« 本日、仮オープン | トップページ | びわこ旅打ち2 »

2006.06.05

びわこ旅打ち1

 旅打ちというのもおこがましいんですが。

 とにかく、私はほとんど外に出ない。 年間300日は、うちで仕事をしていると思う。 競輪も完全にヒッキー派。 ふだんはSPEEDチャンネル+ネット投票オンリーで、 たまに本場の雰囲気を味わいたくなると、もよりの大宮にいくくらい。 それも、年に3回程度だ。

 ということで、旅打ちはもちろん初。大津びわこも初。初の場所を大津びわこにしたのは、もちろん宮杯を開催する、ある意味で聖地というか、一度は行きたいところだったから。

 当初は夫婦で行こうかとも思っていたのだが、直前まで忙しくて準備ができなかったし、とーこちゃんはもともと、競輪に興味ないこともあって、今回はひとり旅にした。

 これもずいぶん久しぶり。 というより、結婚以来、ひとりでどこかに行くのは、基本的に仕事がらみだけじゃなかったかな。

 こういう状態だから、前日から興奮して寝られない。結局、朝5時ごろ起きて、6時20分には家を出た。ほとんど遠足状態。 そしたら、11時20分には、大津びわこについちゃった。(^_^;)

 さっそく、ginoranのミニライブの時間と場所を確認して、ロケハンして、ついでにすぴRitsの模擬レースの撮影ポイントも探して、食い物屋を見てまわる。

Biwa01
3日め2Rあたりの発走を、1C補助スタンドから。特観席はわからないけど、無料席では、ここがいちばん見やすいかも。ただし、屋外で、この日は暑かった。なお、入場ゲートは2日とも撮るのを忘れたorz

 ちなみに、「すぴRits」 というのは、 女性モデルやタレントで結成された、 競輪の模擬レースチーム。 もとは弥彦ローカルの企画だったが、評判がすごくよかったらしく、 リンクにある弥彦でのイベントが終了したあとも、ときどきGIに出てくる。 今回が2度めかな?

 模擬レースといっても、ちゃんと訓練をうけているので、内帯線とイエローラインのあいだ……素人には恐くて走れないコースを、しっかり走るのだ。

 閑話休題。 12時なったので、待ちあわせていたBank of Dreamさんと合流。ぢつは今回の旅打ちは、バンドリさんと会うという、ミニオフ企画でもあったのだ。 これまで、バンドリさんとはなかなか時間があわず、お会いできなかったので、今回はかなり前から、連絡をとりあっていたのだった。

 びわこはBank of Dreamさんが頻繁に訪れる場なので、 いろいろ案内してもらいながら、レースを観戦する。俗に「ぴわこ道」といわれるものも、実際に見ながら、解説してもらった。3~4年前の改修で、なくなったと聞いていたが、 実際にあるし、肉眼でもそれとわかるのですよ。 これはびっくりしたし、勉強になりました。

 Bank of Dreamさんは「公営競技はどこへ行く」で語っているとおりの人。 ときにきびしいことも書いているけど、 基本的にレースが好きなのだ。 極端なことをいうと、賭けなくてもいいというタイプ。

 私もそう。レースがおもしろいから見てるんで、もっとおもしろくするために賭けてるだけ。だから、負けても観戦料だと割りきってる。 と、先に予防線をはっておこう。(^^;

 そのふたりだから、ぜんぜん買わない(爆)。 結局、3日めは1レースも買わなかったんじゃないかな。 私は予算のつごうで、はじめから買う気ないし。(^^;

 それで、 レースはというと、 準決勝は銘柄級が次々に脱落する、波乱続出の展開。 こっちは武田や小嶋が脱落するたびに、「これで決勝の売上が、10億はすくなくなるでしょう」とかいって、あのタチの悪い某専門紙社長をおちょくって遊んでる。 悪い客だな~。(^^)

 それと、私がレースに集中できないのには、もうひとつ理由がある。
もちろん、ginoranだ。(^^;;;

 予定どおり、ミニライブを2度見て、2度めが終了したところで、CDの即売コーナーにいくき、ここで衝撃の事実を知った。にゃんと、CDを買うと、ranちゃんと握手ができるのだ!

 考えればあたり前なんだけど、 これは想定してなかったぞ~! あたしゃこの瞬間、 もうすっかり逆上して、理性のうち「り」と「せ」くらいまでを失っちゃった。はじめから、6枚は必要だったんで、まとめて買うつもりだったところ、これを3枚ずつ2日にわけることにケテーイ。 そうすりゃ2度握手してもらえる!

 もうね、20年ぶりにアイドル追っかけモード全開っすよ。ヽ( ´-`)ノ

 思えば、ここから壊れはじめちゃったんだよな~。

 とにかく、Bank of Dreamさんまで巻きこんで、 即売コーナーで大騒ぎしてしまいました。 すんまへん。ranちゃん、関係者さん。

 ちなみに、バンドリさんは去年、CDを買ってくれたそうだ。 ありがとうございます~。_(._.)_

 という感じで、3日め、準優は終了。 それでも、なんとなく流れはつかんだように思えたので、速くも優勝戦の予想を考えながら、無料バスで大津駅に向かう。 さらにしばらく、Bank of Dreamさんと話して、6時すぎに解散。

 そのあと、いったんホテルにチェックインしてから、7時すぎ、夜の部のため浜大津の駅に向かった。

(つづく)

#このペースで書くと、4日はかかるな。(^_^;)

|

« 本日、仮オープン | トップページ | びわこ旅打ち2 »

コメント

もちろん、私のせいじゃないですけど、3・4日とも、落車は1回、審議も3日が1回、4日が3回でしたか、しっかりしたレースを見せてくれましたね。やればできるじゃんという感じで。唯一の失格、内林も、相手が完全にもたれかかっていたので、やむをえない失格でしたし。

あと、やっぱり旅打ちにきたという人が、かなりいましたね。そのへんが「ギリギリ逆転」の原因かも。コバケンさんも、4日め会って最初の言葉が、「売上が去年比で100%越えたよ」でしたから。施工者側も、目標にはとどかなかったものの、ひと安心という感じではないでしょうか。

投稿: よが | 2006.06.06 08:53

よがさんの来場により、3・4日目の宮杯は悪い流れを一掃させました。

1・2日目は落車のオンパレードだったのにほとんどなし。加えて、1・2日目の売り上げを見る限り、岸和田記念の売り上げに負けるのは濃厚と見られていたのに、土日の2日間で「逆転」させました。

当然、レース内容は1・2日目と3・4日目では「雲泥の差」だったし、びわこ競輪のメインキャラであるginoranをその両日に出演させたことも逆転の要因?

ま、久々に面白かった宮杯でした。

投稿: Bank of Dream | 2006.06.05 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/10402771

この記事へのトラックバック一覧です: びわこ旅打ち1:

« 本日、仮オープン | トップページ | びわこ旅打ち2 »