« セイザー、どこからでもきなさい | トップページ | セイザー、満員御礼 »

2006.06.17

セイザー、バーダー船長幻想

 朝、「まもなくセイザー」で、たっくんは闇のなかで、バーダー船長に会うんだろうかと書いた。これはつまり、例の伏線のこと。もし説明があるなら、今回しかないと思ったんだけど……なかったね。(^_^;)

 例の伏線というのは、第10話「船長の死」前半で、バーダー船長のロボットが落雷で壊れる直前、 「ブレアード、どうして死んだんだ?」と、つぶやくシーンがあるから。 いまDVD第3巻で、正確なセリフを確認しますた。 結局、1日じゅう、ずっとセイザー見てたぜぃ。(^^;;;

 きっと、いまもあちこちで話題になってると思うが、これっていかにも伏線っぽいのだ。違う可能性も高いけど。 なんかのミスディレクションにするつもりだったとか、途中で使わないことにした設定だったとか、理由はいくらでも考えられるわけで。

 でも、 もし伏線としたら、その答えが出てくるのは、今回だけしかないと思ってたわけです。 最終回は敵との最終決戦が半分、あとは主人公たちの別れと旅だちを描かないとならないから。バーダー船長が出てくる、時間的余裕はないはずで。

 で、出るとしたら、どういうかたちか、妄想してたんですね。(^^)

 さて、妄想の結論。

「ブレアード、どうして死んだんだ?」は、ロボットのバーダー(以下、ロボット)が起動して、最初に聞いた言葉。ほんもののバーダー(以下、船長)は、自分の身代わりロボットをつくり、起動を確認すると、闇の世界に突入した……ブレアードたち3将軍を、生きかえらせるために!

 そう。地球にやってくる前、3将軍はなんらかの事故か海賊稼業の結果、死亡していたというお話。 でも、子供同然の3将軍を失った船長は、ロボットに自分の全記憶を移植すると、それにバルガレオンを託して、闇に突入したのでした。 3将軍を生きかえらせるためには、闇のコスモカプセルが必要だから!ぉぉ!

 ロボットのほうはというと、破壊される直前、最初に記憶した言葉とかを発するってのは、HALちゃんからの伝統で、だからこれは、船長が闇に突入する直前につぶやいた言葉に決定。(^^)

 いえ、あくまで妄想ですから。(^^)

 船長はいちおう「悪」属性なので、闇に順応はできるし、闇のなかを自由に活動できる。 でも、順応してしまったら、二度ともとの世界にもどれない。 それを承知で、子供たちを助けるため、おのれの身を捨てたわけです。 なんだ、船長、かっこいいじゃないか。

 それで、うまいこと闇の ドラゴンボール コスモカプセルを集めて、3将軍は生きかえったけれど、船長は闇に閉じこめられてしまった。

 というストーリーがあって……

 けれども、今回、光の戦士であるたっくんがやってきて、あとを追ってブレちゃんもやってきて、ブレちゃんはめでたくナマ船長と再会し、光の戦士の力を借りて、闇から脱出できましたとさ。 めでたしめでたし。めでたし権兵衛、ということで。

 という展開を、妄想していたのでありました。へへ。

 でも、たっくんとダークライオの対峙を見ると、そこまで描く時間はとてもなかったね。 当然、この妄想は本編と関係のない枝葉だし。

 いずれにしても、これで「どうして死んだんだ」の謎は謎のまま、本編では語られないと思う。 でも、好きな人が同人誌とかで、 こういうストーリーの外伝をつくったりしたら、ぜひご一報ください。 購入させていただきますんで。(^^)

|

« セイザー、どこからでもきなさい | トップページ | セイザー、満員御礼 »

コメント

レグルス文庫版は、しょせんジュヴナイルというか、読みくだし文ですからね。

で、そういう話ではなく。

たっくん、ヒーローの王道を進んでるのがいいじゃないですか。人知れず。(^^)

考えたら、ウルトラマンみたいなのは非常に特殊で、悪の軍団と戦うヒーローっていうのは、ほとんどがじつは「人知れず」なんでしょうね。(^^ゞ

投稿: よが | 2006.06.19 19:51

「マハー・ヴァラータ」のレグルス文庫版ではなくて
なにか別の本に引用の形で載っていたように思います
(実は心当たりの本をいくつか調べてみたのですが、
確認できませんでした!スンマセン!!)
シチュエーション的にはユディシュトラの地獄行を指しているのは間違いないと思います。

投稿: 流転 | 2006.06.19 18:08

いまレグルス文庫『マハーバーラタ』下巻の最後を見てみましたが、ユディシュティラ最後の試練のことでしょうか?

そういう行動はとってますけど、どの部分かは確認できませんでした。

投稿: よが | 2006.06.19 09:59

ちと、記憶は不確かなのですが
例の「マハー・ヴァーラタ」の最終部分で
「真の王者とは他者の為に生きて地獄に入る人だ」
と言う意味の言葉が出てきたような・・・
今回のタッくんを見ていて
それを連想しました

投稿: 流転 | 2006.06.19 09:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/10565085

この記事へのトラックバック一覧です: セイザー、バーダー船長幻想:

« セイザー、どこからでもきなさい | トップページ | セイザー、満員御礼 »