ったとのこと。大将の今村さんによると、ウッチーこと内林久徳も顔を出すそうだ。

 大将、最初はコバケンさんの知りあいということで、私を関係者だと思ったらしく、決勝の予想を聞かれてしまった(笑)。 で、こっちもいいかげんだから、福島3者のボックスと答えておく。ま、本線だから、間違いじゃないし。

 そのうち、コバケンさん登場。 ところが、第一声が、「内林が引退したよ」。 当然、店内は一瞬シーン。 そりゃね、地元のヒーローだもんね。

 ま、ウッチーのことは、別稿で書く予定。

 それで、コバケンさんとは、メールやブログでやりとりはしてたけど、直接に会うのははじめてなわけです。 ところが、ぜんぜん初対面っぽくない! なんというか、昔からの知りあいみたいに、たがいのことを知ってるのですよ。 ブログのせいで!ぉぉ

 これはおもしろいというか、不思議な感覚だった。 だって、コバケンさんがふつうに、「とーこちゃんがさ」とか、いうわけですよ(爆)。

 私も、コバケンさんの経歴からご家族の話題まで、ブログその他に書かれてることは、たいていおぼえてるし。 だから、大将にいろいろ聞かれても、ほぼ答えられちゃう。なんつーか、web2.0時代のコミュニケーションなんだな~と、妙なところで感心したりして。

 それで、おもしろいのは、話の内容。 もちろん、競輪のことも話題にするけど、どちらかというと、ふつうのおっさんの会話になっちゃうんだよね(笑)。 痛風の話とか(爆)。

 コバケンさんはいうまでもなく、 バリバリの体育会系で、私は生粋の文系なのに、なんというか、完全に違和感がないのね。 もちろん、これは私だけの感想ですが。それと、これは途中で気がついたけど、どちらの話のなかにも、同じキーワードが出てくるし。

 思うに……って、 コバケンさんとも話したんだけど、同世代の人間が同じように自力自在で、組織にも属さずに生きてくるとなると、必然的に似たようなことを考え、行動するようになっちゃうのかも。そうしないと、いまここにいないというか。

 もちろん、ぜんぶがぜんぶ、同じわけじゃないですよ。 たとえば、この日の岡部の走り(笑)については、コバケンさんは「あれじゃだれも信用しなくなる」 といってたのに対し、私は岡部擁護派(笑)でしたけど、それは意見だからいいんです。 なんだ~、 やっぱり競輪のこと、ずいぶん話してたんだ。(^^ゞ

 さて、そうやって話しこむうち、あっという間に閉店時間。そこで、大将がコバケンさんにきてもらいたい店があるという。 なりゆきで、私もいっしょに行くことに。 だいたいこのへん(浜大津2-1-17)にある、「もも」というスナック。

 ここのオーナーさん、もと競輪学校生なのだそうで、やはりウッチーが顔を出す店とのこと。 さすがに、やるなウッチー(山幸風に)。

 ここでも、ウッチー引退の話や、 翌日の決勝の話などをつづけるうち、なぜか地元のお客さんと、仲よくなった。Yさんという、「3番手捲り」とプリントしてあるTシャツを着た人と、その友達で「斡旋停止」 Tシャツの人(お名前は聞かなかった)。

 このころはもう、午前0時をすぎていて、私はすっかり泥酔&おねむモード。なので、なぜそうなったかおぼえてないけど、突然、思いついちゃったのだ。

 あしたはginoranに、プレゼントを持っていかなければ!

 だって、サイン+握手つきの即売会ですよ。 プレゼントと差し入れがぜったい必要じゃないですか!

 そこで、3番手捲りさんと斡旋停止さんに、なんかプレゼントはないかと、 いきなり泣きついた(爆)。 男だけでは埒が明かないので、お店の女の子にも知恵を借りて、4人でginoranのプレゼントを考える!

 そしたら、泣きついてみるもんだね。3番手捲りさんに洋菓子屋さんの知りあいがいることがわかり、 そこのバウムクーヘンは、大津でも有名とのことだったので、 それを買うことにする。 しかも、3番手捲りさんが急遽電話して、翌朝、競輪場までとどけてもらうことになってしまった!(爆)

 思えば、この瞬間に、理性の最後の「い」の字も、ぶっとんだんだろうね。きっといまも、スナックももの床には、飛び散った「い」の字の残骸が、落ちてるにちがいない。

 暴走はさらに、とどまることをしらない。じつは昼間、ranちゃんにコバケンさん向けのサインを書いてもらい、魚叡でそのCDをさしあげたのだが、それを思いだして、コバケンさんに、ranちゃんのライブに顔を出してもらいたいと、お願いしたのである。

 考えてみれば、むちゃくちゃだけど、コバケンさんも泥酔モードだったらしく、快諾してくれた。 しかし、なんつーことを。(^^;;;

 あれやこれやで、ここには1時半ごろまでいたのかな。 さすがに次の日もあるので、ここでお開き。 で、店を出て、てっきりタクシーで帰るのかと思ったら、コバケンさん、「近いよ、歩こうぜ!」。(^^)

 私ももう理性をふっとばしてて、無敵モードですからね。 歩いてホテルにもどりましたよ。あっさり、15分か20分でついちゃったけど。

 こうして、初旅打ちの1日めは終了。 とはいえ、2日めはさらに怒濤の展開が待っていたのであった。 ほんま、むちゃくちゃやで。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.05

びわこ旅打ち1

 旅打ちというのもおこがましいんですが。

 とにかく、私はほとんど外に出ない。 年間300日は、うちで仕事をしていると思う。 競輪も完全にヒッキー派。 ふだんはSPEEDチャンネル+ネット投票オンリーで、 たまに本場の雰囲気を味わいたくなると、もよりの大宮にいくくらい。 それも、年に3回程度だ。

 ということで、旅打ちはもちろん初。大津びわこも初。初の場所を大津びわこにしたのは、もちろん宮杯を開催する、ある意味で聖地というか、一度は行きたいところだったから。

 当初は夫婦で行こうかとも思っていたのだが、直前まで忙しくて準備ができなかったし、とーこちゃんはもともと、競輪に興味ないこともあって、今回はひとり旅にした。

 これもずいぶん久しぶり。 というより、結婚以来、ひとりでどこかに行くのは、基本的に仕事がらみだけじゃなかったかな。

 こういう状態だから、前日から興奮して寝られない。結局、朝5時ごろ起きて、6時20分には家を出た。ほとんど遠足状態。 そしたら、11時20分には、大津びわこについちゃった。(^_^;)

 さっそく、ginoranのミニライブの時間と場所を確認して、ロケハンして、ついでにすぴRitsの模擬レースの撮影ポイントも探して、食い物屋を見てまわる。

Biwa01
3日め2Rあたりの発走を、1C補助スタンドから。特観席はわからないけど、無料席では、ここがいちばん見やすいかも。ただし、屋外で、この日は暑かった。なお、入場ゲートは2日とも撮るのを忘れたorz

 ちなみに、「すぴRits」 というのは、 女性モデルやタレントで結成された、 競輪の模擬レースチーム。 もとは弥彦ローカルの企画だったが、評判がすごくよかったらしく、 リンクにある弥彦でのイベントが終了したあとも、ときどきGIに出てくる。 今回が2度めかな?

 模擬レースといっても、ちゃんと訓練をうけているので、内帯線とイエローラインのあいだ……素人には恐くて走れないコースを、しっかり走るのだ。

 閑話休題。 12時なったので、待ちあわせていたBank of Dreamさんと合流。ぢつは今回の旅打ちは、バンドリさんと会うという、ミニオフ企画でもあったのだ。 これまで、バンドリさんとはなかなか時間があわず、お会いできなかったので、今回はかなり前から、連絡をとりあっていたのだった。

 びわこはBank of Dreamさんが頻繁に訪れる場なので、 いろいろ案内してもらいながら、レースを観戦する。俗に「ぴわこ道」といわれるものも、実際に見ながら、解説してもらった。3~4年前の改修で、なくなったと聞いていたが、 実際にあるし、肉眼でもそれとわかるのですよ。 これはびっくりしたし、勉強になりました。

 Bank of Dreamさんは「公営競技はどこへ行く」で語っているとおりの人。 ときにきびしいことも書いているけど、 基本的にレースが好きなのだ。 極端なことをいうと、賭けなくてもいいというタイプ。

 私もそう。レースがおもしろいから見てるんで、もっとおもしろくするために賭けてるだけ。だから、負けても観戦料だと割りきってる。 と、先に予防線をはっておこう。(^^;

 そのふたりだから、ぜんぜん買わない(爆)。 結局、3日めは1レースも買わなかったんじゃないかな。 私は予算のつごうで、はじめから買う気ないし。(^^;

 それで、 レースはというと、 準決勝は銘柄級が次々に脱落する、波乱続出の展開。 こっちは武田や小嶋が脱落するたびに、「これで決勝の売上が、10億はすくなくなるでしょう」とかいって、あのタチの悪い某専門紙社長をおちょくって遊んでる。 悪い客だな~。(^^)

 それと、私がレースに集中できないのには、もうひとつ理由がある。
もちろん、ginoranだ。(^^;;;

 予定どおり、ミニライブを2度見て、2度めが終了したところで、CDの即売コーナーにいくき、ここで衝撃の事実を知った。にゃんと、CDを買うと、ranちゃんと握手ができるのだ!

 考えればあたり前なんだけど、 これは想定してなかったぞ~! あたしゃこの瞬間、 もうすっかり逆上して、理性のうち「り」と「せ」くらいまでを失っちゃった。はじめから、6枚は必要だったんで、まとめて買うつもりだったところ、これを3枚ずつ2日にわけることにケテーイ。 そうすりゃ2度握手してもらえる!

 もうね、20年ぶりにアイドル追っかけモード全開っすよ。ヽ( ´-`)ノ

 思えば、ここから壊れはじめちゃったんだよな~。

 とにかく、Bank of Dreamさんまで巻きこんで、 即売コーナーで大騒ぎしてしまいました。 すんまへん。ranちゃん、関係者さん。

 ちなみに、バンドリさんは去年、CDを買ってくれたそうだ。 ありがとうございます~。_(._.)_

 という感じで、3日め、準優は終了。 それでも、なんとなく流れはつかんだように思えたので、速くも優勝戦の予想を考えながら、無料バスで大津駅に向かう。 さらにしばらく、Bank of Dreamさんと話して、6時すぎに解散。

 そのあと、いったんホテルにチェックインしてから、7時すぎ、夜の部のため浜大津の駅に向かった。

(つづく)

#このペースで書くと、4日はかかるな。(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本日、仮オープン

 先日紹介した、競輪関係のネットの統合だが、きょうから12日までプレオープンして、そこで新しいネット投票の操作体験ができる。 時間は毎日、12:00~19:30とのこと。 アクセスはこちら、KEIRIN.JPから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえず帰宅

 ゆうべ10時すぎ、帰宅しますた。Bank of Dreamさん、コバケンさんはじめ、お世話になったみなさん、ありがとうございました。

 ranちゃん、あまりのかわいさに逆上してしまい、申しわけありませんでした。 そのぶん、関東で普及活動をつづけます。 まず、CDを関係各位に発送しなくては。6枚買ったのに、これで在庫ゼロ。 しまった。 もう2~3枚、追加しとくんだった。orz

 レポートはこれから数日かけてupします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.03

旅打ち

 そーいうわけで、旅打ち行ってきます。 土日とも、大津びわこ競輪場。

 でも、いちおう、競輪場だけじゃなく、琵琶湖の風景なんかも見てこようかとは思ってますが。あと、宮杯名物のginoranミニライブ! じつはこれがメインだったりして。(^^)

 ranちゃん、今回は1stミニアルバムを出したのですよ。私としては、ミニライブは4回とも見るつもり。

 ということで、セイザーのレビューはアップが月曜日以降になります。 なんとか月曜日に書くつもりですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.02

Windows Defender登場

 MSからスパイウェア対策ソフト、Windows Defenderの日本語版β2がリリースされた。 記事ではINTERNET WATCHの「スパイウェア対策ソフトWindows Defender日本語ベータ版が公開」を参照。

 ふだんはAd-aware6.0を使っているんだけど、このフリーウェア、最近ぜんぜん定義ファイルが更新されてないんで、すこし心配だったのだ。 なので、さっそく入れてみた。

Windef

 もちろん、あらかじめAd-awareでスキャンして、スパイウェアがないことを確認してから、インストール、実行してみた。 その結果……

 Ad-awareより動作が速い。 結果は同じ。 自動実行しないよう、設定を変更することも可能(オプションから)。 これは使えそうだ。

 とはいえ、まだβ版なので、使う場合はそのつもりで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FireFox1.5.0.4リリース

 まだリリースノートも出てないけど、FireFoxのマイナーアップデート版1.5.0.4がアップされていた。

Ff1504_1

 たぶん、セキュリティ関係のアップデートだと思うけど、不安ならリリースノートが出るまで、適用を見あわせたほうがいいかも。

 くわしくは右のリンク集から。

【追記】
ITMが「Firefoxが1.5.0.4に」という記事をアップした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

宮杯2日め

 第57回高松宮記念杯2日め。 きのうは小野のばかやろのせいで、くやしい思いをしたが、予想どおりお帰りになられたので、気をとりなおして……

 と、思ったら、きょうはむずかしいー! なんか、どのレースもがちがちにカタそう。 こういう展開、苦手なんだよなー。

 10R、二次予選。

9武田豊樹-1神山雄一郎-5高橋大作
4井上昌己-3合志正臣-2郡山久二-7前田新
8伊藤正樹-6渡会宏和

 これ、1=9以外は買えないでしょ。 3人めがいるとすると、合志だけど、きのう落車してるから、イマイチ不安だし。

11R、二次予選も、おそらく小嶋の一本かぶり。

7小嶋敬二-2山口幸二-4山内卓也
         6吉永和生
5高谷雅彦-1有坂直樹-9佐々木龍也
3幸田光博
8富弥昭

 幸田と富は単騎。 ただ、ここは高谷が先行した場合、有坂と佐々木がのこる可能性が高い。山幸は切っちゃえ。179ボックス。 でも、これも一番人気か~。(TnT)

12Rは特優のマザーレークカップ。

8渡邉一成-5山崎芳仁-1加藤慎平-9山口富生
3市田佳寿浩-6澤田義和
4平原康多-2手島慶介-7兵藤一也

 福島の2段ロケットに乗る慎平が人気だろうな。または、きのうと同様の展開で手島、兵藤か。展開はたぶんたたきあい。あれ? 渡邉と平原がやりあうと、市田の出番とか?

 きっと1-5の一本かぶりだから、市田から薄く狙ってみようか。

1=3、2=3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.01

晴れの宮杯

 さて、きょうからいよいよ宮杯開幕。梅雨時なもんで、例年なら雨の宮杯っていわれるんだけど、今年は4日とも晴天の予報で、いいコンディションになりそう。とかいいつつ、1Rからぼろぼろ、落車がつづいてるが。

 ところで、その番組がなんともいただけない。昔のなごりで、1次予選は東西にわかれてるせいもあるんだけど。

 11R青龍賞 は、また福島5車に有坂。手島に兵藤。 東王座の悪夢再現だよ~。 反対に、南関はひとりも乗ってこない。

4平原康多-8手島慶介-2兵藤一也
6渡邉一成-3伏見俊昭-9岡部芳幸-7有坂直樹
1山崎芳仁-5佐藤慎太郎

 またトリッキーなことをやってくるのは目に見えてるから、ここは買えません。

 12R白虎賞 。 こっちは一転して、先行不在。

2市田佳寿浩-6澤田義和
1加藤慎平-7山口富生-4濱口高彰-8有賀高士
5小野俊之-9合志正臣
3小倉竜二

 いちおう、市田がペース駆けで先行気配のところ、慎平がかまし、小野が捲りっていう展開かな。 混戦模様だけど、そうなると単騎の小倉、または有賀あたりの出番がありそう。とりあえず、このふたりで遊んでみよう。

【追記】
小野ばかやろ! いい塩梅に捲ってたのに。合志まで落としたのか!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »