« びわこ旅打ち2 | トップページ | びわこ旅打ちginoran編 »

2006.06.06

びわこ旅打ち3

 とーこちゃんが「仕事しなくていいから、早くつづきを書け」と、いうもんで、お言葉に甘えて。 私としても、早くこれを終わらせて、セイザーを書く準備にはいりたいし。(^_^;)

 4日日曜は朝7時に起きる。 連日の睡眠不足と、 軽い二日酔いのせいで、頭が重い~。 たいして飲んでないんだけどね。 ぼんやり『ボウケンジャー』を見ながら、前日の出来ごとを反芻。

 どうもバウムクーヘンのことが気になる。なんたって、初対面の人にむちゃなお願いをしちゃったのだ。3番手捲りさんが忘れてても、文句はいえない。

 そこで、自力でもうひとつ、なにか探すことにする。 バウムクーヘンはスタッフの人の差し入れにすればいい。

 そう考えて、8時から行動開始。 冷静に考えると、要するに理性がぶっとんだままの状態で、行動しているってこと。本人はプレゼントのことしか、眼中にないわけで。ヽ( ´-`)ノ

 まず、フロントに降りて、女性のフロント係をつかまえ、 「きょう競輪場で知りあいの女の子がミニライブをやるんでなんかプレゼントを持っていきたいんだけどこじゃれたパッケージングをしてくれるチョコレートとかそういうものを売ってる店が近くにありませんかたとえばゴディバみたいな」と、まくしたてた。

 この部分、一部脚色してあります。でも、ginoranが「知りあいの女の子」になっちゃったのは事実。まくしたてたのも。(^^;;;

 フロント係の人は、親切にいろいろ考えてくれたあげく、大津の隣りの膳所(ぜぜ)駅に、西武デパートとパルコがあって、そこなら手にはいるかもしれないと、教えてくれた。

 さっそく部屋にもどって、荷物をまとめ、9時ごろチェックアウト。そのまま駅に向かい、9時半には膳所についた。そこではじめて、西武デパートがどこにあるか、知らないのに気づく。

 でも、まだ酔っぱらってるようなもんだから、こういうときは勘がはたらく。 人の流れに乗ったり、はずれたりしていくうち、やがてパルコの建物が見えてきた。

 ここで、Bank of Dreamさんから電話。そうだった。この日はなるべく早く本場に行くと、約束してたんだった。orz

 急な買い物があって、膳所にいると謝り、買い物が終わりしだい、本場に向かうと約束。そのあと、西武の前で開店を待つことしばし。

 扉が開くと同時に、名店街に直行すると、ああ、ありましたよゴディバ。(*´Д`) ありがとうホテルのなかの人。

 さっそく、店員のお姉さんに、さっきと同じ説明を展開。「きょう競輪場で知りあいの女の子が」以下同。で、おすすめ品を選んでもらってから、包装されるのを見て、ふと気づいた。

「すいません。これ、手渡すのが3時間後くらいになるんですけど、それまで持ち歩いて、大丈夫でしょうか?」

 気づいてよかった。やっぱり大丈夫じゃないそうだ。 あたしゃ自慢じゃないが、「女の子にプレゼント=チョコレート=ゴディバ」しか知らない。 前夜と違い、自力では、ほかに思いつかなくて、ここまできたわけだ。ゴディバがだめだとすると、ほかに選択肢がなくなる。

 絶望して、なんとかならないか、お姉さんにお願いしてみる。「そうですね。保冷パックがあれば……」「それ、このデパートにおいてありませんか? いくらかかってもいいです」

 お姉さん、ほかの店の人に聞いてまわってくれ、どこかから調達してくれた。それも、無料で。 ありがとう、ありがとう。 西武デパート膳所店1階のお姉さんたち。(´Д`)

 それに、たっぷりドライアイスをつめて、完全に密封してもらう。さらには、試食用のチョコまでもらった。 チョコはあまり食べないうえに、二日酔いで気持ち悪かったが、2度3度とすすめられたし、これはいただかないわけにはいかない。 とにかく、ゴディバ係のお姉さん、ありがとうございました。_(._.)_

 こうして、ぶじプレゼントを調達し、 京阪膳所から皇子山に向かう。この駅は西大津に隣接していて、そこからまた無料バスで大津びわこに到着。 なんとか1Rに間にあった。

 すぴRitsの模擬レースの勝者予想に投票してから、3番手捲りさんに電話をかけようとすると……なんと、 目の前に発見。 なんか嘘みたいだが、本当なのだ。 なぜ見つけたかというと、場内でいちばん目だつ予想屋さんを、手伝っていたから。例の3番手捲りのTシャツ姿で。

 この予想屋さん、露出度がすぴRitsなみに高い、なんかのコスプレをした女の子を連れているため、めちゃめちゃ目だつのだ。 まもなく、斡旋停止さんも発見。このおふたりのTシャツをデザインしたのも、同じ予想屋さんだそうで、この人たち、なかなかただ者じゃない。

 ちなみに、このTシャツはいずれネットで通販する予定とのこと。 写真はコバケンさんがブログで掲載する予定で、発売が決まったら、やはり同ブログに知らせてもらうことにした。もしアップされたら、当パーツ館でも紹介する予定。 ね、このへんもweb2.0っぽいでしょ?

 ここで、 ぶじバウムクーヘンもうけとって、Bank of Dreamさんと合流をはたす。 特観席はこの日も完売だったため、その下の無料席のいちばんいいところを、場所とりしていただいていた。そーいうわけで遅くなりましたが、かさねがさね、どうもお世話になりました >バンドリさん。

 ここで、コバケンさんから電話がはいり、合流する時間を確認。ちなみに、コバケンさんの第一声は、「きのう現在の売上だけど、去年比で100%を越えたよ!」。 やっぱり、関係者としては、ここがいちばん気になるところだもんね。

 場内も前日よりさらに混雑してる。 私が聞いたかぎりでは、北海道や青森、弥彦、静岡、広島、佐世保などから旅打ちにきたといってた人がいたし、若い人、カップル、家族連れもたくさんいた。ふだん、大宮の場外で「爺一色」の風景を見慣れている私としては、これが同じ競輪場かと思うほどだ。

 4R後に待ちあわせたのだが、結局、 4Rはいっしょに金網のところで見た。 このレース、私が注目している福島の88期、金成和幸が出てたんだけど、 金成は勝ちを意識するあまり、7番手から車間を切って捲ろうとして不発、 9着敗退に終わる。 同期で同じ北日本の佐藤友和が、2日めに神山をたたいてGI初勝利をあげていたから、意識してたにちがいない。

私「GI初勝利おあずけ。狙いすぎ」
木「ここは1着とるより、先行して存在見せつけなくちゃだめだよ」

 なんと、競輪の専門領域で、コバケンさんとタメで話しちゃったよ。やばいけど、金成かなりうれしい。(^^)

 このあと、5R発売中に、ginoranのこの日1度めのミニライブ。

Ran01_1
「きょうも見わたすかぎり、おっちゃんばっかりやなー」と、いつものranちゃんトーク。 結局、ステージ上の写真で、かろうじて使えるのは、これだけだったorz

 それが終わったあと、コバケンさんや合流したBank of Dreamさんと、即売コーナーに。ここでいきなりマネさんに、「コバケンさんとranちゃんのツーショット、お願いできませんか?ツーショットが撮影できれば、もっとお客さんが集まりますよ」 と、ぶっつけ交渉。すっかりその場をしきってしまう。(^_^;)

 ほら。理性が飛んでるでしょ? その状態で、昔、アイドル誌をやってたころの、撮影のしきりと同じことをやっちゃったわけです。

 もう、ほんとにむちゃというか、傍若無人の展開で、とくにマネさん、たいへん失礼しました。コバケンさん、ご協力いただいちゃって、申しわけありません。_(._.)_

Biwa031
そーいうわけで、コバケンさんとranちゃんのツーショット。あまりの傍若無人ぶりに、ふたりとも苦笑してますorz

 とんだ賑やかしでしたが、すこしはCD売上に貢献できたらいいのですが。

(つづく)

|

« びわこ旅打ち2 | トップページ | びわこ旅打ちginoran編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/10416415

この記事へのトラックバック一覧です: びわこ旅打ち3:

« びわこ旅打ち2 | トップページ | びわこ旅打ちginoran編 »