« 負けを認めたintelちゃん | トップページ | AMDはEfficeonを販売 »

2006.06.11

そしてPentium投げ売り

 ところが、転んでもただで起きないのがintelちゃん。 というより、最初からこれが目的だったのかと、感心したのが、ITMediaの 「Intel、値下げの加速でAMDに対抗」という記事。

 実際には、この値下げは先月末ごろ発表されていて、 PCWのコラムの「Pentium 4/Dブランドの大安売りに出るIntelのCPU価格戦略」なんかで、報道はされていたけど、要するに、「Pen4やPen Dはなんちゃってでした。 次のcore系製品はちゃんとしてますんで、失敗作は大乱売します。 これでPentiumブランドはおしまいにします」 ってことだよね。

 なんだか、商売上手だ(爆)。

 だけど、これだと、メーカー製PCはしばらく、安かろう、悪かろうの製品ばっかりになっちゃうんじゃない? それだけじゃない。 市場全体が値崩れを起こして、PC産業自体の混乱に発展するかも。

 実際問題として、AMDは今週、対抗してソケ939、AM2のCPU価格を、最大で5割も値下げするし。

注 :この価格改定は、まだアナウンスされてません。ただ、アキバの一部ショップが、 きのうあたりから、 この新価格に対応した値下げをはじめてるもよう。 AKIBA Hotlineのこの記事より。

 ま、AMDは価格で競争はしないので、これは新ソケAM2への移行をうながして、 いっきにデュアルコアを浸透させる狙いだと思うけど、intelちゃんのこの大乱売は、動きとして不気味。 消耗戦に持ちこむつもりかも。

|

« 負けを認めたintelちゃん | トップページ | AMDはEfficeonを販売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/10477276

この記事へのトラックバック一覧です: そしてPentium投げ売り:

« 負けを認めたintelちゃん | トップページ | AMDはEfficeonを販売 »